唇が荒れる原因!それってビタミン不足?ストレス?それとも…


ガサガサ荒れて、干からびた唇。

 
ちょっと笑ったら、

ピキッ!

「キャー!血がー!!」

なんて事になっていませんか?

 

恐ろしくて、笑えない。
あくびもできない。

だけど、そのままにしていたら、
どんどんカサカサしていく…

スポンサーリンク

 

その悪循環を断ち切るためには、
しっかりと原因を知って、きちんと対応すること!

カサカサ歴の長い私が、
やっとプルプルの唇を手に入れたのは、
以下の理由を詳しく知ってからなんです!

ぜひあなたも、この原因をよく理解して「プルプル唇」を手に入れましょう!

Cold Deux
Copyright © 2010 Cold Deux by SashaW, on Flickr

 

唇が荒れる原因は?

唇って、皮膚とは違いますよね。

そうなんです。
唇って、口の中の一部がめくれているところなんです。

唇があるのは、人間だけなので、
発音しやすいように、発達したのではないかと言われているんです。

確かに、猿にはないですものね。

 

粘膜の一部なのですが、表に出てきていて、
皮膚で守られていないため、傷つきやすく
皮脂も出ないので、乾燥しやすいんです。

 

ただでさえ、傷つきやすい唇。

それが、乾燥する季節には、カラカラになってしまうのも、
無理はない話ですね。

 
ですが、その他に荒れやすい原因っていうもあるんです。

順に見ていって、プルップルッの唇を目指しましょう!
 

ちなみに、ここだけの話、
カサカサ肌の人は、見た目年齢が実年齢よりも、
7~8歳は老けて見られるそうですよ(>人<;)

スポンサーリンク


外側から考えられる原因

まずは、唇の外側からの刺激が原因と考えられるものを、あげていきますね。
 

 舐める癖
唇がカサカサするからと、普段から唇を舐める癖がありませんか?

これは、一瞬潤うだけで、水分がさらに蒸発して、
カサカサ唇に拍車をかけて、魔のスパイラルに陥るだけです!

それよりも、リップクリームで潤いを閉じこめるようにしましょう。

 

 口呼吸
気がついたら、口がポカーンとあいていないですか?

口呼吸は、唇だけじゃなく、口の中まで乾燥するので、
ウイルスが入りやすく、風邪になりやすかったり、
口臭の原因にもなるし、
また見た目的にも、決して賢くは見られません(・Д・)

 

 汚れを落としていない
お風呂に入った時など、唇までしっかり洗えていますか?

食事の後についた汚れを、そのままにしていませんか?
 

汚れが、刺激になって、唇が荒れることもあるんです。

荒れた唇は、とってもデリケートなので、
桃を扱うように、そっと洗って、優しく拭きましょう

こするのは、もってのほかです!
 

あ、キスも刺激になったりするので、優しく、軽く、桃のようにと、
相手にお願いしましょうね(・∀・)

 

 リップクリームが合っていない
リップクリームを塗っても、カサカサ唇、
だけど、塗らないと、もっとカサカサ唇。

という人は、リップクリームが合っていないかもしれません。

残念ながら、魔のスパイラルに陥ってしまっている状態かも(; ̄ェ ̄)
 

そんなあなたには、なるべく無添加のものや、
オーガニックのものがオススメ。

ただ、原材料に使われるものの中では、
「ひまし油」と「蜜蝋(みつろう)」は荒れる人が多いものなので、
心当たりがあれば、違うものを試してみてもいいかもしれません。

 
ちなみに、私のイチオシは、安いうえに、
乾燥にはどこでもOKのワセリンです。
 

 リップクリームの塗り方
荒れている時には、柔らかいリップクリームがベスト。

塗り方は、唇のシワに合わせて、縦に塗ると、
こする刺激が少なくて、唇には優しいです。

2072910779_64a3e1a39e
Copyright © 2007 Lip balm by the Italian voice, on Flickr
 

内側から考えられる原因

外側からのケアは、保護や予防をしてくれますが、
修復はしてくれません。

体内からの原因も、一緒に取り除いて、ケアすることで、
プルプルの唇が手に入れられるでしょう。
 

 ビタミン不足
ビタミンB群が、不足すると、肌や粘膜が弱くなります。

原因としては、ストレス、飲酒、偏った食生活などが考えられます。

 
ビタミンの中でも、積極的に摂りたいのは、ビタミンB2、B6、C

バランス良く摂るのを前提に、

  • レバー
  • うなぎの蒲焼き
  • マグロ
  • カツオ
  • 納豆
  • 果物

などを摂るようにしてみてください。

 

 胃腸の荒れ
胃腸の荒れは、全身のいたる所で、不調があらわれますが、
唇もしかり。

飲みすぎた次の日は、カサカサ唇になっていたりしませんか?
 

暴飲暴食に心当たりがあれば、お粥など、
胃腸に優しい食生活を心がけてみてくださいね。

ちなみに、東洋医学では上唇は胃に、
下唇は腸に関係があるんだそうですよ。

 

 水分不足
冬は、夏に比べて、水分を取り忘れていることがあります。

やっぱり冬場も、小まめに少しずつ水分補給しないと、
体内の水分量が気づかないうちに減ってしまっているかも(-ω-;)

Drinking Fountain
Copyright © 2008 Drinking Fountain by JefferyTurner, on Flickr

まとめ

思い当たる原因が見つかりましたでしょうか?

長年、カサカサ唇で悩んできた私も、
ここ何年か、カサカサにならずに、冬を乗り越えることができています。

原因を取り除いて、カラカラの季節でも外側からのケアと、
内側からのケアで、プルップルッの唇になりましょう!


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

2件のコメント

  • あい(´・ω・`)ちゃん

    アリ*:・(*-ω人)・:*ガトゴザイマスタッ!

    • sonoko

      いいえ!
      どういたしまして(*≧ω≦)

コメントも気軽にどうぞ♫