赤ちゃんの花粉症を予防するには?5つのポイントでバッチリ!!


花粉のつらい季節が、またやってきました!

大人でもきついのに、
赤ちゃんは、自分で言えないし、
あの小さな鼻や口が詰まってしまうと、
きっと、もっとつらいかも・・・

Joachim crying
Copyright © 2011 Joachim crying by Kit4na, on Flickr
 

私自身は、花粉症ではないのですが、
上の娘は、「アトピー」と「喘息」。

下の弟も、先日、「喘息」と言われたので、
二人とも、アレルギーを持つ、
時代の流れにのった、現代っ子です。

いつ花粉症になっても、おかしくないので、
この時期になると、不安です(>人<;)

 

早くから、花粉症になると、
学生になったときに、通学や体育の時間、
外にいる時間が多いうえ、勉強にも影響が出てきたら…
と、心配でたまりません(-ω-;)
 

そうなると、先に予防しておきたいのが、
親の純情、愛情、思いやり。

 

どうしたら、赤ちゃんの花粉症が予防できるの?
しっかりと調べてみたので、
同じような悩みを持つ、ママやパパのために、
シェアしますね(*´∀`)
 

どうぞ、杉が近くにあれば、
力強く、にらみつけながら、
くつろいで、ご覧ください(・∀・)

(えーっと、、、、って、くつろげるかっ!!!)

スポンサーリンク

花粉症って?なぜなるの?

ここは、よく知られていると思うので、
簡単に説明しますね(*´∀`)
 

花粉症は、植物の花粉が、
目や鼻の粘膜についたときに起こる、
アレルギー性の症状

マスクをしている人が増えると、
「こんな時期か」と、
季節まで感じるようになってきましたよね。
(またきたか 杉にらみつけ 花粉症)

 

 どうして、花粉症になるの?
 

 アレルギーは基本的に、免疫力の過剰反応で起こります。

よくバケツに例えられていますが、
ここでは、湯のみに例えましょう。
(あんまり変わってないっ!Σ(・□・;))

みんな、それぞれ、体の中に、
花粉を入れる、湯のみを持っていて、
湯のみに、花粉が入りきらなくなって、
あふれた時に、アレルギーを発症するそうです。

 

 乳幼児は、まだ湯のみに入るほどの花粉を吸っていないから、
大丈夫じゃない?
 

 いいえ
少し前まで、そんな考え方だったのですが、
乳幼児でも発症します。

ちょっと、見ていただきたいのですが、
ロート製薬が、16歳未満の子どもを持つ父母、8505人に、
花粉症の調査をしたところ、
以下のような結果になったんです。

2006年と、少し古い調査なので、
今は、もう少し割合が多くなるかもしれません。

花粉症を持った16歳未満の子どもは、全体の30.2%

【内訳】
0歳・・・2.2%
3歳・・・9.2%
5歳・・・8.2%
10歳・・・9.3%
15歳・・・1.3%

10歳までに発症する子が、とても多いんですねー(>人<;)
 

この時期の思春期は、イライラしそうですね。
覚悟しておかなきゃ(-ω-;)
 

1歳までの子どものうち、
74%がアトピー
52.6%が食物アレルギー。

これが噂の、行進曲のように、
アレルギ-が、軽やかに連鎖するという、
アレルギーマーチですね♪
(なぜ楽しげにっ!?)

うちの子どもたちも、軽やかに、
発症しそうです(ノ_-;)
 

さらに、親が発症している場合の、
子どもの発症率は、84.1%

反対に、親が発症していない場合は、14.1%

遺伝も、関係ありそうです・・・
花粉症のパパやママは、心配でしょうね(-ω-;)

 
個人的な考えとしては、年齢が低いほど、
湯のみも、すぐに壊れやすいのでは?と思っています。

 
さて、そんな花粉症の予防方法、
どんなものがあるのかは、
次にすすみましょう。

スポンサーリンク



 

赤ちゃんの花粉症予防

花粉症の予防方法は、
赤ちゃんも大人も変わらないようです。

基本の「き」は、花粉を体内に取り入れないこと。

 

具体的に、どうするのか、
見ていきますよ。

1.外に出ない

まずは、窓を閉めて、引きこもる!

なんとなく息苦しいですが、ガマン、ガマン。

外出するのは、買い物のときなど、
最低限に控えてあげましょう。

 

2.空気清浄機

室内に入った花粉を取り除くのに、
効果的です。

「花粉症モード」がついている、空気清浄機もありますが、
強く風を送って、花粉を下に落として、
弱い力で、吸いこむ方法がほとんど。

なので、ついていない清浄機は、
10分ぐらい強で運転して、
そのあと、弱か普通にするといいですよ(*´∀`)

また、湿気があると、花粉は下に落ちてくるそうなので、
さらに、加湿器をつけたり、
加湿機能付きの空気清浄機を使ってみるのも、
よさそうです。

 

3.花粉がつきやすい服を着ない

花粉がつきやすい、服の生地があるんです。

なんだと思います?

ウールやフリースなんです。

他にも、レザーやファーもそうなんですが、
はたいても取れにくいうえに、
ウールやフリースは、生地の中まで潜りこんでしまって、
なかなか取れなくなることも!!Σ(´□`ノ)ノ

はたくと、すぐに花粉が落ちる生地は、
庶民派の味方、デニム、ナイロン、ポリエステル
 

外出先から帰ってきたら、
玄関先で、「パッパッパスタ!」と言いながらはたいて、
花粉を落としてから、入りましょうね。

気分によっては、「パイナップル」もオススメ(*´∀`)
(常夏かっ!)
 

他にも、帽子をかぶったり、
ベビーカーにも、専用のマスクカバーをするのも有効です。

毎日使うなら1週間、
毎日じゃなくても、1ヶ月ぐらいしか使えない、使い捨てです。

もったいなくて、私は買いきらないですが、
PM2.5対策、放射能対策としても、
結構売れているようですよ。
バギーマスク / ベビーカー★税込1980円以上で送料無料★バギーマスク(1枚入)[ベビーカー]

赤ちゃん用のマスクもあるので、
嫌がらない赤ちゃんには、いいのかもしれません。
(好きな赤ちゃんは、そういなさそうですが・・・)
 

4.免疫力をあげる

基本的な生活習慣を見直したり、食生活を見直して、
花粉症も、気分も軽くなった人は、多いようです。

私も、一番は免疫力が大事だと考えています。
 

うがい・手洗い、そして、
昔から言う、早寝・早起き・早便!プラス食生活。
 

娘のアトピーの先生も、食生活に一番力を入れていて、しつこく、
「明治・大正時代の食生活をしなさい」
と言っていました。
知らないんですけどー( ;´Д`)

 
ヨーグルトもいいと言われたりしますが、
授乳中なら、乳製品を摂ると、
詰まりやすいので、気をつけてくださいね。

こちらの記事で、もっと具体的に、
免疫力をあげる方法をのせています。
免疫力を高める5つの方法!!脳を騙して笑う!?

 

5.清潔にしすぎない

花粉症の薬を研究している、理研横浜研究所の、
谷口克センター長が、
花粉症にならないための9カ条を提案しています。

  1. 生後早期にBCGを接種させる
  2. 幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
  3. 小児期にはなるべく抗生物質を使わない
  4. 早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
  5. 適度に不衛生な環境を維持する
  6. 猫、犬を家の中で飼育する
  7. 狭い家で、子だくさんの状態で育てる
  8. 農家で育てる
  9. 手や顔を洗う回数を少なくする

BCGは、アレルギーの予防にもなるらしいですね。
知りませんでした!

全体的に言えるのは、
清潔にしすぎないことのようです。

少し、周りに細菌がある状態にして、
体を慣らすのが、花粉症予防にもなるようですね。

十兵衛杉 - Yagyu // 2010.05.02 - 1
Copyright © 2010 十兵衛杉 – Yagyu // 2010.05.02 – 1 by Tamago Moffle, on Flickr
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

やっぱり、赤ちゃんも苦しければ、
機嫌も悪くなってしまって、
親もつらい(ノω・、)

これじゃ、悪循環ですものね。

 
我が家の子ども達は、アレルギー体質なので、
湯のみが小さいかも…。

いつかは、花粉症になる覚悟ですが、
できるだけ、ジタバタしてみようかと思います(。-∀-)
 

なるべく、花粉から遠ざけて、
湯のみを丈夫なものに、してあげましょうね♫


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

6件のコメント

  • つい先日パパになりました。

    なので赤ちゃん系の記事、とても参考になります!

    これからも、育児関係の記事楽しみにしています。

    • sonoko

      うわぁ、おめでとうございます(*≧ω≦)

      初めてのお子さんでしょうか?
      慣れない育児に戸惑うことも、あるかもしれませんが、
      その存在は、素晴らしいですよね!!

      何か、力になれるよう、育児関係の記事も頑張ります!!

      いや、本当に嬉しいご報告、ありがとうございました。
      私も、嬉しくなりました(*´∀`)

      • 返信ありがとうございます♪

        はい、第一子です。
        ちなみに、女の子でした^^
        ありがとうございます。
        新米パパとして、ママのサポート頑張ります!

        育児されてるママたちは、とっても忙しいと聞きます。
        そのこさんは、記事を忙しい中、書いていると思いますが、
        どういった時間を、記事を書く時間に、あてているのですか?

        質問で申し訳ないですが、よろしくお願いします><;

        • sonoko

          女の子ですかー(*≧ω≦)

          パパにとっては、また特別な存在ですね。

          産後のママは、慣れない育児と体力、
          精神的にも不安定なので、
          是非とも、サポートをお願いします!

          私の場合、恥ずかしいですが、
          子どもが寝た時間やテレビに夢中になってる時間、
          料理しながら、情報収集して、
          次の日のスキマ時間に、記事を書いていくという
          スタイルが出来上がっています。

          特に秘策があるわけでもなくて、恥ずかしいですが、
          こんな感じです(^_^;)

        • ありがとうございました。

          やっぱり、コツコツやっていくしかないんですね^^
          そのこさん素晴らしいと思いますよ!ホントに!

          実は、私の嫁もこういったブログに興味が出ていて・・
          これからも相談にのってください><w

        • sonoko

          いえいえー、私に出来ることなら、いつでもどうぞ(*´∀`)

          そんなに、褒めて頂いて、ありがとうございます。
          ヤル気が出ます!!

          時間を作り出さなきゃいけないので、
          ちょっと忙しくはなりますが、それができるなら、
          家でできるので、ママにはオススメです(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫