忌中や喪中の違いって?してはいけないことや、マナーについて


近親者が亡くなると、忌中(きちゅう)喪中(もちゅう)となります。

お祝いごとは控えたりする時期になりますが、そもそも忌中、喪中の違いって?

喪中のマナーや期間など、調べてみました。

スポンサーリンク

 

忌中、喪中とは?

近親者が亡くなったときに、喪に服す期間。

この「喪に服す」の意味ですが、
亡くなった人の近親者が、一定期間、
外出や社交的な行動を避けて身を慎むようにする

ことになります。

 

「死は穢れ(けがれ)たもの」と日本では古くから考えられてきました。

その穢れを祝いの場へ持ち込まない、殺生をしてはいけない期間のことを「忌中
と呼びます。

 

一方、喪中」は死者を偲ぶ期間になります。
この「喪中」の考えは、もともとは儒教からきているようですが、
奈良時代の「養老律令(ようろうりつりょう)」や、
江戸時代から明治時代までは、「服忌令(ぶっきりょう)」と、
法律で決められていたようです。

しかし、現在そのような法律はありません

私個人の考えでは、近親者が亡くなって悲しい間が「喪中」
思って良さそうな気がします。

 

浄土真宗やキリスト教では「死」を穢れと捉えないので、
忌や喪という概念はありません。

特にしてはいけないこともなく、喪中ハガキも出さなくていいようです。

ただ、気持ち的に正月を祝えない、ということで、
喪中ハガキを出す人もいるようです。

スポンサーリンク


忌中、喪中の期間

この期間については、地域差や亡くなった人との関係、
個人の考えなどでも大きく変わるようです。

一般的には、

死後四十九日(神式では五十日)の忌明け(きあけ)までを「忌中(きちゅう)」、
死後一年間を「喪中(もちゅう)」

と考えられています。

 

喪中になる親族の範囲

これも、家族関係や付き合い方などで違いはあります。

微妙な親族関係でも、特に親しくしていたり、
悲しくて立ち直れないときには喪中としてもいいようです。

反対に親、兄弟でも別に育ったり、
疎遠で本人が喪中にしなくていいと考えれば、
喪中にならないようです。

 

一般的に考えられているのは、

 だいたい喪中になる

父、母、兄弟、姉妹、子、義理の父、義理の母

 

 喪中になったり、ならなかったり

祖父、祖母、義理の兄弟、義理の姉妹
(ご主人側の親族は喪中になる事が多いようです)

 

 ほとんどの人は喪中としない

曽祖父、素祖母、叔父、叔母、従兄弟

 

 喪中としない

上に揚げた親族より離れた関係の親戚

Untitled
Copyright © 2009 Untitled by faungg’s photo, on Flickr

忌中、喪中で控えないといけないこと

では、忌中や喪中になった場合、何をしたらいけないのか?

 

 結婚式など、お祝いの場への出席は控える

忌明け(四十九日)していれば、出席しても良いと考えられているようです。

友人などの結婚式には、あえて喪中と知らせないのも、
気配りになるとかならないとか。

 

 神社へのお参りは控える

神式では親等ごとに忌明けのランクがあり、最長で五十日です。

この忌中の間は神社の祭りなども控えます。

忌明けのランクは神社でも違いがあるようなので、
行かれる先の神社に問い合わせてみてもいいでしょう。

 

 祝い事は控える

もし、すでに決まっていた場合、やる、やらないを決めるのは、
ご自身の気持ち次第になります。

延期するもよし、どうしてもやりたいという強い気持ちがあれば、
周りと相談したり同意をもらって、根回しをしっかりとる。

「亡くなった方も、とても楽しみにしていて、
唯一の心残りだったので、供養と思い、
非常識ではありますが、とりおこないました」など

ただ、どう説明したところで、「非常識だ」という人も出てきます。
そこは割り切りましょう。

 

 年末年始の挨拶を控える

「喪中なので、年始の挨拶を控えます」ということを
喪中ハガキで早めに伝えましょう。

11月初旬から遅くても12月中頃までには出すのがマナー。
早く書き始める人もいるので、相手のことを考え、
できれば12月初旬までには出しておきたいものです。

喪中ハガキを出さなかった人から年賀状が届いた場合には、
寒中見舞いのハガキを出しましょう。

また、「私は喪中で祝える気分ではありません」と伝えるものなので、
相手側から年賀状が届くのはOKなんです。

相手の気持ちを考えて年賀状は出さない、という考えが大半ですが、
「喪中でも年賀状をもらいたい」という人も多いようです。
(若い人ほど多い?)

また、自分たちは喪中だけど、子供は喪中にはならない場合、
子どもが友達同士で書く年賀状はOKだと思います。

ちなみに暑中見舞いは何の問題もありません。

 

 忌明けまで酒を控える

これも地域によりますが、
お酒や魚や肉などの生き物を食べたり、
殺したり、釣ったりするのを控えます。

他にも、お茶を控えたりするところがあるようです。

最近では、こういったしきたりに縛られず、飲食何でもOK!
なところも多くなっているようです。

 

 

「忌中」の間は控えることが、いくつかありますね。

しきたりを重んじる家では、外出するのも非常識と思われたりするそうです。

「喪中」は年始の挨拶を控えるぐらいで、
後は個人の気分次第ということでしょうか。

 

日本のしきたりや宗教は柔軟なので、
「忌中」も、もしかしたら時代に合わせて
これからも変わっていくのかもしれません。


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

26件のコメント

  • k

    ブログの主さんへ。
    自分が間違っているかもしれませんが、神式で明けるのは100日です。以前神社協会の方から聞いたことがあります。100日の間は境内にも入らない方が良いとか。考え方は人によって異なりますが参考までに投稿させていただきました。

  • ちょい

    はじめまして。
    現在主人の祖母(別居で車で15分ほどの距離)の状態が悪く、おそらく年は越せないだろうと言われています。
    うちには中3の受験生がいて、初詣で受験の御守りを買ったり、合格祈願をするつもりでした。
    もし初詣に行く前に祖母が他界してしまった場合、神社へ初詣はやめたほうがいいのでしょうか?

    • sonoko

      コメント、ありがとうございます。

      神様のところへお願いをしに行くのに、神様の苦手な穢れは持って行かれない方がいいかと思います。

      どうせでしたら、今年のうちに来年のことを祈願されてはいかがでしょうか。

      来年のことを祈願するのに抵抗がありましたら、今年気づかないうちに積み重ねてきた罪穢れを祓っていただくだけでもいいと思います。
      悪いものを落として、あとは勉強に集中できる環境づくりや子供のことを信じることで、神様はそっと力を貸してくれるかもしれません。

      おばあさまの看病や受験など、気になることが多いかと思います。
      少しでも、よい流れとなりますように。

  • みぽ

    初めまして。

    来年1月3日に同窓会があります。
    祖母が他界し1月3日はまだ忌中にあたります。
    その場合一般的には不参加が妥当でしょうか?

    • sonoko

      初めまして、コメントありがとうございます。

      みぽさんのおっしゃる通り、一般的には不参加が妥当でしょう。
      来年も同窓会があるのでしたら、今年は見送って来年行かれてはと思います。
      同級生の方にも、忌中でお正月は親族だけで過ごす予定だと伝えれば、無理には誘わないと思います。

      どうしても行きたい気持ちが強い場合には不謹慎と思われる人もいるので、ご家族で話し合ってみてください。
      ご家族も特に反対がなければ、仏様に行ってきますと手を合わせて、気持ちよく行かれてください。

      • みぽ

        返信ありがとうございます◟̆◞̆♡

        やはり不参加が妥当ですよね。
        今回が卒業から15年の節目で当時の先生などにも声をかけ大掛かりな同窓会なので私自身迷っています。

        両親にも相談してみようと思います。
        ありがとうございました◟̆◞̆♡

  • ゆか

    お尋ねします。
    年末に家族で伊勢神宮参拝の予定があります。
    今義父が入院中なのですが、年内に万が一義父が他界した場合、
    参拝は避けたほうがよろしいでしょうか?
    宗派は浄土真宗です。

    • sonoko

      コメント、ありがとうございます。
      お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

      神社の神域は人の死にとても敏感です。
      伊勢神宮にも電話をして聞いてみましたが、参拝する方の宗派は関係ないということです。

      絶対的なものではないと思いますが、私ももしもの場合でしたら、神域を守るために参拝はしないと思います。
      一つの参考になれば、幸いです。

      • ゆか

        ご回答ありがとうございます。
        わざわざお問い合わせして下さりありがとうございました。

        先日義父が他界いたしました。。。
        伊勢神宮参拝は延期にしました。
        喪中の間は家族みんなで亡き父に心を寄せて過ごしたいと思っています。

        • sonoko

          そうだったんですね。
          ご冥福をお祈り致します。

          わざわざ、ご連絡ありがとうございました。

          伊勢神宮は私も行きたいと思っていますが、なかなかきっかけや機会がありません。
          きっとご縁があるときには、行きたくてたまらなくなったり、呼ばれたりするのかなと思っています。

          想いを募らせることで、神様は振り向いてくれやすくなると聞きますので、
          次の機会まで、想いを大事にとっておかれるといいと思います。

  • Kaori

    教えてください。
    祖母が3日前に亡くなりました。
    あと1週間後の会社の忘年会に既に出欠を取られていて出席と回答していました。
    この場合、欠席に変更してもらうべきでしょうか?
    祖母とは子供の頃同居していましたが、施設に入り20年以上別居です。

    • sonoko

      こんばんは、コメントありがとうございます。
      ご冥福をお祈り致します。

      まずは、Kaoriさんのお気持ち次第となりますが、
      私だったら、亡くなって間もないので、
      欠席にするだろうな、と思います。

      もう気持ちが落ち着いていれば、忘年会に行かれてもいいと思いますが、
      沈んだ気持ちや後ろめたい気持ちがあれば、行かない方がいいかなと思います。

      会社の方へも、行ける気持ちにならないので、と言えば、
      理解してくださると思います。

      正解はありません。
      何を信じるか、信仰によっても違います。

      私からは、Kaoriさんの気持ちが楽になる方を選ばれることをおすすめします。

  • mikamonn

    お尋ねします。
    先日父が亡くなりました。
    忌開け法要を49日のところを、雪を心配して35日としました。
    忌開けまでの間に親族の結婚式の予定が入っており、どうしたものかと迷っています。
    出席親族が少ないので来てほしいと言われています。

    • sonoko

      コメント、ありがとうございます。

      ご親族の方も、忌中とわかっていて呼ばれる、ということですね。

      それなら、mikamonn様の思うようにされては、いかがでしょうか。

      しきたりどおりにするなら、49日となりますが、
      行きたくないなら、まだそんな祝える気持ちになれない、と正直に話して、
      行けるなら、気持ちよく祝う気持ちで行かれてはいかがでしょう。

      神様も、神話を読むと失敗したり、後悔したりしているようです。
      神様から怒られることはないと思いますが、気になるようでしたら、
      神社の方へ行かれて、理由があって結婚式に行かれることを報告されるといいと思います。

      • mikamonn

        ありがとうございます。

        気持ち的には行きたいと思っていたので、行こうと思います。
        故人も、神様も受け入れてくれるのでしょうね。

  • はな

    第二子出産後、実家に戻ってる最中に夫の祖父が亡くなりました。姑からは忌明けまでは実家にいるように〜とのことで実家に居るつもりです。毎朝長男を保育園に送って行って、仕事帰りは赤ちゃんの顔を見に実家に寄ってくれてたんですが、私の母が不幸だからあまり関わらない方がよいと言います。
    全く会わないのは可哀想なので朝の送ってもらうのだけをお願いして、帰りに寄ってもらうのは遠慮してもらうよにしたのですが、そこまでする必要あるのかと思ってお尋ねさしました。
    母は関わって弱い赤ちゃんに何かあるといけないから…と言っていました。

    • sonoko

      お悔やみ申し上げます。

      不幸がうつる、というのは、死=穢れ=気枯れ=気が枯れた状態で、枯れた気がうつらないよう、なるべく人に会わないように過ごす、という考え方です。

      個人差はありますが、赤ちゃんの生命力(気)はとても強いものですし、赤ちゃんは血縁関係者になるので、そこまで気になさらなくてもと個人的には思います。
      ですが、お母様からすると義理の家族ですし、何か赤ちゃんにあった時には、ご主人さま家族とのお付き合いも悪くなる恐れもありえそうです。

      はなさんが、今のままでは納得がいかず、ご主人様と子供達を会わせたいと思ってらっしゃるのでしたら、お母様と話し合って、週に一回や二週間に一回会う、または携帯のテレビ電話でたくさん話すなどお互いが納得出来るところまで譲りあってはいかがでしょうか?

      それでも譲れないと言われるのでしたら、動画メッセージのやり取りなら全く問題はないと思います。
      たくさんの愛情や想いを込めた動画などアプリで作ったりして、今は家族が揃う時間のありがたさをかみしめるための期間にする、と考えてもいいのかなと思ったりしました。

      余計なところまで口を挟んでしまったかもしれませんが、はなさんの心が晴れやかになる日が来ることをお祈りしています。

  • ふくたん

    大変貴重なご意見ありがとうございました。ポイントは、どこかと言うところが、見えて来ました。お心遣いに、感謝いたします。

  • ふくたん

    お返事ありがとうございます。まだ、亡くなったばかりです。叔父は、その事をしりません。49日明けまで、持つのかも、微妙なところです。

    • sonoko

      穢れを気にされる方もいらっしゃいますが、喪中というのは、ご存知ないとのこと。

      そして、忌明けまで持つのか分からない、ということですので、
      私個人の意見ですが、あえて喪中のことは言わずにお見舞いに行かれては、と思います。
      体力も落ちてらっしゃると思いますので、長居することもないと思います。

      穢れは、気枯れ=気の枯れた状態とも言います。

      喪中になるべく人に会わない、という昔の人の考えには、
      枯れた気を移さないように、人に会わないように過ごす、
      という意味合いがあります。

      ふくたんさん自身も落ち込んでいるところだと思いますが、
      行かれるなら、少しでも元気を出して行かれてください。

      私がどうこう言える立場ではございませんが、
      悔いの残ることのないよう、お祈りしています。

  • hukutann

    初めまして。お尋ねします。父が亡くなりまして、今父の妹の主人が闘病中で、そのお見舞いの事について、迷っています。存命中は、よく妹と尋ねてくれた叔父です。私自身も、叔父のお姉さんに可愛がってもらってました。叔父は、末期のガンだそうで、喪中の身の私が尋ねるのは、よろしくないのではと、思んばかっていります。
    いかがでしょうか?

    • sonoko

      初めまして、お悔やみ申し上げます。

      お見舞いと喪中は関係なく考えていいのが一般的です。
      忌明けが開けているのでしたら、お気になさらず、お見舞いに行かれてください。

      どうぞ、良いお時間をすごされますよう、お祈りしています。

  • どうしましょう?

    披露宴に呼ばれてましたが、忌中になれました。欠席する予定ですが、お祝い金を届けるのはいいですか?

    • sonoko

      お悔やみ申し上げます。

      お相手との関係によるかなと思います。

      事前に、家族の事情で参加できなくなって申し訳ないという気持ちと、後日改めてお祝いをしに行くこと、良い式となることなどを伝えて、忌明けに渡しに行かれるか、送るのがといいかと。
      結婚式をされる相手の方と、遠方でなかなか会えない場合や、それほど親しい仲でない場合など、こちらに不幸があったことを知るよしもない場合には、忌明けを待たずにお祝いを送っても良いと思います。

      少しでも、参考になれば幸いです。

  • モリナガ

    喪中の見舞いはできますか

    • sonoko

      コメント、ありがとうございます。

      真意がちがったりしたら、ごめんなさい。

      モリナガさんが忌中を過ぎて、喪中で、
      知り合いへの病院へのお見舞いをどうしようか、
      悩んでいるという状況で、考えますね。

      お相手が、喪中はケガレを移さないようにするもの、
      という考えの場合は、
      避けておいた方がいいのかもしれません。

      私は、お見舞いに来てくれたら、
      嬉しいんじゃないかな、と思います。

      モリナガさんも、気持ちが切り替わっていて、
      お相手のことを考える余裕が出ていれば、
      喪中のことは、気にしなくても大丈夫だと思います。

コメントも気軽にどうぞ♫