クリスマスリースの作り方!羊毛フェルトを使った簡単な方法!


さて、今回は羊毛フェルトを使った、
簡単なリースを作ってみました(*´∀`)

 
ニードルを使わないので、とっても簡単に、
子供と一緒に、楽しく作ることができますよ♪( ´▽`)

スポンサーリンク

どうぞ、参考にしてみてください(*´∀`)

リースの意味は、永遠の愛です。
他のクリスマスの飾りの意味を知りたいなら、こちらの過去記事もご覧ください。
20131012-201821.jpg

直径12cmの小さめのリースですが、
ボールを大きめにしたり、輪を大きくしたり、
アレンジして、楽しんでください。

(子どもと一緒に作ったので、
愛嬌のある出来になりました(*´ェ`*))
 

クリスマスリースの作り方

【準備するもの】

  • 羊毛フェルト
  • 石けん水
  • リボン
  • キリ(千枚通し)
  • ワイヤー(φ20を使用しました)
  • ペンチ(ワイヤーを切るときに)

 石けん水とワイヤー以外は、100円ショップで揃えました(。-∀-)

スポンサーリンク


 

ボールを作る

まずは、羊毛フェルトでボールを作ります。

 
1.羊毛フェルト、石けん水、水を用意しておきます。

石けん水は、石けんを少し削ったり、
泡立てネットなどで、泡立てたものを、
お湯で溶かし込んでおきます。

常温の水ぐらいでも、全然OKでしたが、
50°ぐらいの熱い温度の方が、固まりやすいようです。
20131012-012231.jpg

 

2.1~1.5cmほどのボールにする場合、羊毛フェルトを2〜3cmほどに割きます。
20131012-073357.jpg

 

3.折りたたむように、きつめに丸めてボールを作ります。

ちょっと初めは、コツがつかめないかもしれませんが、
二個目からは、コツを掴んでやりやすかったです。

小さく丸めるように、頑張ってください!

ここは、小学低学年の娘には難しいようでした。
20131012-073646.jpg

 

4.ボール状になったら、軽く石けん水をつけて、
団子を作るように、手のひらでクルクル転がして、
固くしていきます。

最初は、うまく丸まらないかもしれませんが、
2〜3分程度、コロコロしていたら、だんだん固くなっていきます。

様子を見て、石けん水を足したりしてもOK。

ペットボトルに石けん水を入れて、キャップや穴を開け、
シャワーのようにして使う方法を紹介されましたが、
手のひらや指に石けん水をつけて、転がす方法でも、十分作れます!

20131012-081348.jpg20131012-081305.jpg20131012-081627.jpg

 

5.丸くなったら、外側をキレイに整えます。

うす〜く羊毛フェルトを割いて、かぶせながら、また丸めていきます。
20131012-083033.jpg

 

6.キレイに丸まってきたら、で洗い流します。

流した後も転がしたりしていると、毛羽立ちが抑えられてきましたが、
羊毛によって、毛羽立ち具合は違うようです。

あ、これは100円ショップの羊毛を使っています。
20131012-084859.jpg

 

7.このまま、乾くまで放置(。-∀-)
同じように、作りたい色と数を作っていきましょう。

急ぐ場合は、ネットに入れて脱水機にかけるという荒業も。

私の作ったもの(直径1.5cmのボールで、リースの直径は12cm)は、
赤、白、緑それぞれ7個ずつ作りました。
20131012-195355.jpg

 

ワイヤーでつなげる

ボールを作り終わったら、今度はつなげていきます。

8.キリで、ボールにを開けます。

ここは、力がいります!
子供には難しいかも。

抜く時は、グリグリ回しながら抜くと、
穴がキレイに空いたままで、ワイヤーを通しやすかったです。
20131012-200606.jpg

 

9.穴を開けたら、ワイヤーに刺して行きます。

なかなかうまく通らなくて、苦戦しました(-ω-;)
画像も撮ったのに、消えてしまってるし…

 

10.最後は、ワイヤーをグルグルねじって留め、
余ったところは、ペンチで切り落とします。
20131012-201547.jpg20131012-201630.jpg

 

11.ワイヤー部分を隠すように、リボンを結んで完成!!
20131012-201821.jpg

 
大き目のボールを作って、ツリーにぶら下げたりするのも
かわいいかもしれませんね。

飾りを作っていくと、ますますクリスマスが楽しみになってきました(*´v`*)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫