冬のこと

クリスマスツリー 飾りの意味は?サンタさんって本当は怖い!?

毎年クリスマスが近づくと、クリスチャンでもないのに、
なんだか、わくわくしてクリスマスツリーを飾るんですが、
 

「ちょっと待って!

この飾りって、なにか意味を持ってるの??」

 

調べてみると、クリスマスとキリスト教の関係など、
今まで知らない面白い発見がありました!

意味を考えながら飾ったり、
子供さんにも意味を教えてあげながら、
一緒に飾るのも、いいかもしれません((・´∀`・))
Decorating the christmas tree
Copyright © 2010 Decorating the christmas tree by Lars Plougmann, on Flickr

クリスマスツリーを飾るのはなぜ?

そもそも、クリスマスツリーを飾るようになったのは、
古い、古い、お話から始まります。
 

まず、クリスマスの起源といわれているのは、
古代ヨーロッパの北欧(北ドイツ・デンマーク・スカンジア南部)を含む、
ゲルマン民族が行っていた、
「ユール」と呼ばれる、冬至のお祭りでした。

この「ユール」のときに、冬でも枯れない、生命力の強い
「もみの木」を飾っていたのが、
クリスマスツリーの始まりのようです。

 
[colored_box color="light‐gray" corner="r"]今でも、北欧の方では、クリスマスのことを「ユール」と言い、
七面鳥ではなく、豚肉を食べるんです。

 
サンタクロースの起源も数多くあるのですが、

ユールに出てくるサンタクロースは、(国で名前は違いますが)
小さくて、ヒゲの長いおじいさんの妖精で、
玄関からやってきて、

いい子にしていたらプレゼントをあげるけど、
悪い子は食べてしまったり、さらってしまうとかΣ(゚ロ゚;)
手作りサンタさん
Copyright © 2008 手作りサンタさん by masahiko, on Flickr

 
あれ?日本にも、似たようなものがあったような・・・

子どもに言うことを聞かせる方法は、世界共通みたいですね(^_^;)[/colored_box]

スポンサーリンク

キリスト教とクリスマスツリー

キリスト生誕以前からあった、
ゲルマン民族、最大のお祭りでもあった「ユール」。
 

最初にツリーを飾ったのは、
熱心なキリスト教信者のパン職人とも言われていますが、

ゲルマン民族にキリスト教を広めるため、
1月6日に行っていた生誕のお祝いを、
12月25日のユールに合わせ、
自然と、生活にキリスト教を溶け込ませていった、との話も。

今も、ドイツのクリスマスは特別で、
クリスマスマーケットと呼ばれる、世界有数の市場や
イルミネーションを目当てに、
世界中から観光客がやってきます。
 

[colored_box color="light‐gray" corner="r"]ちなみに12月25日は、「キリストの生誕を祝う日」で、
キリストの誕生日ではないようです。

4月が有力な説ですが、日にちも幾つかの説があり、
ハッキリとは分かっていないようす。[/colored_box]

 

もみの木は、元々の「生命力」という意味もありますが、

キリスト生誕の劇中で、「アダムとイブ」に出てくる、
食べてはいけないとされる、知恵の実を持つ禁断の木(リンゴの木)の
代わりに使われたことから、「知恵の木」の象徴ともされています。

 
[colored_box color="light‐gray" corner="r"]日本に初めて入ってきたのは、明治時代

今はないのですが、ベルリンを首都とした、
プロイセン王国の大使館で飾られたのが始まりです。
[/colored_box]
 

クリスマスツリーの飾り(オーナメント)

もともとユールで、飾っられていたのは、
キャンドルと、クッキーなどのお菓子や果物、
ワラで作られた人形などで、

キリスト教との出会いから、
宗教的な意味づけがされたものを、飾られるようになりました。

北欧の方では、国旗を飾ったりすることも。

 

一番上の星

東方の三賢者が、今まで見たこともないような星に導かれて、
キリストの誕生を知った、という話があるのですが、
その時の星(ベツレヘムの星)を表しています。

イギリスの方では、エンジェルが飾られるそうです。
On the tree
Copyright © 2004 On the tree by foolfillment, on Flickr
 

ボール

元々は、アダムとイブの話に出てくる、
禁断の木になる知識の実、リンゴを表しています。

カラフルな色がありますが、色が持つ意味は、

は、キリストが流した血の色(生命力)
は、キリストの清さの色(純潔)
は、常用樹の色(永遠)
は、キリストの気高さや高貴さの色

を表しているそうです。
christmas 2007
Copyright © 2007 christmas 2007 by paparutzi, on Flickr
 

キャンディケーン(杖)

杖の形をしたもので、
羊飼いが羊が迷わないように導く杖をあらわしていて、
「困っている人がいたら、手を差し延べなさい」
という意味が込められています。

 

ろうそく(イルミネーション)

光輝く星をあらわしていて、
「世を照らす光」とされるキリストを指しています。

昔は、本物のろうそくに火を灯していて、
近くに、水を汲んだバケツを準備していたそうですが、
火事を避けるため、電飾になったそうです。

 

リボン

愛を結び合うという意味が込められていて、

「リース」は、始まりも終わりもない、
永遠の愛をあらわしています。
クリスマス リース
Copyright © 2008 クリスマス リース by Norio.NAKAYAMA, on Flickr
 

ひいらぎ

赤い実をつけた、ぎざぎざの葉っぱのひいらぎですが、
キリストが頭にかぶった、いばらの冠と、
キリストの流した血をあらわしているそうです。

他にも、魔除けの意味が込められています。
 

プレゼント置き場?

欧米の方では、クリスマス前からプレゼントを用意しますが、
子供だけではなく、祖父母を入れた家族間でプレゼントを贈り合うので、
プレゼントの数は結構な数になってしまいます。

そこで、ツリーの下がプレゼントの置き場として、好都合♫
My Christmas Tree
Copyright © 2008 My Christmas Tree by hermanturnip, on Flickr

プレゼントには、「○○から○○へ」とかわいい札をつけておき、
サンタさんからのプレゼントも、一緒に置かれていたりするそうです。

子供たちは、クリスマスにならないとあけられないので、
目の前のプレゼントに、ひたすら我慢(・∀・i)

 
日本のサンタさんは、彼氏や彼女、家族なら子供にあげるので、
数も少なく、置き場に困らないのでしょうね。

-冬のこと
-

© 2021 大人の歩き方