入学式に付けたいコサージュ!何色が合う?どこに付ける?


入学式に着ていくスーツ。

もうちょっと、華やかにしたいなぁ・・

 
そんなときに、パッと明るく出来るものが、
実は、あるんです!
 

その名も、

ジャ、ジャジャーン!

どこでもコサージュ!!

 
「どこでも」は、余計でしたが、(えっ!Σヽ(゚∀゚;))
コサージュがあれば、
とても華やかな雰囲気に変わりますよね。

 

「何色が合うの?」
「どこにつけたらいいの?」
「つけなきゃダメ?」

初めての入学式に、
はじめてのコサージュ。
 

私も最初は、バッチリ合っているつもりで、買いましたが、
入学式が近づくにつれて、
「これで、合ってる?」
と、不安になりました(・ω・`)

 

そこで、同じように不安な気持ちのあなたに、
先輩ママの私から、
コサージュの色や、付ける位置
を、惜しみなく、教えていきますよ!

あ、ちなみにタブーの色もあるので、
要チェックです!
チェキラッ!!

スポンサーリンク

コサージュはどんなものを選んだらいい?

そもそも、「コサージュ」は何のためにつけるか、
ご存知ですか?

服装を華やかにするため?

それも、ありますが、
もともとは、相手に喜びを伝えるために、
花を胸元に飾ったものなんです。

胸元の他に、腰につけたり、腕につけたり、
髪の毛につけたり、頭にのせたりします。
(花カッパかっ!∑(゚Д゚))

 

種類は、大きく、造花生花
分けられます。
 

 造花コサージュ
造花は、どんどん進化(?)していて、
種類としては、

  • シルクフラワー
  • april 12 corsage
    Copyright © 2009 april 12 corsage by What I Wore, on Flickr

    「アーティフィシャルフラワー」とも言われ、
    パッと見、「本物?」と思うようなもの。

    シルクのように、きれいという意味で、
    シルクでは、ないんです。
    (んー、紛らわしいっ(; ̄ェ ̄))

    とても華やかで、ホワッとしたものや、
    シュツとしたものまであります。
    (なんてアイマイな表現∑(゚Д゚)政治家かっ!)

    もわろん、入学式にもオススメです。

    個人的には、小さな花を集めたものより、
    大きな花で、ホワッとしたものが好きです。

     

  • オーガンジーコサージュ
  • Treasures
    Copyright © 2011 Treasures by DearPioneer, on Flickr

    透けた素材のオーガンジーを使って、
    花を作ったもの。

    ふんわり、ふわふわとした雰囲気になります。

    個人的に、デザインにもよりますが、
    小さめのものが、ふわふわし過ぎないので好きです。

     

  • 布コサージュ
  • DIY Pom Pom Corsage
    Copyright © 2012 DIY Pom Pom Corsage by Stacie Stacie Stacie, on Flickr

    布生地で作ったコサージュ。
    色も形も、いろいろなものがあります。

    素材は、シルク(今度こそ本物!?Σ(・□・;))
    サテン、ツイード、ベルベット、レースなど。

    ベルベットは、冬ものなので、
    卒園式はOKですが、入園式はNG

    その他に、入園式にふさわしくないものは、
    麻、木綿、ニット、フェルト素材の、
    カジュアルなもの。

    デザインも幅広いので、
    入学式にふさわしく、華やかなものもあれば、
    手作りっぽい、カジュアルなものもあるので、
    そこは、判断くださいね。

     

  • ビジューコサージュ
  • Sienna Rose a wrist corsage
    Copyright © 2010 Sienna Rose a wrist corsage by Social Butterfly Jewellery, on Flickr

    パールや、クリスタルといった、キラキラした
    ビジューを使ったコサージュ。

    造花にビジューがついたものや、
    花っぽくないデザインのものも多く、
    あまりに、キラキラして、まぶしいものじゃなければ、
    入学式もOKです。

    存在感があるので、小ぶりの方が上品になります。

    もちろん、入学式にもオススメです。

 

 生花コサージュ
娘の小学校では、先生たちが、
生花のコサージュをつけていました。

保護者は、造花がほとんどでした。

活き活きとした感じが、やっぱり造花とは違いますよね。

  • 生花コサージュ
  • Ivory/Lilac  Full Rose corsage
    Copyright © 201 Ivory/Lilac Full Rose corsage by babybizcakes, on Flickr

    文字通り、生きた花を使ったコサージュ。

    普通に、花屋さんで買えるんです(*´∀`)

    花屋さんの話によると、
    1,500円以上が、貧相にならないラインとか。

    数日は、持つんだそうですよ。

    自分でも作れるみたいなので、
    オリジナルの、思い入れのあるコサージュになりそうです♪( ´▽`)

     

  • プリザーブドフラワーのコサージュ
  • Corsage
    Copyright © 2012 Corsage by slgckgc, on Flickr

    生花を加工して、作られたブリザーブドフラワーを使った、
    コサージュで、とっても長持ちするのが特徴。

    ちょっと料金は高くなりますが、
    とっても長持ちします。

    卒業式を通して、入学式、
    後はずっと飾って使えるので、
    トータルとしては高すぎないのかな、と思います(。-∀-)

 

布コサージュの素材で、
入学式に、ふさわしくないものがありますが、
大体は、入学式に使えるんですね。
 

じゃ、色は何色がいいかな?

それは、次を見てから決めてみましょう。

corsage
Copyright © 2006 corsage by saotin, on Flickr
 

コサージュの色は何色?

色は、タブーとされるのは真っ黒です。

黒いコサージュは、「喪をあらわしている」
と言われていて、
本来、お祝いの場ではつけていかないものなんです。

濃いグレーなら、OKですよ。

 

ですが、最近は、
ビジューがついたものや、キラキラしたもので、
お祝いぽいものが、あります。

喪につけていくと、
「???」
と、みんな目が点に。

だからなのか、
卒業式・入学式につけていく人も、割といるようです。

知っている人から見ると、「縁起が悪い色」なので、
なるべくなら、避けたいところ。

 

 じゃ、何色がいいの?

 やっぱり、ピンク系のコサージュは、
何色のスーツでも、合わせやすいです。

特に、サーモンピンクは、
かっこ良くて、歌も歌って、俳優もできて、
写真の才能まである、福山雅治さんのような、万能色です。
 

デザインや素材にもよりますが、
基本的に、淡い色なら大きめもステキですが、
濃い色なら、小さなものが上品に仕上がります。

 
生花は、季節の花を取り入れたりしますが、
造花なら、花の種類は問いません。

いや、やっぱり、椿とか梅など、
冬っぽいものはやめてた方がいいかも。

 

 何色のスーツでも、ピンクがいいの?他の色は?

 ピンクが無難というだけで、
他にも色々組み合わせはあります。

今度は、スーツの色から、
コサージュの色を選んでみましょうね。

 

先に言っておきますが、
スーツのデザインや、コサージュのデザインにもよりますし、
もちろん、あなたの雰囲気でも変わります。

完全に、個人的な意見なので、
「絶対」ってことはありません。

黒以外のタブーはないので、基本的に自由です。
イエス、フリーダム!!
 

間違いないのは、
薄い色のスーツには、同系色の濃い色、
濃い色のスーツなら、薄い色の同系色かピンクです。

 

薄いピンクのスーツに、淡い色を合わせるなら、
ピンクや、紫やグレーもステキです。

ふんわりした素材のコサージュにすると、
ふわふわ、ほわわーんとした雰囲気になるので、
そういう感じの人には、ピッタリするかも。
 

反対に、普段から
「仕事が出来て、テキパキして見られる」人で、
特に若い人は、似合いづらい、
言葉を変えたら、「老けて見られる」かも(-ω-;)

そういう人は、濃いピンクや、オレンジ、赤、青など、
メリハリのある色の花か、
パールなどの、ビジューコサージュが、
お似合いかな、と思います。

 

ホワイトに近い、ベージュのスーツは、何色でも合わせやすいですね。
スーツで言う、福山さん。

同系色のサーモンピンクや、茶色や黄色、赤、オレンジ
を合わせると、明るくて優しいママ風(笑)
 

メリハリをつけるなら、紫や青、
他に、深い緑も印象的ですね。

自分の意思を持った、ちょっと個性的で、
シッカリしたママっぽくなります。

普段から、シッカリと見られがちな人は、
「教育ママ」っぽく、堅いママに見られるので、
ピンクのスーツと違って、
ふんわりとした感じのものがオススメ!

 

黒いスーツは、何色をつけても映えますが、
どちらかと言えば、淡い色でふんわりしたものの方が、
黒のピリッとした雰囲気を、和らげてくれそうです。

私も、黒のスーツだったので、
薄いピンクのシルクコサージュで行きましたが、
なかなか、好評でした(*≧ω≦)

 

ダークなグレー系のスーツは、
顔色が、くすんで見えがち。

白やピンクや赤、オレンジなどの、
淡くて明るい色が、顔色を明るくしてくれるので、
オススメです(*´∀`)

 

買いに行くときのコツ
色によっては、顔がくすんで見えたり、
似合わない色もあるので、
スーツの色と、同じ色の服を着ていって、
当てて合わせながら、決めるといいですよ
( *´艸`)

誰か連れて行って、客観的に見てもらうのも。

 

コサージュの色は、これでバッチリですね!

次は、つける位置を見てみましょう。

スポンサーリンク



 

コサージュのつける位置は?

つける位置も、決まりはなく、自由なのです。
イエス、フリーダム!!

 
スーツにつけるなら、左胸が一般的

脇の付け根と、鎖骨の間ぐらいが、
顔を明るく、キレイに見せるようです。

ただ、色やデザインで、
違うかもしれないので、
顔が明るく見えるように、
鏡の前で、微妙に位置を変えながら、
ベストポジションを探してみてください。

 

 必ず、コサージュってつけるべき?

 付けないといけないものでは、ありませんが、
付けると、グッと華やかになって、
顔も明るく見えたりします。
 

また、地域でも違うようで、
都会に行くほど、つけない人が多くなるようです。

私の住んでるところは、
「田舎の方だけど、中心部」という微妙なところですが、
コサージュ率は、7割ぐらい。
(やっぱり、田舎ってこと?)

 

「顔色を明るくしたいけど、コサージュは恥ずかしい」
という、都会派(?)のあなたには、
他に、顔周りを明るくする方法として、

  • パールのネックレスをする
  • コサージュ付きのネックレスをする
  • 花のカメリアをつける
  • 花以外のビジューコサージュをする

という手もございます。

パールのネックレスは、
結婚式では一連しか使えないので、
ここぞとばかりに、
二重三重のネックレスをつける人も。

Bruine rijst kralen + Acryl + corsage drie lagen lange ketting
Copyright © 2010 Bruine rijst kralen + Acryl + corsage drie lagen lange ketting by xubangwen, on Flickr
 

まとめ

いかがでしたか?

写真にも残るので、
コサージュに限りませんが、
顔周りは明るくしていた方がいいのかな、
というのが、私の意見です。

どうぞ、スーツに似合うコサージュを探して、
安心して、入学式をお迎えください(*´∀`)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫