どんど焼きとは?左義長と同じ?どんな意味があるの?


1月14日や、15日に行われる「どんど焼き」と「左義長」

地域の行事として、
全国的に行われるものです。

どんど焼きの後は、
「正月気分も抜けて、いよいよ普段の生活に戻ってきたな」
という感じになる人も、
いるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな日本の風物詩「どんど焼き」
について、調べてみました!!

スポンサーリンク

どんど焼き、左義長とは?

一部の沖縄県以外の全国で、広く行われていて、
地域によっては、呼び名が違ったりするので、
聞きなれない人もいるかもしれません。

一般的には、「どんど焼き」、「左義長(さぎちょう)」
名前で知られています。

この二つは、全く名前が違うのですが、
同じものなんです。
 

どういうものか、先に動画で紹介しますね。
とってもかわいい美少女が出て、ショートムービー風の
おしゃれな動画になっていますヾ(o´∀`o)ノ

こんなかわいい娘がいたら、男の人がたくさんくるかもね(-∀-`; )

 

全国的に、1月14日か、1月15日の小正月(こしょうがつ)、
田んぼなどに、長い竹を組んで火をつけ、
子どもたちと火を囲みながら、

その年に飾った、門松やしめ縄などの
正月飾りや書初めなどを燃やして、
一緒に歳神様を空へ送りだすものです。

 

また、その火で、
柳の枝や、細い竹などに刺したお餅
焼いて食べたりしますが、
歳神様の恵みを体内に取り込むことで、
一年、無病息災で過ごせるといわれています。

一部では、五穀豊穣、家内安全など、
ご利益が多いところも。

スポンサーリンク


どんど焼きと左義長の由来

出雲地方が発祥ではないかと言われていて、
鎌倉時代には、すでに行われていたようです。

 

 「どんど焼き」の由来
竹を燃やすと、節と節の空気がドンッ
爆発したような音がすることから、
名づけられた説と、

「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやしたてながら、
燃やしたのが、なまったという説も。

 

 「左義長」の由来
貴族の正月遊びで、毬杖(ぎっちょう)と呼ばれるものがあります。

ゲートボールのスティックに似たようなもので、
木のボールを打ち合う、ホッケーのような遊びです。
 

小正月の1月15日に、青竹を立てたところに、
毬杖のスティックを3本を結んで、
扇子や短冊などを焼いていたことから、
「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれていました。

他に、「さぎちょう」の漢字には、
「三毬打」「左義長」「爆竹」「鷺鳥」
があります。

どんど焼き
Copyright © 2011 どんど焼き by ume-y, on Flickr

地域の呼び名

地域によって呼び名が違うので、
ざっと、取り上げてみましたが、
本当に色々な読み方があるんですね。

  • あわんとり(千葉・茨城南部)
  • 粟(あわ)や稗(ひえ)などの穀物から鳥や虫の害を除くことから

  • お焚き上げ
  • 鬼火焼き(九州)
  • 1月7日にあり、正月飾りについてきた悪霊(鬼)を追い払うことから

  • おんべ焼き(おんべ)
  • 一番上に飾る御幣(ごへい)のことで、なまった言い方

  • 御柴灯(おさいとう)(さいと焼き)(さいとう焼き)
  • 神仏の灯明として焚く柴火(しばび)のこと

  • かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
  • かんじょ(新潟県村上市岩船)
  • 才(歳)の神焼き
  • さぎっちょ(富山、石川、福井、高知、福岡、岐阜)
  • 三九郎焼き
  • 諸説あり、病、災厄、重税という三つの苦労を追い払う祭りが一般的

  • しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
  • 天照大神、豊受大神の別称

  • 道祖神祭り
  • 村境を守る神様で、厄除けや五穀豊穣、縁結びや安産のご利益も

  • とうどうさん(愛媛県、東予地方)
  • とんど(広島県、岡山県)
  • とんど焼き
  • どんと
  • どんどや(九州)
  • とんどさん(鳥取県)
  • どんどろ祭り
  • ほっけんぎょう(九州/福岡)
  • 燃やすときの、はやし言葉

  • ほじょり
  • やははいろ(東北)

Sagicho Festival
Copyright © 2011 Sagicho Festival by tjsander, on Flickr
 

まとめ

今まで、あまり行くことはありませんでしたが、
お正月のお飾りを燃やして、
一年、無病息災を祈りつつ、
気持ちを新たに生活をしてみるために、
今回は、参加をしてみようかなと、思いました。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫