出雲大社の神迎祭 2013!混雑する?マナーは?


島根県の出雲大社には、旧暦10月になると、
八百万(やおよろず)の神様が集まってきます。

全国で10月を神無月(かんなづき)というのに対して、
出雲地方では、神在月(かみありづき)といいます。

 
ここまでは、有名な話ですが、

「出雲地方以外の島根県では、神無月になる

というのは、知ってました?
(いや、私も、さっき知ったんですけど(´エ`;))

スポンサーリンク

 

話が変わりますが、今回は、

旧暦10月に、出雲大社で、神様をお迎えする
神在祭(かみありさい)の中の神迎祭(かみむかえさい)について、
見ていきましょう。

 

神在祭とは?

 【日程】
毎年旧暦の10月10日から17日
(今年は平成25年11月12日から11月19日)

 
 【お祭りの内容】
出雲大社の大国主大神(大黒)さまの元に集まる、
八百万の神様を出迎えて、見送るまでのお祭り。

なんのために集まるかと言うと、
人と人との、ご縁を結びつけるための会議なんだそうですよ。

彼氏や彼女が欲しい人、以外にも、
ありがたいご利益がありそうです(v´∀`)ハ(´∀`v)

 
 【お祭りの流れ】
お祭りの進行は、以下の通り行われます。

「神迎祭(かみむかえさい)」(旧暦10月10日)
八百万の神様を迎えるお祭りです。

最近、人気が高くなり、観光客も増えてきています。
 

「神在祭(かみありさい)」(旧暦10月11、15、17日)
神様の会議があります。

 
「縁結大祭」(旧暦10月15、17日)
縁結びを祈るお祭りです。
一番、観光客が多いお祭りです。

事前申込みで、10月半ば頃からHPでも募集があります。

知り合いは、当日、早めに行って申し込んだら、
祈願してもらえたようです。
今年はどうか分かりませんので、ご確認を。

 
「神等去出祭(からさでさい)」(旧暦10月17日、10月26日)
神様は大社から出た後も、しばらくは出雲観光するようです。

その大社から出る日と、出雲を出る日の、
2回お祭りをします。

 

【住所】699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
【TEL】0853―53―3100(午前8時30分~午後5時)
【HP】http://www.izumooyashiro.or.jp

出雲大社

 

八百万の神様とは、八百人いるわけではありません。
数が多いことを、たとえた数字です。

神道の考えで、川には川の、田んぼには田んぼの、
台所や、トイレなど、あちこちに神様が存在しています。

日本で、他の宗教が受け入れやすかったり、
イベントだけ、のっかったりするのも、

どこにでも神様が存在しているという考えが
根付いているからなのでは?と、最近思っています。

スポンサーリンク


神迎祭

旧暦10月10日、今年は平成25年11月12日に行われます。

出雲大社から15分ほど歩いたところの、
稲佐の浜で、夕方の7時から、
大国主命の遣いと言われる、龍蛇(りゅうじゃ)様に乗った、
八百万の神を出迎えるための、お祭りが行われます。

神様は、海からやってくるんですね。

稲佐の浜は、「日本のなぎさ100選」にも選ばれていて、
眺めも良く、パワースポットとしても人気なんです。

稲佐の浜

 

稲佐の浜で神様を迎えて、
大社に行くまでの動画がこちらです。

 

7時から始まりますが、想像通りの混雑です。

前に行くか、ちょっと高いところから見ないと、
人の頭しか見れません( ;∀;)

近くから見るには、遅くても5時までには着いておきたいところ。
ただ、今年は5月に遷宮もあったので、例年よりも混みそうです。
 

あ、ライトを忘れずに!

外灯も少なく、帰りは真っ暗
ホテルの帰り道も、ちゃんと把握しておかないと、
迷子になってしまいますよ。

 

浜につくと、北の方の入り口で「御幣(ごへい)」が配られます。
149px-Shinto_gohei

これを手に持って、神様を迎えます。

 
 お祭りという名前ですが、賑やかなお祭りとは違って、
厳かな儀式です。

静かに見守り、カメラのフラッシュもやめておきましょう。

地元の人は、神様を迎えてから大社に着くまで、
家から出なかったり、なるべくしゃべらないようにするんだそうです。

 
実際には、マナーを守らない人も多くいるようですが、
大の大人が、静かに見れないなんて、
あまりいいものではありませんね。

 

神様がいらっしゃったら、
神様を「神籬(ひもろぎ)」に移し、白い布を龍蛇に見立てて、
「神迎の道」と呼ばれる細い道を通って、
出雲大社まで、お連れします。
(参拝者も後をついていきます)
 

大社につくと、神楽殿で「神迎祭」を行います。
時間としては、一時間ほど。

それから、神様は、宿泊先となる、
大社境内の、東西の十九社に入っていかれます。
 

こちらは、大社に着いてから、
十九社へ神様を送るまでの動画になっています。

 

東西の十九社は、この時期だけ開くので、
これを見るために来る人もいるほど。

DSC_0759
Copyright © 2011 DSC_0759 by tsurur, on Flickr
 

昔からの、日本の伝統文化にも触れて、
清らかで新たな気持ちで、過ごせそうですね。(ご利益があれば、なお?)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫