ハンドメイドのこと

ミシンの糸のかけ方!初心者さんも動画でバッチリ!

「さて、ん十年ぶりに、ミシンを使おう!」

はて??

糸は、ここで、ここに通して、こうして・・・

あれ??

どうするんだっけ??

さっぱり分からない!!

ミシン

大丈夫です!!

呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃジャーン!!
私にお任せあれ!
少し前の私がそうでした。

ミシンの使い方がよく分からないから、
手縫いでバッグや洋服を作っていましたが、
実は壊れていたミシン。

 

義理の母が貸してくれたけど、
壊れていたのか?
はたまた、壊してしまったのか?

修理屋さんに診てもらっても、
「修理もできない」と言われて、
中古を買うことに。

 

返そうとすると、
「使いなさい」
と優しく置いてってくれた、
優しくプレッシャーのかかったミシン。

そんな私の(ものになった?)ミシンですが、
不器用な私でも、ちょこちょこと使えるようになりました。
そして、今回、
妹が子どもの入園をキッカケに、
ミシンを買ったのです。

「ねぇ、ミシンって糸から針まで遠いんだけど?」

(え?糸こまから針まで直接行くつもり???)
そこで、同じように悩んでいるママのために、
ミシンの糸のかけ方を、詳しく説明していきましょう!

ミシンの糸のかけ方

ミシンの種類で、かけ方は、
ずいぶん変わったりするので、
同じところがないかもしれません

似たようなところがあると思うので、
宝探し感覚で探してみてください。
(そんなワクワクしない、宝探しがあるなんて(-ω-;))

 

私のミシンは中古で買いましたが、
SINGER(シンガー)製で、
15年ぐらい(?)前のものだそうです。

 

ミシン屋さんが言うには、
新品で、1万円以内で買えるものより、
中古でいいものを、1万以内で買った方が、
ずっと使えるんだそうですよ(*´∀`)

 

前置きが長くなってしまいましたが、
本題に行きましょう!
(やっと!?)

 

まずは、動画を撮ったので、
ゆっくりご覧ください。

フリースのパジャマがチラッと出るけど、
スルーしてね(・∀・i)

ムーミン柄でかわいいけど。
(スルーしずらいわっ!)

 

では、

  • 上糸のかけ方
  • ボビンのはめ方
  • 下糸の出し方

と、順に進んでいきますね(*´∀`)

 

上糸のかけ方

機種によって、違いがありますが、
似たような形のミシンは、
だいたい同じような作りにはなっているので、
ご自分のミシンと見比べながら進んでください。

 

各部分の名前はこちらをご覧ください。

ミシンの各名前
クリックすると、大きくなります。

大きくなりすぎるので、
ちょっと落ち着いてから、クリックを。

 

必要じゃない部分の名前は、省いています。

私も、さっき知った名前もあるので、
そんなに、メモらなくても大丈夫!(・∀・)

 

    1. まずは、糸立て棒に「糸こま」をのせます。
    2. 糸かけに引っかけます
    3. 上糸調整ダイヤルの、すぐ左の溝を通ります。
    4. たまに、キチンと溝に入っていないことがあって、その時はやっぱりキレイに縫えていません(>人<;)
    5. 一旦、下の糸かけにかけます。
    6. 左にある天びんに、糸を引っかけます。はずみ車を回すと、鶏の頭のように動くヤツね。
      中腰で歩きながら首を前後に動かすと、うまく鶏の歩き方ができます。
      ポイントは、背筋を伸ばして首から上だけ動かすこと!
      そして、急ぎ足で進んで手は後ろに組みましょう!
      慣れると、さらに気持ちまで鶏っぽくなります。(ハッ!違った!Σ(゚∀゚;))
    7. 天びんから、針に向かって下の糸かけに引っかけます
      私の持っている機種は、2カ所あります。(たぶん、あなたのも)
    8. に通して、上糸は完成ー!
      上糸がおわったので、次はボビンのはめ方にいきますよ。

 

ボビンのつけ方

ボビンに、糸が巻いている状態からいきますね。

    1. ボビンの糸の巻いている方向をよく見る!
      時計回り(右回り)に、ケースに入れます。
      水平釜タイプは、反時計回り(左回り)です。
    2. ボビンケースに入れる
      入れたら、切込みのあるところから、上に引っ張り上げます。
      カチッと手に刺激があればOK!

ミシン本体に、ボビンを縦に入れるものと、
横に入れる水平タイプがあって、後者のものは、
ボビンケースに、入れません

横タイプの、ボビンのセットの仕方は、
こちらの動画が、かなり分かりやすいです。

 

    1. ボビンケースを、ミシン本体に入れる。
      つのを上に、本体にカチッと音がするまで奥に差し込みます。

はい、下糸はこれでOK!

次は、下糸のすくい方にいきますよ。

 

下糸のすくい方

左のはずみ車を手前に回して
針を下して、また上まで上げます。

これで下糸がすくえます。
戻りが悪いと、うまくすくえないことがあるので、
しっかりと針を引き揚げましょう

引き揚げたら、縫う時の邪魔にならないように、
後ろに垂らしておきます。

10cmくらいは垂らしておきましょうね。

 

お疲れ様でした。

これで、糸のセットが完了です!!

 

 いきなり縫わないでね
縫い始めるときには、はずみ車で
針を布に刺してから、布押さえを下しましょう。

 

それから、スタート!

いきなり、縫い始めると、
布が暴れたり、針に負担がかかって、
折れる原因にもなりますからね。

上糸と下糸の調子は、こちらの記事を参考に。
→ ミシンの糸調子の合わせ方!チェックすべきところはココ!![/illust_bubble]

 

うまくなるには、数をこなすのが一番!
(鶏マネもね)

ぜひ、楽しいミシン生活を(*´∀`)

-ハンドメイドのこと
-,

© 2021 大人の歩き方