冠婚葬祭(マナー)のこと

忌中や喪中の違いって?してはいけないことやマナーについて

近親者が亡くなると、忌中(きちゅう)喪中(もちゅう)となります。

お祝いごとは控えたりする時期になりますが、そもそも忌中、喪中の違いって?

 

喪中のマナーや期間など、調べてみました。

 

忌中、喪中とは?

近親者が亡くなったときに、喪に服す期間。

この「喪に服す」の意味ですが、
亡くなった人の近親者が、一定期間、
外出や社交的な行動を避けて身を慎むようにする

ことになります。

 

「死は穢れ(けがれ)たもの」と日本では古くから考えられてきました。

その穢れを祝いの場へ持ち込まない、殺生をしてはいけない期間のことを「忌中
と呼びます。

 

一方、喪中」は死者を偲ぶ期間になります。

この「喪中」の考えは、もともとは儒教からきているようですが、
奈良時代の「養老律令(ようろうりつりょう)」や、
江戸時代から明治時代までは、「服忌令(ぶっきりょう)」と、
法律で決められていたようです。

 

しかし、現在そのような法律はありません

私個人の考えでは、近親者が亡くなって悲しい間が「喪中」
思って良さそうな気がします。

 

浄土真宗やキリスト教では「死」を穢れと捉えないので、
忌や喪という概念はありません。

特にしてはいけないこともなく、喪中ハガキも出さなくていいようです。

ただ、気持ち的に正月を祝えない、ということで、
喪中ハガキを出す人もいるようです。

 

忌中、喪中の期間

この期間については、地域差や亡くなった人との関係、
個人の考えなどでも大きく変わるようです。

 

一般的には、

死後四十九日(神式では五十日)の忌明け(きあけ)までを「忌中(きちゅう)」、
死後一年間を「喪中(もちゅう)」

と考えられています。

 

喪中になる親族の範囲

これも、家族関係や付き合い方などで違いはあります。

 

微妙な親族関係でも、特に親しくしていたり、
悲しくて立ち直れないときには喪中としてもいいようです。

反対に親、兄弟でも別に育ったり、
疎遠で本人が喪中にしなくていいと考えれば、
喪中にならないようです。

 

一般的に考えられているのは、

だいたい喪中になる

父、母、兄弟、姉妹、子、義理の父、義理の母

 

喪中になったり、ならなかったり

祖父、祖母、義理の兄弟、義理の姉妹
(ご主人側の親族は喪中になる事が多いようです)

 

ほとんどの人は喪中としない

曽祖父、素祖母、叔父、叔母、従兄弟

 

喪中としない

上に揚げた親族より離れた関係の親戚

Untitled
Copyright © 2009 Untitled by faungg's photo, on Flickr

忌中、喪中で控えないといけないこと

では、忌中や喪中になった場合、何をしたらいけないのか?

 

結婚式など、お祝いの場への出席は控える

忌明け(四十九日)していれば、出席しても良いと考えられているようです。

友人などの結婚式には、あえて喪中と知らせないのも、
気配りになるとかならないとか。

 

神社へのお参りは控える

神式では親等ごとに忌明けのランクがあり、最長で五十日です。

この忌中の間は神社の祭りなども控えます。

忌明けのランクは神社でも違いがあるようなので、
行かれる先の神社に問い合わせてみてもいいでしょう。

 

祝い事は控える

もし、すでに決まっていた場合、やる、やらないを決めるのは、
ご自身の気持ち次第になります。

延期するもよし、どうしてもやりたいという強い気持ちがあれば、
周りと相談したり同意をもらって、根回しをしっかりとる。

「亡くなった方も、とても楽しみにしていて、
唯一の心残りだったので、供養と思い、
非常識ではありますが、とりおこないました」など

ただ、どう説明したところで、「非常識だ」という人も出てきます。
そこは割り切りましょう。

 

年末年始の挨拶を控える

「喪中なので、年始の挨拶を控えます」ということを
喪中ハガキで早めに伝えましょう。

11月初旬から遅くても12月中頃までには出すのがマナー。

早く書き始める人もいるので、相手のことを考え、
できれば12月初旬までには出しておきたいものです。

 

喪中ハガキを出さなかった人から年賀状が届いた場合には、
寒中見舞いのハガキを出しましょう。

また、「私は喪中で祝える気分ではありません」と伝えるものなので、
相手側から年賀状が届くのはOKなんです。

相手の気持ちを考えて年賀状は出さない、という考えが大半ですが、
「喪中でも年賀状をもらいたい」という人も多いようです。
(若い人ほど多い?)

 

また、自分たちは喪中だけど、子供は喪中にはならない場合、
子どもが友達同士で書く年賀状はOKだと思います。

ちなみに暑中見舞いは何の問題もありません。

 

忌明けまで酒を控える

これも地域によりますが、
お酒や魚や肉などの生き物を食べたり、
殺したり、釣ったりするのを控えます。

他にも、お茶を控えたりするところがあるようです。

最近では、こういったしきたりに縛られず、飲食何でもOK!
なところも多くなっているようです。

 

 

「忌中」の間は控えることが、いくつかありますね。

しきたりを重んじる家では、外出するのも非常識と思われたりするそうです。

「喪中」は年始の挨拶を控えるぐらいで、
後は個人の気分次第ということでしょうか。

 

日本のしきたりや宗教は柔軟なので、
「忌中」も、もしかしたら時代に合わせて
これからも変わっていくのかもしれません。

 

-冠婚葬祭(マナー)のこと
-, , ,

© 2021 大人の歩き方