免疫力を高める5つの方法!!脳を騙して笑う!?


風邪を引きやすかったり、
病気になりやすい、治りにくい、

それは、
免疫力が弱くなっているのが、原因かも!?
 

今回は、風邪などひかない、強い体を作るため、
免疫力を高める方法について、取り上げていきます。

スポンサーリンク

 

免疫力を高める5つの方法

大事なのは、昔から子供に言い聞かせるような、
基本的な生活習慣です。

どんなことか、これから説明していきますね。

 

食事

基本は、質素な和食を一日三食

小さな子どもにコッテリしたものや、味の濃いものなど、
あげないと思うのですが、

ご自分の体にも、家族の体にも、
同じように愛情を持って、体に優しい食べ物を選んであげると、
いいかもしれません。

 
旬の野菜や魚を中心とした、
一汁三菜の、野菜や海藻類、豆類をたくさん取り入れた、
いわゆる定食スタイルだと、
色々と難しく考えなくても、
自然とバランスの良い食事になりますよ( ›◡ु‹ )

 
色々な野菜、特に旬の野菜や魚は、
栄養価も高く、味も美味しいので、積極的に摂って欲しいです(*´∀`)

 

娘のアトピーを治した病院では、
食事からの体質改善を勧めるところだったのですが、

和食を食べることに加え、

  • 質の悪い油(酸化した油、時間のたった揚げ物など)
  • 白砂糖

を避けるように、言われました。

アレルギーをお持ちで、免疫力をあげたいとお考えの場合、
上記の二点にも気をつけると、いいかもしれません。

過去記事でも取り上げているので、
良かったらご覧ください(*´∀`)

 

Roast fish  / 焼き魚
Copyright © 2005 Roast fish / 焼き魚 by jetalone, on Flickr
 

規則正しい生活

子供の頃、「早寝・早起き・快便」って、
言われました、、、よね?

 
「早寝・早起き」するには、

適度な運動お風呂に浸かって、
質のいい睡眠を取ることが効果的。

 
「快便」にも、適度な運動
そして食物繊維を摂ることが必要ですね。

体に不要物を溜めないことは、体のパワーを
無駄に使わないことになるので、

体はいつでも、敵に備えて、
防衛対策に力をいれられるんです。

 
また、免疫力を弱めないためには、
日ごろのうがい・手洗いも肝心ですよ!

スポンサーリンク


適度な運動

簡単な運動と言えば、ウォーキングでも十分。

普段歩く時、生活している時にも、
姿勢を良くすることで、
結構、筋肉を効率的に使うことができますよ。

もちろん、運動する時も♪( ´▽`)

 

ストレスを溜めない

ストレスが溜まってきそうな時には、
リラックスして、グッスリ寝ちゃうこと。

 
好きな趣味に没頭したり、友達としゃべったり、
温泉行ったり、マッサージに行ったり、

中でも、一番のオススメは、何と言っても笑うこと!

 
お笑いを見たり、友達とくだらない話で盛り上がったり、

そんな気分になれないときこそ、嘘でも笑っていると、
脳が騙されて、体温が上がったり、
がんをやっつけるナチュラルキラー細胞が、
元気になったりするそうです。

 
あんまり無理して、それがストレスになると逆効果ですが、
少しでも、楽しいことや、嬉しいことがあったときには、
大げさに喜んだり、笑ったりすることは、効果大だと思いますよ♪( ´▽`)
 

ストレスが溜まりそう、溜まってきたなと思った時には、
早めに対処をしておくことを、
頭の片隅に置いておくといいと思います。

 
ちなみに、人が感じるストレスの大半は、
人間関係なんだそうです。

原因が分かっていれば(距離を置ける間柄なら)、
無理して付き合うこともありません。

勇気を出して距離を置くのも、一つの案だと思います。

Smile
Copyright © 2009 Smile by jessicahtam, on Flickr
 

冷え

アトピーや喘息などの、アレルギー疾患患者、がん患者は、
平常時の体温が低い人が多いようです。
 

 
体温が下がるのは、基礎代謝が落ちる(運動不足)こと、
ストレス便秘
これって、今まで上であげたことですよね?

今まで上にあげたこと、プラス他に気をつけたいことは、
靴下を履く、腹巻をすること 

体の冷えは、足元から冷えることが多く、内臓の冷えへとつながります。

内臓の冷えは、免疫力を弱めてしまいます(>_<) 実際に体温があがると、内臓も活発になり、
免疫力もあがるようです。

 
頭寒足熱という言葉があるように、
上半身は薄着でもいいのですが、
お腹と足元にポイントをおいて、温めましょう(*´∀`)

特に女性は、「腰を冷やしたらいけない」
と言われませんか?

女性は、子宮を冷やしてしまうと、
女性ホルモンの元気がなくなってしまいます。

 
女性ホルモンの元気がなくなると、

  • 骨粗鬆症になりやすい
  • 髪の毛が弱る(抜け毛、ツヤ・ハリがなくなる)
  • 生理周期が崩れたり、ひどいと止まる
  • 肌荒れ
  • ヒゲが生えるヽ(・∀・)ノ
  • 更年期障害(若くても)

なんてことが(ー ー;)

デメリットしかないので、女性は気をつけましょうね。

 

最後に

免疫力をあげるためには、親が子どもに教えるような、
生活リズムを作ること。

 
いかに、生活リズムが大事なことか、
耳が痛いほど言ってくれていたのか、

元気な子ども(免疫力の高い子ども)にしようとしてくれていた、
親の愛情を、この歳になって改めて感じました(≧∇≦)

お母さん、ありがとう(*´∀`)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫