8月 9月 10月の秋に使う時候の挨拶


朝晩が涼しくなり、夏も終わりに近づいているのを肌で感じるようになりました。

何だか寂しい気持ちになるのは、何ででしょうね?

ところで、日本語にはステキな季節を表す言葉があります。

スポンサーリンク

「季語」とも言いますが、手紙の挨拶の始めに時候(じこう)として入れたり、俳句に入れたりします。

 

挨拶の時候の使い方としては、
「残暑の候(こう)、いかがお過ごしでしょうか」
などといったものです。

「候」とは、「時節、季節」の意味です。

 

ただ、時候としての季語ですが、ちょっと時期を外してしまうと、
相手からは「プッ」と笑われてしまうことにもなりかねません。

大人のマナーとして知っておいて損はありませんね。

 

初秋の時候の言葉

立秋(八月八日頃)を過ぎれば、暦上は秋になります。

立秋から白露(はくろ)(九月七日頃)まで「初秋(しょしゅう)」
と呼ばれ、字のごとく、秋の初めの時期になります。

二十四節気が季語の節目になりますが、初秋として使えるので
厳密に分けなくても大丈夫です。
2013年の二十四節気

 

立秋から処暑(しょしょ)(八月八日頃〜八月二十三日頃)

残暑の候、秋暑の候、晩夏の候、立秋の候、残夏の候、初秋の候、残暑厳しきおり、秋にはまだ遠く、まだ暑い日が続きますが

まだ暑さを感じる言葉が多くありますね。
残暑見舞いのハガキは立秋から処暑までに出します。

 

処暑から白露(八月二十三日頃〜九月七日頃)

処暑の候、初秋の候、新秋の候、清涼の候、新涼の候、爽秋(そうしゅう)の候、秋涼の候、涼風の候、朝晩涼しくなり、暑さも峠を越し

だんだんと暑さが薄れて、過ごしやすい時期になったことを感じさせます。

スポンサーリンク


仲秋の時候の言葉

白露から寒露(かんろ)(九月七日〜十月六日頃)までは
「仲秋(ちゅうしゅう、ちゅうじょう)」と呼ばれ、
暦上は秋真っ只中の時期です。

「中秋の名月」の中秋は、旧八月十五日だけを指した言葉です。

秋色の候、新涼の候、秋涼の候、野分の候、仲秋の候、爽秋(そうしゅう)の候、涼風の候、秋晴の候、孟秋の候、朝晩涼しくなり、味覚の秋となりました

 

白露から秋分(九月七日頃〜九月二十三日頃)に使えるものは「白露の候」

秋分から寒露(九月二十三日頃〜十月六日頃)に使えるものは「秋分の候」

 

晩秋の時候の言葉

寒露から立冬(十月六日頃〜十一月六日頃)までは
「晩秋(ばんしゅう)」で、秋も終わりの時期です。

晩秋の候、紅葉の候、秋容の候、秋冷の候、秋晴の候、秋雨の候、爽秋の候、錦秋の候、清秋の候、菊花の候、寒露の候、夜長の候、秋天の候、天高く馬肥ゆる、野分の候、秋色の候、菊花薫る

 

寒露から立冬(十月六日頃〜十月二十二日頃)に使えるものは「寒露の候」

霜降(そうこう)から立冬(十月二十二日頃〜十一月六日頃)に使えるものは「霜降の候」

 

まだまだ暑い日が続きますが、体に気をつけてお過ごし下さい。
(早速使ってみた!)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫