結婚式の正式なマナー!女性の服装はこれでバッチリ!!


結婚式に招待されると、
何を着ていけばいいか、迷いますよね。

似合ってるか、どうかも気になりますが、
もしそれが、マナー違反だったら?
 

若い人は、マナー違反となっても、
「まだ、知らないのね」
と、微笑ましく済ませられますが、年齢があがるほどに、
「年齢の割りに、常識、知らないんだ」
と、ドン引きされるかも(;゜0゜)

スポンサーリンク

また、自分が赤っ恥をかくだけではなく、
招待してくれた新郎・新婦へも恥をかかせてしまうことに!!

そうならないために、しっかりとマナーを勉強しておきましょうね。

 

結婚式にふさわしい服装は?

お祝いの席なので、
キチンとしたマナーがあります。

服装は、昼と夜でドレスコードが違うので、
それぞれ、見ていきましょう。

昼の結婚式にふさわしい服装

昼の結婚式には、控えめで上品な印象を与えるような服装を選びます。

では、ポイントを抑えていきましょう。

Wedding Photos
Copyright © 2011 Wedding Photos by Katsunojiri, on Flickr
 
 露出は少なく
ワンピースなら、腕を隠すのがマナー。

腕の出るワンピースなら、ボレロやストールを上から羽織ります。

胸元も、大きく開いたものは避けます。

「視線のやり場にこまる」ってヤツですが、
新郎さんも男性なので、新婦さんもいい気分はしないでしょう。
 

丈も、ひざが隠れるぐらいがベスト。
座って、ミニ丈になるようなら、ちょっと考えもの。

体のラインも、目立たないものを選びましょう。

足が出ないと言っても、女性のパンツスーツも、マナー違反です。

 

 ワンピースなどの色
は、花嫁とかぶるので避けます。

もし、カラードレスの色が分かれば、
その色も、避けた方がいいかもしれません。
(無理に聞くのは、失礼ですよ(・∀・))

そして、ストッキングは肌色
黒は、葬式を連想させるので、マナー違反になります。

ドレスの色は、黒が無難で人気がありますが、
何人も黒を着てくると、葬式ぽくなってしまいます。

一度、テーブル席の全員が黒を着てきたので、
写真を見返すと、、、(ー ー;)
 

できるだけ明るい色のワンピースなどがいいですが、
(かと言って、やりすぎはちょっと・・・)
無理なら、アクセサリーやコサージュなどの小物で華やかに。

ドレスは、パステルカラーもステキですが、
薄いベージュやピンクは、白っぽく見えないか確認を。

特に、ボレロやストールに薄い色を使うと、
座ったときや、写真にうつったとき、
白い服を着ているように見られるので、注意を。
 

さらに、(まだあるの?(O_O))
未婚者なら華やかでもいいけど、
既婚者は、異性にアピールする必要もないので、
少し、落ち着いた感じが好印象です。
(アピールしてるつもりはなくても、ね)

Wedding Photos
Copyright © 2011 Wedding Photos by Katsunojiri, on Flickr
 

 ワンピースなどの柄
柄物は基本的に避け、無地にします。

刺繍や織柄、レースならOK。

無地は無地でも、
2トーンカラーのバイカラーになったワンピースは、
「別れ」を連想させるのでNGです。

 

 ファーは・・・
ファーについては、賛否両論。

どうやら、正確にはマナー違反ではないようです。

ただ、動物の殺生を連想させることから、
年配者からは、良く思われないうえに、
マナー違反と言われることも。

役割としては、「防寒着」のたぐいとされ、
毛もフサフサしていて、抜け毛が気になるという声もあって、
室内では取った方がいい、とされたりもします。
(おじさん達の抜け毛を連想させるんじゃないよっ(・∀・))

どちらにしろ、ない方が無難なようです。

 


露出のないハイヒールが基本。

つま先が出たものや、かかとのでるミュール、
ブーツ、ヒールが低いものも、マナー違反。

ヒールは、最低5cmぐらいからが、
「ヒールがあるね」と思われる高さです。

 

 バッグ
ブランドのバッグだからと、
大きなバッグを持っていっては、いけません。

小ぶりのパーティバッグを用意しましょう。

入りきらないときには、
サブバッグがあってもいいですが、
品のいいバッグ(紙袋はNG)を選んで、
クロークに預けたほうがスマート。

 

 アクセサリー
パールやトパーズなど、上品なものがおすすめ。

結婚式は何度もしない方がいいことから、
二連、三連となっているネックレスは、マナー違反です。

光りものもタブーとされ、
キラキラするダイヤや、ゴールドのアクセサリーも良くありません。

 

 髪の毛
境界線が難しいですが、まとめられるぐらいの長さだと、
まとめるのが、マナー。

アップの方法もいろいろありますが、格式が一番高いのは、
夜会巻と言われる、キッチリきれいにアップされたヘアスタイル。

 

親族側で呼ばれたときは、
上にあげたものより、
さらに上品になるように、気をつけましょう。

和服にするときには、
独身者は、振袖、
既婚者は、色留袖で、年配者は黒留袖に。

スポンサーリンク



 

夜の結婚式にふさわしい服装

昼より、腕を出したり、
服装やアクセサリーも、さらに華やかにして構いません。

時間に決まりはありませんが、
夕方の薄暗い時間から、大丈夫でしょう。

infinity
Copyright © 2007 infinity by Pandu Adnyana (thanks for 100K views), on Flickr
 

まとめ

結婚式にふさわしい服装をまとめると、
このようになります。

  • 白以外の無地のワンピース
  • 肌色のストッキング
  • ハイヒール
  • 小ぶりのパーティバッグ
  • アクセサリーは、控えめで上品なもの
  • 髪の毛も、長い人はまとめる

 

「平服」という場合も、普段着ではありません。

和服ほどかしこまらなくていいですが、
華やかなワンピースにしましょう。

 

「連想ゲームかっ!」て言うぐらい、
悪いものを連想させるものは、マナー違反とされますね。

 
ショップの店員さんの中には、
「最近のマナーでは、これくらい大丈夫なんですよー」
と、言う人もいますが、鵜呑みにしないように!

そもそも、年配者に「最近のマナー」は通じません。
 

ファッション関係の人の結婚式では、
マナーより、ファッション性の高い服装を選ぶ人も多く、
OKとされるようですが、
そうではない場合、「マナーの方が大事」と心得ましょう。
 

店員さんの言葉を信じて、
ミュールを履いたり、柄物を着たりして、
後から恥をかいたのは、、、そう私です。
 



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫