乾燥肌対策!保湿の効果的なタイミングと食べ物は?


カサカサ、ゴワゴワ

冬は、乾燥がとっても気になりますよね(´;ω;`)

 
見た目にも、シワシワになってしまって、
老けて見られがちになりますし、

急にくる、ひび割れや、パックリ割れも、
痛いですよねー(>_<) [myphp file='single_main_post_content_more']   そんな、困っているあなたのために、 顔も体も、髪の毛まで保湿できる、簡単な方法と、 内側からの対策として、乾燥に効く食品まで、 私が教えましょう! Winter wonderland
Copyright © 2012 Winter wonderland by Lisa Widerberg, on Flickr
 

一番乾燥するのは?

空気が乾燥してくるので、
皮膚の水分も、どんどん乾燥してしまいます。

ただでさえ、乾燥するわけですが、
一番、乾燥するのは、お風呂あがり
 

お風呂の最中は、潤うものの、
体の水分のバリアとなる皮脂を、お風呂で落としているので、
あがったとたん、体から水分が抜けていくんです。

お風呂からあがるときには、
すばやく保湿!が基本です。

 

 皮膚科で診てもらった方がいい場合

  • 肌が赤い
  • 発疹が出来ている
  • 粉を吹いている

スポンサーリンク


お風呂あがりの保湿

お風呂からあがるときには、「すばやく保湿」と、
言いましたが、

乾燥を防いで、
もちもち、潤いのある肌にするには、

お風呂からあがる直前に保湿すればいいんです。

 

体を拭く前に、
マーブルチョコ程度の保湿用オイルを、
にもにも、何度か重ねながら、塗っちゃうんです。
(つけすぎはベトベトなっちゃいます)

髪の毛の乾燥にもいいですよ。

それから、体を拭いたりすると、
お風呂あがりも、ずっと潤っています。

 

その後は、いつものスキンケアを。

 
私は、子供も使えるように、
サラサラとした使いこごちの、WELEDAのベビーオイルを使っていますが、
冬は、乾燥を防ぐ、こっくりとした椿油がオススメです。


 

それでも潤わないひどい場合は、

 クレイパックをしてみると、
硬くなった角質が、柔らかくなるので、
オイルや保湿剤が浸透しやすくなります。

 オイルでマッサージしてから
お風呂で体を洗って、あがる前にも、オイルを塗ったり、

 オイルの後に、ボディクリームや乳液などを塗って、
気になるところに、ラップを貼って、
動かないように、包帯や靴下などで押さえてから寝ると、

すごく潤いますよヽ(・∀・)ノ

 
 オイルやクリームの選び方
乾燥肌は、敏感肌にもなりやすいので、
できればオイルやクリームは、無香料・無着色のものを。

おすすめは、オーガニックのものです。

 

食事から見直す

乾燥肌に効果的な栄養素を4つと、
多く含まれる食材をあげますね。

偏るのは、良くないですが、
少し意識して摂るようにするといいかもしれません。

βカロテン

皮膚の新陳代謝や、抗酸化作用を持っています。

【多く含む食材】
しそ、人参、しゅんぎく、ほうれん草、
かぼちゃ、大根葉などの緑黄色野菜。
油で調理した方が吸収しやすいです。

 

ビタミンB

脂質の代謝を促進したり、
皮膚・髪・爪の新陳代謝にも。

【多く含む食材】
レバー、うなぎ、魚、納豆、卵など

 

ビタミンC

皮膚のみずみずしさを保つための、
コラーゲンが作られるのを助けます。

タバコやストレスの多い人は、失いやすいので、
積極的に摂るといいでしょう。

【多く含む食材】
柑橘系の果物、イチゴ、キャベツなど。
調理すると、失われます。

 

ビタミンE

皮脂分泌効果があるので、潤い不足の肌には、効果的です。

他に、抗酸化作用や、血行促進効果も。
冬こそ摂りたい栄養素ですね。

【多く含む食材】
アーモンドなどのナッツ類、
いくらやたらこ、魚などに含まれます。


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫