座右の銘にしたい四字熟語!意味から選ぶには?


自分への戒めとして、
いつも心に留めておきたい言葉があったりしますよね。

いわゆる、「座右の銘(めい)」ってやつですが、
何かお持ちですか?

 

私の座右の銘は、「陰徳陽報(いんとくようほう)」

人知れず積んだ良い行いは、
必ずいい結果として返ってくる、というものです。

 

これは何となく、実感しているので、
ゴミがあったら拾ったり、
気づいた範囲で、いい事をやるようにしていると、
なんだかラッキーなことが、増えたような気がします。
(お菓子を頂いたとか、小さなラッキーですけど)

おすすめですよ♫

 

ぜひ、あなたも座右の銘になるような四字熟語を見つけて、
今年の抱負として、心に留めておいたり、
仕事や書き初めにも、ご活用ください♪( ´▽`)

スポンサーリンク

座右の銘になるような四字熟語

まず「座右の銘」の、細かい意味から見ていきましょう。
 

「座右」とは、古代中国の皇帝が、
信頼できる人を、自分の右側に座らせたことから、
身近な席、席の近くといった意味があります。

「銘」は、石碑や器などに、
人の功績や名前などをを刻むことを言います。
 

合わせて、自分の心に留めておくべきこととなります。

 

それでは、

  • 努力することを意味するもの
  • 強い意志で何かを成し遂げることを意味するもの
  • 平穏を意味するもの
  • 人に対するあり方を意味するもの
  • 良い行いや、心構えを意味するもの
  • 明るい人を意味するもの

のように分けたので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク


努力することを意味する四字熟語
sky-81718_640

  • 韓信匍匐(かんしんほふく)
  • 大望ある勇者は、つまらぬことでは争わず、
    耐え忍んで相手に譲っておくという意味

  • 蛍雪之功(けいせつのこう)
  • 蛍の光や雪の明かりで勉強し、出世した青年から、
    苦労して、勉強に励むこと。

  • 質実堅剛(しつじつけんごう)
  • 中身が充実して飾り気なく、真面目に、たくましいこと。

  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 七転び八起き。
    何回失敗しても、諦めずに努力すること。

  • 日進月歩(にっしんげっぽ)
  • 絶えず毎日、進歩(努力)していくこと。

  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)
  • 何度失敗しても、諦めないこと。
    =不撓不屈(ふとうふくつ)、独立不撓(どくりつふとう)

  • 粉骨砕身(ふんこつさいしん)
  • 骨を削って身を砕くほど、力の限りに努力すること。

  • 粒々辛苦(りゅうりゅうしんく)
  • 小さな努力や苦労を、コツコツ重ねて、
    事を成し遂げること。

 

強い意志で成し遂げる意味を持つ四字熟語
silhoutte-74565_640

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 仏門に入り、悟りを開こうと固く決意することから、
    考えを改め、事を成し遂げようと強く決心すること。

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 一つのことだけに、集中すること。

  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  • 事を成し遂げるために、苦労に耐えること。
    元々は、復讐のタメに耐え忍ぶことを意味しています。

  • 確乎不抜(かっこふばつ)
  • 意思がしっかりとしていて、物事に動じないようす。

  • 侃々諤々 ( かんかんがくがく )
  • 信念を持って、自分の意見をはっきりと言うこと。

  • 首尾一貫(しゅびいっかん)
  • 始めから終わりまで、一つの方針や態度で貫くこと

 

平穏を意味する四字熟語
rest-52495_640

  • 安居楽業(あんきょらくぎょう)
  • 今の地位や暮らしぶりに満足して、自分の仕事を楽しむこと。

  • 一視同仁(いっしどうじん)
  • 偏見を持たず、敵味方も関係なく、みんな平等に接すること。

  • 家内安全(かないあんぜん)
  • 家族がケガも病気もしないで、健康なこと。

  • 虚心坦懐(きょしんたんかい)
  • 心に、何のわだかまりもなく、素直な心のようす。

  • 四海兄弟(しかいけいてい)
  • 世界中の人が兄弟であるということ。

  • 平穏無事(へいおんぶじ)
  • 何事もなく、落ち着いて、穏やかなこと。

 

人に対するあり方を意味する四字熟語
baby-17384_640

  • 一期一会(いちごいちえ)
  • 一度の出会いを大事に、心を込めて対応すること。

  • 遠慮会釈(えんりょえしゃく)
  • 慎ましく控えめに、相手のことを思いやること。

  • 温厚篤実(おんこうとくじつ)
  • 穏やかで情に厚く、誠実な人のこと。

  • 寛仁大度(かんじんたいど)
  • 心が広くて度量が大きく、情け深いこと。

  • 忘己利他(もうこりた)
  • 自分のことを忘れて、人のために尽くすこと。

  • 和顔愛語(わがんあいご)
  • 穏やかで親しみやすい、顔つきや表情、言葉遣い。

 

良い行いや、心構えを意味するような四字熟語
plum-10429_640

  • 一日一善(いちにちいちぜん)
  • 1日に一つの善い行いをして、それを積み重ねること。

  • 温故知新(おんこちしん)
  • 古いことを知って、そこから新しい知識や道理を得ること。

  • 心頭滅却(しんとうめっきゃく)
  • 雑念がないこと。無心。

  • 泰然自若(たいぜんじじゃく)
  • 何事にも落ち着いて、動じないようす。

  • 品行方正(ひんこうほうせい)
  • 心や行いが、正しく立派なこと。

  • 明鏡止水(めいきょうしすい)
  • 一点の曇りもなく、澄み切って落ち着いていること。

 

明るい人を意味する四字熟語
children-82272_640

  • 天真爛漫(てんしんらんまん)
  • 飾らず、気取らず、素直な心の人。

  • 明朗快活(めいろうかっかつ)
  • 明るくて、元気な人。

  • 明朗闊達(めいろうかったつ)
  • 明るくて、朗らか、大らかな人。

 

まとめ

いかがでしたか?

何かいい言葉が見つかりましたか?

ぜひ、心の片隅に置いて、
人として、一歩一歩、成長していきたいですね。


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

2件のコメント

  • ちあき

    天真爛漫とは物事を知らない、空気を読まない人のことです。嫌味で使う場合もあります。

    • sonoko

      コメント、ありがとうございます。

      「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
      という言葉通り、行きすぎるとそうなりますよね。
      中庸を目指したいものです。

コメントも気軽にどうぞ♫