醍醐寺の桜はすごい!!見頃はいつ?駐車場はある?


春の京都は、桜がとてもきれいですよね。

「そうだ、京都、行こう」

JR東海のCM、ご存じですか?

もう、桜がめっちゃキレイなんです。
たった30秒なのに、「ふわー」って、
惹き込まれちゃうんです。
ため息も出ちゃうんです。

私が言っても、アレやコレなので、
パッと動画で見たほうが、分かりやすいかも(・∀・)

 
春の旅行先としても、人気の高い京都。

とにかく、JR東海のCMのお寺に行きたい!!

 
そこは、豊臣秀吉が花見をしたと言われる、世界遺産の醍醐寺

醍醐寺の桜を、見に行きたくて、行きたくて、
見どころや、アクセスについて、詳しく調べまくりました

ぜひ、春の旅行の計画を立てるのにも、
お役立てください(*´∀`)

スポンサーリンク

醍醐寺の桜の見どころ!

そんなに、桜がキレイなの?

どんな桜があるのか、調べてみると、
かわづ桜、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラ、
そして、三宝院の大紅しだれ、金堂わきに大山桜。

たくさんの種類の桜があり、
見頃の時期もそれぞれ違うので、
3月下旬から4月の中旬まで、約3週間楽しめるんです。

3週間、通ってもいいですが、
外す時期が少ないのは、嬉しいですよね(*´∀`)

 

さて、桜は何本あるでしょう?

桜の数は、約1,000本!

そのうち、秀吉が、花見のために、
約700本を植えたそうです。
 

ちなみに、この花見を、「醍醐の花見」と言って、
花見に誘われたのは、ほぼ女性。

各地の食べ物や、お土産物を取り揃えた、
かなり豪華な花見だったのですが、
秀吉の周りの女性と、子どものための、
身内のみの花見だったんです。
(セレブかっ!!や、セレブかΣ(´□`))

さらに、薩摩藩の島津家には、女性約1,300人の着物を、
衣装替えの分まで、3着ずつ頼むのですが、
島津家も、イジメと知りながら、
最高級の着物を、取り揃えるのです。

江戸時代に入っても、
島津家はイジメられますが、
あえて、その上をいこうとする姿に、
ちょっと、しびれます(*≧ω≦)

 

拝観時間や料金はいくらかかる?

【拝観時間】
午前9時~午後5時(3月から12月第一日曜日まで)
※午後4時30分には、受付終了するので、ご注意を。

上の上醍醐へは、午後4時まで。
 

?と思ったあなた、
醍醐寺はかなり広く、その敷地、約2万坪

山のふもとを、下醍醐
山の方を上醍醐と呼ぶんです。

サッカーコートで言うと、約8面分。
センターラインからゴールまで、
かなり走らないと、ゴールできませんね(・∀・i)
(マラソンサッカー?)

20131222-044119.jpg
出典元:醍醐寺HP

 

【拝観料】
拝観料がかかるのは、以下の三カ所。

  • 三宝院
  • 伽藍(金堂・五重塔等)
  • 醍醐寺霊宝館

それぞれ、一律の別料金です。

大 人   → 600円
中高校生 → 300円
※小学生以下は無料

 

「なぬー!」というあなたには、お得なセット券もあるんです。

【2カ所セット】
大 人   → 1,000円
中高校生 →  500円
 
【3カ所セット】
大 人   → 1,500円
中高校生 →  750円

 
どうせなら、朝早く行って、
一日をかけて、ゆっくりとのんびり、
温泉にでも浸かるように、(そこまで、くつろぐっ!?)
3カ所とも回るのが、おすすめ。

そして、余裕があれば、
上の上醍醐まで、登山してみましょう!

下をゆっくり周るのに、2時間ぐらい、
頂上までは、1時間ぐらいです。
(寒いので、防寒対策を)
 

おっと、忘れそうでしたが、入山料がかかります。

大 人   → 600円
中高校生 → 300円
※小学生以下は無料

 

では、次は、醍醐寺の見どころを紹介しますね(*´∀`)

スポンサーリンク



 

醍醐寺の花見の見どころ

見どころの先に、
この時期おすすめのイベントから紹介しますね。

やっぱり、この時期に醍醐寺で行われる、
特別なイベントを、知らなきゃ損ですからね(*≧ω≦)

 

それは、毎年4月の第2日曜日に行われる、
秀吉の、豪華絢爛な花見を再現した、
「豊太閤花見行列」です。

もちろん、これには男性も参加してOkです。
 

秀吉や、側室の女性たち、大名などが、
列をなしてきて、
金堂前にある、特設舞台で、雅楽・今様・狂言・地元少女による踊り
などを披露するのです。

三宝院から仁王門までは、無料で見れるので、
けっこう、ごった返しています。

ごった煮の具の気持ちが、少し分からないでもない。
いや、やっぱり分からないでしょう!!
(なぜ、急に強気に!?)
 

約1時間前には、中でいい場所を取っておくのが、おすすめ。

 

さて、見どころですが、
入ってすぐに、桜並木がドーン!!

桜のトンネルをくぐりながら、
春が来たのを、心から喜びましょう!
(イェーイ!!)

樹齢100年を超えるソメイヨシノもあり、
これは、京都でも一番古い桜とも言われています。

それだけじゃありません。
 

 三宝院
玄関前のシダレ桜が、見事な三宝院。

中の庭園には、桜はないのですが、
秀吉が設計したと言われる、大庭園は、
一見の価値あり!必見です。

 

 霊宝館
国宝を含めた、寺宝が約10万点以上も収められているんです!

この奥の庭園には、
樹齢、およそ200年のしだれ桜も、
「おっかぁ!」じゃない、「圧巻」です!

少し早目に咲くので、こちらを目当てにするなら、
3月下旬から4月初旬がおすすめ。

IMGP9060
Copyright © 2013 IMGP9060 by Kyoto-Picture, on Flickr

 

 五重塔
桜ではないですが、951年に建てられた、
京都最古の建築物、「五重塔」も醍醐寺の見どころの一つ。

世界遺産に登録されている重要文化財も、
たくさんあるので、建築物も見逃さないでくださいね。

秀吉が再建にもかなり力を入れたお寺で、
栄華を極めた、豪華な建築物や貴重な建築物の宝庫です。
 

何年も時を経て、秀吉と同じ光景を見ているのは、
不思議な気持ちになりますね。

 

食事は、「雨月茶屋」が醍醐寺内にあり、
どの料理も美味しい、京料理が頂けます。

桜の時期は、人が多いので、予約がおすすめ。

tel:075-571-1321

 

アクセスは?

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
tel:075-571-0002

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

 

行き方は、車と電車の場合を載せますね。

 

 車の場合

  • 名神高速道路京都東インターで下車、
    五条方面に向かって、奈良街道に入り、醍醐方面に進みます。
    (約20分)

    奈良街道が細いので、ご注意を!

  •  

  • 阪神高速道路8号京都線山科出口より、
    新十条通りを直進。
    山科区役所前交差点を右折して、外環状線を醍醐方面に進みます。
    (約20分)

【駐車料金】700円 (100台駐車)

 
渋滞しているので、車は控えるか、
8時から空くので、早めに来られた方が良さそうです。

 

 電車

  • 山科駅(JR・京阪・地下鉄)より、京阪バス22・22A・24・24A号経路「醍醐三宝院」下車。
  • 地下鉄醍醐駅より、徒歩10分(パセオ・ダイゴロー東館2階から続く「緑道」を使う)。
    または醍醐コミュニティバス4号路線「醍醐寺前」下車。
  • 六地蔵駅(京阪・JR・地下鉄)より、京阪バス22・22A号経路「醍醐三宝院」下車。
  • 京都駅八条口より、京阪バス山科急行線「醍醐寺」下車。

スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫