雛人形の作り方!!羊毛フェルトを使って超簡単!


羊毛フェルトで作った人形って、かわいいですよね(*≧艸≦)

100円ショップでも道具が買えたので、
気軽に始めてみました(´▽`)

 
今回は、親戚に女の子の赤ちゃんが産まれるので、
初節句のプレゼントに、雛飾りを作ってみました(。-∀-)

 

どうぞ、作り方を載せたので、
参考にしてみてください(´▽`)

スポンサーリンク

羊毛フェルトで雛飾りを作る

【材料】

  • 羊毛フェルト
  • 今回は、白を2つ、黒、茶、赤、ピンク、
    黄色、オレンジ、水色、青を1つずつ

  • ニードル
  • 先にギザギザがついて、針のようにとんがった棒

  • スポンジ
  • 千枚通し
  • 目の形
  • 先のとがったハサミ
  • 手芸用ボンド

目の形以外は、100円ショップで買えました。

目は、157円で手芸屋さんで買ったけど、
100円ショップに、おっきい目しかなくて、
なんだか悔しい(>人<;)

 
出来上がりは、こんな感じです(・∀・)

20131128-175933.jpg

 

女雛の作り方

胴体を作る

1.白いフェルトを少し除いて、残り全部を使っていきます。
20131128-180637.jpg

 
2.きつく巻きます。

写真を撮るために、片手で巻いていますが、
両手で、きつく巻いていくのがポイント。

巻き終わりは、ほどけないように、ニードルで刺します。
20131128-180836.jpg

 
3.ニードルでチクチクと、全体を刺して、硬くしていきます。

まっすぐに、深く刺します。

地味な作業が好きなら、夢中になります(≧▽≦)
20131128-181932.jpg

 
4.ある程度の硬さになったら、
上から、薄く白のフェルトを重ねます

またチクチクして、表面をキレイに整えます。

顔以外は隠れるので、そこまで気にしなくても大丈夫かも。
20131128-182236.jpg

 
これで、胴体が完成しました!
20131128-184420.jpg

 

着物を着せる

1.黄色の羊毛フェルトを、細くちぎります。
20131128-184551.jpg

 
2.正面を決めたら、真ん中あたりで、
着物を着るように、前で重ねます

引っ張りながら、巻くのがポイント。

位置が決まったら、最後を留めるようにニードルで刺します。
20131128-184943.jpg

3.全体を刺していきますが、
キワを内側に向けて刺すのがポイント。

シッカリ留めたいところは、深く刺して、
キレイに見せたいところは、浅く刺します。
20131128-185756.jpg

 
4.最後にいらない部分は、切ってしまいます。
20131128-185916.jpg
 

5.同じ方法でピンクも重ねましょう。
20131128-190043.jpg

 
6.赤の羊毛フェルトを重ねていきますが、
黄色やピンクよりも、幅を広く取ります。

足りなかったら、後から調整できるので、
だいたいで大丈夫です。
20131128-190424.jpg

 
7.余分なところは切ったり、
薄いところには足したりして、全体をチクチク刺します。

最後には、薄く伸ばしたフェルトで表面を整えます。
20131128-190651.jpg

 
8.置いたときに立つように、下の部分を平らにします。

グサグサと思いっきり刺して、平らにしていきますψ(`∇´)ψ
20131128-191020.jpg

 

髪の毛を生やそう

1.黒のフェルトで、おでこが山になるように、
引っ張りながら巻いていきます。

キワは、やっぱり内側へ入れ込むように刺しますよ。
20131128-191426.jpg

 
2.髪の毛を上へ伸ばしたり、いらない部分は切ったり、
全体が黒くなるように、チクチクと刺していきます。
20131128-191801.jpg

 
完成しました!
20131128-203739.jpg

 

小物を飾り付ける

オレンジのフェルトで、頭に飾る平額(ひらびたい)と、
扇子の檜扇(ひおうぎ)を付けていきます。

小物の小さな形を作るのが、一番難しかったです(-ω-;)

 
1.オレンジのフェルトを少し取って、平額を作ります。
20131128-203754.jpg

 
2.ひねりながら、三角を作っていきます。
20131128-204005.jpg

角もひねりながら、
チクチクと、浅く、細かく刺していきます。
20131128-204019.jpg

 
3.余分なところは切ったり、かぶせたりして、
形を作っていきます。

なかなか形がキレイに決まりませんが、
根気良く頑張りましょう(>人<;)
20131128-204837.jpg

 
完成!
20131128-205954.jpg

 
4.頭につけます。

頭の飾りたいところに、切り込みを入れます。
20131128-210212.jpg

 
5.切り込みを入れたところに、平額を差し込んで、
周りを、ニードルで深く刺し込みます。20131128-210501.jpg

 
6.同じように、オレンジで檜扇を作ります。

胴体にくっつけるときに、形もキレイに直せるので、
平額ほど、キレイじゃなくても大丈夫。

今までの要領で、周りを深く刺しながら、
胴体にくっつけます。
20131128-210543.jpg

 

顔を作る

1.目をつけます。

位置を決めたら、千枚通しでグリグリと刺し、
気持ち、大きめに広げます。
20131128-211422.jpg

 
2.目を入れてみて、位置が良かったら、
目を取り、穴にボンドを入れて、また目を入れます。
20131128-212953.jpg

抜けないように、目についている針穴を、
ニードルで深く刺します。
20131128-213326.jpg

 
3.口を作ります。

赤のフェルトを、ほそ〜く取ります。
20131128-213642.jpg

 
4.口の形になるように、ニードルで、
浅く、細かく刺していきます。

余分なところは切ったり、埋め込んでください。
20131128-213652.jpg

 
5.ほっぺをピンクに染めます。

なくてもいいかもしれませんが、ほっぺがピンクになると、
とても、生き生きとした表情に見えてきます(´▽`)

作り方は、ピンクのフェルト、少量をほっぺの部分において、
なんとなく丸くなるように、浅く刺していきます。
20131128-214448.jpg
 


毛羽立ちが気になる時は、ニードルの先に絡ませて、軽く刺したり、
毛羽立ちだけを切るように、ハサミで軽く整えたりします。

 

これで女雛は完成です。
お疲れさまでした(*´∀`)

次は男雛ですが、作り方はほとんど同じなので、
違いだけ書いていきますね(・∀・)

スポンサーリンク


男雛の作り方

女雛との違いは、着物の色と髪型と小物。

作り方は、ほとんど同じなので、違いを下にあげますね。

 

 着物の色
女雛のピンクが水色、赤がに変わります。

 

 髪型
男雛は、髪の毛じゃなく、帽子になります。

作り方は、ほぼ同じで、違いは、
前髪の山型がないのと、
後頭部にぺろ〜んとした飾りがつくことです。

調べると、「纓(えい)」と呼ばれるもので、
位が高いことを表しているんだそうです。

黒のフェルトで、形は、長方形の角を丸くしたものを、
平額のときと同じように、ハサミで頭をカットして
埋め込んでいきます。

長方形を作るには、フェルトを畳んで、
小さな長方形を作ってから、ニードルで刺して、
硬めていきます。

 
 小物
檜扇の代わりに、「笏(しゃく)」を持たせます。

式の流れを書いた紙を貼るものが、
次第に、威厳を示すものに変わったそうです。

学生の頃の運動会などで、
プログラムが書かれた「しおり」がありましたが、
あのようなものだったのでしょうか??

これは、茶色のフェルトで、三角形に近い長方形を作って、
胸の前につけます。

20131128-214624.jpg

 

親戚にプレゼントするために作ったのに、
いつの間にか、娘の机に飾られていました(・∀・)

また、作らなきゃなぁ。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫