ハンドメイドのこと

ミシンの糸調子の合わせ方!チェックすべきところはココ!!

「うまく、ミシンが縫えない!!」

と、お困りですか?

ミシンを使って、
「フン、フーンフーン♪」
なんて、いい感じに縫っていて、
終わってみると、

裏がぐっしゃぐしゃ!!Σ(´□`ノ)ノ

「これって、故障!?」

「修理に出さなきゃいけない!?」
待って!

あきらめないで!
(真矢みきかっ!)

 

それは、糸調子が合っていないのかも。

他にも、チェックできるところがあるので、
ゆっくりと、草原にでも横たわって、
見ていきましょう!!

(ミシンの電気が入らないっ!Σヽ(゚∀゚;))

糸調子の合わせ方

上糸と、下糸のバランスを取ることを、
糸調子と、呼びます。

 

上糸が強いと、下糸が引っ張られるので、
上に上がってきます。

下糸を強めるか、上糸を弱めましょう。

上糸が強い
逆に、下糸が強いと、上糸が引っ張られて、
下でモソモソ、ゴニョゴニョします。

この時は、
下糸を弱めるか、上糸を強めましょう。

下糸が強い

 

このままでは、見た目もよくないし、
余計な負担が、かかってしまって、
ミシンの故障の原因にも、なったりしてしまいます(>人<;)

 

同じ力加減でやる、綱引きのように、
バランスを取るのが大事!
(その綱引き、かえって難しそう(-ω-;))
まずは、下糸から見ていきましょう!

 

下糸の糸調子の合わせ方

水平釜タイプのミシンは、
使ったことがないのですが、
糸調子の合わせ方は、
素人には、むずかしいようです。
上糸の調整をするしかないかな・・・
でも、あきらめないで!
(また、出たっ!)
ほこりが、詰まったりしても、
糸調子が、うまくいかなかったりするもの。

マイクロファイバーのような、
ほこりを取りやすいもので、
ほこりを取ってあげましょう!

綿棒もよさそう。

掃除をしていないミシンなら、
これだけでも、効果があったりしますよ(*´∀`)

 

ボビンケースに入れる縦釜のタイプは、
ボビンケースで、糸調子を合わせます。

合わせ方は、

    1. まず、ボビンの糸の方向が、
      時計回りになるように、ケースに入れます。
    2. 切込みのあるところから、
      小さな窓の方へ、カチッと手に刺激が伝わるまで、
      引っ張ります。
    3. 糸を取って、空中にブラーン。
      ボビンによる、空中ブランコ!!

少し糸が出て、とまったら
空中ブランコの達人!
つまり、バッチリ!最高!ってことヽ(・∀・)ノ

スルスルと下まで行くようなら、ゆるすぎ

糸がなかなか引っ張れないときは、硬すぎです。

 

ボビンケースを締めたり、ゆるめたり、
調整の仕方を書いていきますが、
その前に、やっぱり掃除!
こちらのタイプは、
素人でも分解しやすいのが特徴ですが、
自信がないなら、
綿棒などで、取れるほこりだけでも、
取っておきましょう。

ボビンケースの溝にも、
ほこりが、溜まっていることもあるので、
よく見てみてくださいね(・∀・)

 

ボビンケースの調整の仕方

ボビンケースの横についている、
ネジを締めたり、緩めたりすることで、
調整をします。

ボビン
右に回すと強くなり、左に回すと弱くなります。

古いボビンケースの場合、
金具自体が、曲がってしまっていたり、
壊れていることもあります。

その時は、ボビンケースだけ買い換えてみるのも(*´∀`)

 

これで、下糸の調子を整えたら、
次は、上糸の調子を見ていきましょう。

 

上糸の糸調子の合わせ方

次に、上糸の調整の仕方ですが、
その前に、糸のかけ方がまずいときがあります。

私が一番してしまうのは、
調整ダイヤル横の溝に、糸をとおす時、
キレイに真ん中を通っていないことです。

調整ダイヤルを回しても、
上糸に変化がないときは、
糸のかけ方が、間違ってる時がありますよ。

 

糸のかけ方については、
別記事で書いているので、
気になったときは、参考にしてみてくださいね(*´∀`)

参考ミシンの糸のかけ方!初心者さんも動画でバッチリ!

「さて、ん十年ぶりに、ミシンを使おう!」 はて?? 糸は、ここで、ここに通して、こうして・・・ あれ?? どうするんだっけ?? さっぱり分からない!! 大丈夫です!! 呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃ ...

続きを見る

 

上糸の調整は、調整ダイヤルや調整板で行います。
数字を大きくすると、上糸が強くなります。

数字を小さくすると、上糸が弱くなります。

7dbp3199669
Copyright © 2011 7dbp3199669 by Wolfgang Lonien, on Flickr

まとめ

いかがでしたか?

「ほんっとに、あきらめないでよかったー」
(また、でたっ!)

そう、思っていただけたら、
これ幸いです。

それでも、うまく縫えないときに、
チェックすることは、
布に合っていない、糸や針を使っているときです。

 

布にあった糸と針は、これを参考にしてください。

    • 一般的な生地  針11号 糸60号
    • 薄手の生地  針9号 糸90号

(サテン生地は、すべりやすいので、
まちばりを多くしたり、
しつけ縫いをしておきましょう。)

    • 厚手の生地  針14号 糸30~50号
    • 伸縮する生地(ニットなど)  針11号、14号 糸ニット用の糸

ニット生地は家庭用ミシンで縫うのは、
ちょっとむずかしく、次のような工夫が必要です。

  • 生地や、縫いたい場所に合わせて、
    ぬいしろ部分に、
    接着芯や、接着テープを貼る
  • 生地の間にハトロン紙や、トレーシングペーパーを
    はさんで、縫った後で破る

最後に、チェックしてみてくださいね(*´∀`)

どうぞ、一緒に楽しく、
ミシンを使いこなしていきましょう!

-ハンドメイドのこと
-,

© 2021 大人の歩き方