七五三のお祝いはどうする?みんなが気になる金額の相場


子どもが成長したお祝いとして、11月15日に七五三を迎えます。

七五三とは数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳
になる年に、神社にお参りして、
それまで健康に育ってくれた感謝とこれからの成長を神様に祈る
行事です。

スポンサーリンク

 

着物やスーツ、ドレスを着て神社に行って、食事をしてお祝いする。

というのが、一番メジャーな七五三の過ごし方かなと思いますが、

さて、親戚の子やお孫さんが七五三を迎えたときに、ちょっと悩むのが
お祝い」。

 

七五三のお祝い

「七五三なので、お祝いを渡したい。」

基本、その気持ちがあれば、品物でもお金でも何でも喜ばれると思います。

でも、何をあげたら喜ぶのか、いくら渡せばいいのか、
周りの七五三はどうなのか、気になりますよね(^_^;)

こういったお祝いなど、地域差もあると思いますが、ザックリと調べてみました。

七五三
Copyright © 2011 七五三 by mxmstryo, on Flickr

 

品物で祝う

最近は「着物」を買う人も少ないようですが、初孫だったりすると、

兄弟や従兄弟にも着せられる、
兄弟が多いとレンタルよりは安くなる、

という理由から祖父母が買ってあげることもあるようです。

 

これは、着物一式だったり、扇子や草履などの小物だけだったり、
様々です。

他にネットのカタログ会社調べでは、
肉などの「食べもの」や「旅行」などの
プレゼントが喜ばれているとか。

七五三のお祝いに「旅行」というのは、はて?
という感じですが、帰省するための飛行機チケットとかでしょうか?

あとは、花やタオルなどの鉄板もの。

なかなか会えないお孫さんには、知的好奇心をくすぐるおもちゃというのも。

会えないなら、なおさら贈られたらご家族で喜ばれるでしょう。

 

お金を包む

品物は渡したり、渡さなかったりするようですが、
品物に関係なく、「お金を包む」という人が多いようです。

相場は、祖父母が5,000〜100,000円
親戚で5,000〜10,000円程度

親戚では、似たような親戚関係にある人と金額を合わせておいた方が
変にモヤモヤせず、平和に心からお祝いできるでしょう。

私の夫の方は親戚が多く、お祝いのときは一律いくら、
と決まりごとになっています。
悩まなくていいので、とても楽です。

祖父母からのお祝いも、「お嫁さんの実家より少ないといけない」
ということを気づかう家が多いようです。

スポンサーリンク


祝儀袋やお金のそろえ方

のし付きで、水引は紅白の蝶結び。

表書きは「七五三御祝」「祝七五三」「御祝」

ちょっと難しい表書きでカッコ良くしたいときには、
3歳は「御髪置御祝」、5歳は「御袴着御祝」、7歳は「御帯解御祝」
と書いたりしても。

お金の入れ方は、紙幣の表側(顔がのっている方)が表に、
数字が上にくるように
入れます。

もちろん新札ですね。

 

「内祝い」として、お返しをする人も多いのですが、
お返しは期待しないでくださいね。

子どものお祝いなので、「お返し不要」と広く考えられているようです。

 

 

繰り返しますが、地域差があります。
少しでも参考になれば、嬉しいです。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫