冠婚葬祭(マナー)のこと

結婚式に着ていく男性の服装マナー!あなたは大丈夫!?

結婚式に招待されると、気になる服装。

服装にも、マナーが必要ですよね。
特に、大人の男性

女性の服装のマナーは、
女性同士、アンテナを張り巡らせるので、
恥ずかしくないようにと、
気を使う女性は多いのですが、

「礼服でいいだろう」

なんて喪服用のスーツで来ると、
社会人としての品格も問われたり、
新郎・新婦にも恥ずかしい思いをさせたり、
女性からの評価も、低くなってしまいますよ(>人<;)

やっぱり、マナーを知っている男性は、
スマートで、かっこよく見えます!

特に結婚式で、
普段と違うスーツをビシッと決められたら、
「ほおー、やるなぁーー」
なんて、遠目で見てしまいます(なんて上から目線っ∑(゚Д゚))

マナーを守りながら、
かっこよくスーツを着こなしたい!!

そんな、あなたのために、今回は書いていきます。

 

結婚式にふさわしい男性の服装

まず、立場と年齢でも、服装の格式が違います。
服装の格式から言うと、
正礼装、準礼装、略礼服となります。

それぞれ、見ていきましょう。

 

正礼装のマナー

新郎や新郎・新婦の父親が着るもので、
他の人たちは着ることはありませんので、
サッといきますね。

昼はモーニング、夜は燕尾服。
ホワイトタイとも呼ばれます。

Wedding Photos

Copyright © 2011 Wedding Photos by Katsunojiri, on Flickr

準礼装のマナー

新郎・新婦の近親者、主賓、立場が上の方(上司など)が着ます。

昼は、ディレクターズスーツ、夜はタキシード
ブラックタイと言えば、準礼装を言います。

メモ

ディレクターズスーツとは、
ダークスーツ(略礼服)の上着と、
モーニングのコールズホンを組合わせたものに、
ベストを着用したもの。

 

サラッと着こなせると、
紳士に見えて、かなりカッコいいのです。

個人的なイメージとしては、
ダンディなおじさまの、堺正章さんや高田純次さん。
私のおすすめは、高田純次さん。(何のっ?)

 

上着の色は、黒、グレー、紺などのダークカラーで、
ベストが見えるように 、上着はシングルがおすすめ。
(黒は漆黒じゃないものを)

 

パンツグレーで、裾の折返しがないもの。
ベルトがベストから見えないように、
ベルトはしないで、サスペンダーをつけます。

 

ベストは、パンツより明るめのグレーで、
光沢があると華やかさが増します。

 

シャツは、白色で、
どちらかと言うとダブルカフスの方が、品格よく見えます。

襟は、レギュラーカラーか、ウイングカラー
ウイングカラーは、首の長い人に似合います。

 

ネクタイはシルバーグレーや白黒の縞

年配層では、結婚式には、白いネクタイ!
とされますが、正確には、
新郎と、両家の父親だけがするものです。

フワッとした感じの、アスコットタイも、
人気があるのですが、
人によって、意見はさまざま。

おじさんがつけていたら、
オシャレ上級者に見えて、ステキですが、
若者がつけていると、
気取って見えたり、
チャラチャラした印象になってしまったり、
んー、ちょっと使いこなすのは、難しそう(-ω-;)

(かといって、いくら、おじさんでも襟をあけて、
直にアスコットタイは、ちょっと・・・)

 

やっぱり無難なのは、普通のネクタイですね(σ゚∀゚)σ

個性をつけたいなら、
結び方を変えるのもいいかもしれません。

結び方も調べると色々とあるんですね。
参考までに、ちょっと変わったネクタイの結び方動画をどうぞ(*・∀・)ノ

 

チーフは、白で、麻かシルク素材のもの。

 

靴は、黒の内羽根式のストレートチップ
つま先に、まっすぐ切り替え線のあって、
紐を通す部分が、甲と一体になった紐靴です。

切り替えのないプレーントウでも可。

 

略礼装のマナー

一番、多いのが略礼装のスーツ。

近親者も、友人も、上司でもOK!
とっても便利ですね(・∀・)

 

スーツの色はダークカラーで、
(黒は、漆黒じゃないもの。)
ノーベントか、センターベンツ。
(弁当じゃないよ、車でもないよ、背中の切れ込みだよ(・∀・))

模様は、織柄や、目立たないストライプまで。

茶色はカジュアルになるので、結婚式ではタブーです。
おじさんたちには、漆黒が多いですが、
正式には、間違い。

間違いとはいえ、年配者に多いので、
マナー違反にはならないよう、
というか、地方へ行くほどマナーとされたりします。

親戚などの場合は、黒スーツがよかったりするので、
両親や親戚に聞いてみましょう。
海外での結婚式では、立派なマナー違反になるので、
やめておきましょう。

日本だけのガラパゴスマナーです。

結婚式

 

シングルスーツとダブルスーツでは、
おじさんたちの間では、ダブルスーツが格上と
思っている方も多いようですが、それも間違い。

格に違いはないので、どちらでも構いませんが、
若い人や細い人に、ダブルのスーツは似合いません。

シングルスーツで、近親者の方や、上司など、
しっかりと見られたいなら、
スーツの色に合わせたベストを着用すると、
カッコいいですよヽ(・∀・)ノ

結婚式のスーツ

シャツは、ピシッと決めたいなら白シャツ
織柄も問題ありません。

友人なら、遊び心を入れて、
少し色のついたカラーシャツでも大丈夫です。

襟は、レギュラーカラーウイングカラー

カフスも出来れば、ダブルカフス
「カウス」とも言います。
(ちなみに、中田カウス・ボタンも、この「カウス」)

 

ネクタイは、
シルバー系やゴールド系の白っぽいもので、
若い人や友人なら、もう少し明るい色でも。

生地は、サテン生地など、光沢のあるものが、
品良く見えます。

 

は、やっぱり、黒の内羽根式のストレートチップが、
結婚式には、ふさわしいですね。

靴下も、もちろん黒。

 

 

 

まとめ

結局は、スタンダードが、
一番スマートで、かっこよく見えます(・∀・)

若い人は、少し遊びの要素を、
取り入れてもいいと、なっていますが、
若いのに、しっかりマナーを知っているんだと、
すっごく、好印象なので、
個人的には、スタンダードを強くオススメします。

年配になるほど、少し遊びを入れたほうが、
大人の余裕と、オシャレを感じます。
(年配になるほど、ガラパゴスだしね(。-∀-))

ちなみに、平服とある場合、
「正装じゃなくていい」、という意味で、略礼装を着ていくのが、大人。

 

最後に、絶対に忘れていけないのは、
サイズと清潔感!!

高くてサイズの合わないスーツより、
安くてもサイズの合ったスーツ!

ちょっと履きつぶした黒い内羽根式の靴より、
ピカピカにみがいた、プレーントウの靴です!

 

ぜひ、身だしなみのスッキリとしたスマートな大人な人!
と思われますように

-冠婚葬祭(マナー)のこと
-, ,

© 2021 大人の歩き方