骨粗鬆症の原因!女性ホルモンとは?誰にでも分かりやすく!


「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」と、舌を噛みそうな名前の病名ですが、
原因となる女性ホルモンとは、どんなものかご存知ですか?

老化とともに減っていくのですが、増やす方法もあるんです。

スポンサーリンク

 

今回は、その女性ホルモンの、
働きや減る理由、増やす方法など、
ギュギュギュッと、分かりやすくまとめてみたので、
ぜひご覧ください(・∀・)

 

女性ホルモンとは?

女性ホルモンのイメージとしては、
女性らしさ、ツヤ、ハリなどを作り出しているホルモン
という感じでしょうか?
 

その通りなんです。(なぜ聞いた?)

女性ホルモンの役割は、簡単に、ざっくり、おおざっぱに言うと、

子孫を残すために、外見からも内面からも、働いているものなんです。

 

女性ホルモンの働きが活発になると、

  • 肌はプリプリ
  • 髪の毛はツヤツヤ
  • 骨が丈夫になる
  • 女性らしい体つき(バストアップやくびれ)
  • 更年期障害が良くなる(のぼせ、ウツ、不眠など)
  • 頭が冴える(記憶力や計算力が良くなる)
  • コレステロールが減る
  • 女性疾患の加速Σ(Д゚;/)/

ということが起こります。

では、詳しく見ていきましょう。

 

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンと一言で言いますが、実際は、
エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)
二つがあるんです。

なんとも長く、言いにくい名前ですが、
一つずつ見ていきましょう。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは?

排卵前に、グンと増えてくるホルモンで、
胸が張ってきたり、肌ツヤが良くなったり、

女性らしい体つきを作るホルモン、

いわば、男性を誘うため
容姿を良くする働きをします。

 

 骨粗鬆症の原因はエストロゲン!
骨の新陳代謝にも深く関わりがあって、
骨を成長するのを助ける作用があります。

ところが、女性は閉経してしまうと、分泌が急激に減ってしまうため、
骨の新陳代謝がうまくいかなくなり、
骨がスカスカになる骨粗鬆症になりやすいのです。

 
治療として、エストロゲン製剤の投与は効果がある反面、
子宮や乳腺など、エストロゲンが関わる細胞までもが、
もれなく、活性化することになります。

同じく、がん細胞も活性化することで、
発がん性の重い副作用が起こる危険も持っているんです。

 
現在は、エストロゲンを改良した、新薬などがでてきているようなので、
骨粗鬆症の疑いがあるときには、病院に相談するようにしてくださいね。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?

先ほどのエストロゲンは、子孫を残すため、
男性を誘う働きをするのに対して、
こちらは、妊娠の準備態勢を作るホルモン

排卵後に急激に分泌されるホルモンで、
生理周期を決めたり、妊娠中は流産しないようにしたり、
いわば、子宮の管理人
 

生理前に、プロゲステロンの分泌量は少なくなり、
ホルモンバランスが崩れるために、
イライラしたりするPMS(月経前緊張症)にも、
なりやすくなってしまいます。

疲れていると、特にイライラしやすいので、
ゆっくり寝たり、ちょっといいカフェでランチしてみたり、
できるだけリラックスしたり、気分転換してみると、
いいかもしれません。

 

閉経前の女性は、この二つのホルモンが増えたり減ったり、
お互い、それぞれが繰り返し、波を作り出して、共存しているのですが、

閉経すると、プロゲステロンは、ほぼ分泌されません

この大きなホルモンバランスの崩れが、
更年期障害の大きな原因となっています。

スポンサーリンク


女性ホルモンは減ってしまう?

老化以外にも、ストレス、冷え、不眠などでも減ってしまいます。

最近では、30代からも「プチ更年期」なんて言う
かわいらしい名前がついていますが、
更年期の初期症状(慢性疲労、頭痛、肩こり、のぼせなど)を
起こすことは、珍しくありません。

もちろん、骨が作られにくくなるので、
骨粗鬆症にも、早くからなりやすくなってしまいます(´д`ι)

 
 自分でできる対策としては、あまりストレスを溜めないように、
リラックスして、たっくさん寝ること、笑うこと!
Woman drinking coffee
Copyright © 2011 Woman drinking coffee by Tetra Pak, on Flickr
 

女性ホルモンは増やせる?

お金を出せば、病院で注射・・・

も、できますが、ちょっと心配ですよね。

 
 簡単に女性ホルモンを出すのは、恋愛中のドキドキ♡

もうドキドキしない、あなた(私?)には、
テレビの向こうの人や、美容師さん、カフェの店員さんにドキドキするだけで、
骨粗鬆症の予防にもなって、ウルウルのツヤツヤボディに、
なれちゃうかもしれません(*≧艸≦)

 

 他に、家庭で出来る方法としては、大豆イソフラボンを摂ること。

大豆イソフラボンは、エストロゲンと構造が似ていて、
体内でも間違えて、同じような働きをすることが分かっています。
 

 大豆イソフラボンの摂りすぎには注意!
閉経前女性の、大豆イソフラボンの摂りすぎは、

  • ホルモンバランスが崩れてしまう
  • 大豆アレルギーを引き起こしてしまう

ことから、問題になったこともあり、
摂取量の上限は1日70〜75mgと、食品安全委員会が定めています。

 

大豆イソフラボンの摂り方として、理想的なのは、
和食を1日3回、食べること。

なかなか出来ないときには、豆乳を飲んだり、
洋食なら、ホワイトソースに使う牛乳の代わりに使ったり、
コーヒーやジュースに混ぜるのも、なかなかおいしいですよ(o´∀`o)
 

骨粗鬆症予防だからと、大豆イソフラボンなどのサプリに安易に頼るのは、
やめておきましょうね。

 

大豆イソフラボンの目安
・豆腐なら、1丁(300g)で60mg
・納豆なら、1パック(50g)で37mg
・きな粉なら、大さじ一杯(5g)で14mg
・豆乳なら、コップ1杯(200cc程度)で50mg
・味噌汁なら、1杯で6mg

スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫