断捨離の意味とは?ヨガの3つの考えってなに?


断捨離って、、、何? どんな意味があるの?

と、疑問に思っていませんか?

 

雑誌とかで、「断捨離」の特集を、
よく見かけます。
 

「運気が良くなる」
「気持ちがいい」

とか、書かれてあって、興味はあったのですが、
今一つ、心に響かなかったんです。

スポンサーリンク

 
暇すぎて、ワンピースの
ブルックの斜め60°に挑戦したけど、
それでも、まだ暇だったので、

そうだ!

「断捨離」が、なんで心に響かないのか?
考えてみよう!!

 

たぶん、「片付け術」とかなら、
きっと、心にグサッと刺さったんじゃないかな?
 

なんで「断捨離」って、言うんだろう?

この言葉には、どんな意味があるの?

ただの「片付け」とは、違うの?
 

と、思ったので、片付け大好きな私が、調べてみました(・∀・)

 
どうぞ、同じように、
「断捨離」の意味が気になった方は、
ブルックの、斜め45°をマネしながら、
ご覧ください(*´∀`)

(角度が難しくなってるーーっ!!Σヽ(゚∀゚;))

The Family Room of the Kassandra Bay Hotel & Resort
Copyright © 2012 The Family Room of the Kassandra Bay Hotel & Resort by KassandraBay, on Flickr
 

断捨離の意味って?

断捨離と書いて、「だんしゃり」と読みます。

「銀シャリ」と、似ていますが、
意味は、まったく違いました。
(当たり前だっ!)
 

「やましたひでこ」さんが考えた、造語で、
「断行・捨行・離行」という、
ヨガの考えをもとに、
その頭文字を、取ってきているんです。
 

では、それぞれの意味を見ていきましょうね。

Yoga
Copyright © 2012 Yoga by RelaxingMusic, on Flickr
 

 断行(だんぎょう)
「だんこう」と呼んで、
「困難や反対を押しきって、行動する」
という、日本語の意味もあります。

ヨガでは、下のような意味を持っていました。

 

  • 入ってくるものを断つ
  • 欲望を断つ
  • いらない習慣を断つ

 

入ってくるものを断つのは、どうなの?
 

大事なものが入ってくるのは、断ちたくはありませんが、
部屋が、モノであふれてしまうのは、
いらないものが、増えてくるから

 

なぜ、増えてしまうのでしょう?
 

私の、身の回りで考えると、
子どもが増えて、モノが増えました。

他にも、

100円ショップで、いろいろ買ってしまったり、
スプレーやスチームクリーナーなどの、除菌グッズや、
料理や掃除など、主婦に嬉しい便利グッズ

そんなものが、たっくさんありますが、
たしかに、なくてもいいものや、
逆に、ない方がいいものまで・・・(・∀・i)

 

豊かになったのも、ありますが、
これって、「楽をしたい」
という欲望があるからですよね。
 

なんでも、人は、
「楽をするためには、苦労してもいい」
と思うんだそうです。
(どこで見たのかは、忘れてしまいました・・・)

 

そのためには、子どもにも、言っていますが、
「何でも、すぐに欲しがらない!」
ということですね。

 

何かを買う前には、

自分にとって、本当に必要?

片づける場所は、ある?

と、自問してみると、いいかもですね(*´∀`)

 

こういった考え方をしていくと、
自分の生活でも、
無駄な時間や、無駄な習慣などが、
見えてきたりするんだそうですよ。
 

・・・そういえば、ブルックのマネも、
無駄な時間だったかな・・・(。-∀-)

分からない人のために、書いてみたけど、コレね↓
ブルック 斜め45°
(絵心がなーいっ!!Σ(゚∀゚;))
 

 捨行(しゃぎょう)
文字通りなので、面白くないですが、
(何を求めてるのっ!?)
ヨガでの意味は、下のような意味です。

  • いらないものを捨てる
  • 自分の地位を捨てる

 
えっと、地位までは、捨てる必要はありません。
(捨てる気は、サラサラないわっ!)

 
「いらないもの」というのが、
意外と曲者で、人によって、価値観がまったく違います

 

雑誌を見ていると、

  • 写真はネットに保存して、捨てましょう
  • 過去の日記を捨てましょう
  • 手紙を捨てましょう
  • 子どものころの、使えないものは捨てましょう
  • 着ていない服は、捨てましょう

他にも、いろいろと、
使っていないものは捨てるように、書いてあります。
 

なんだか、もともとの意味より、
「とりあえず、捨てましょう!」
というような意味が、
強くなってしまっているような気がします。

 

気をつけるのは、
後から後悔しないもの
自分にとって、いらないものを、捨てること。

 
人の価値観と、あなたの価値観は、
同じではありません。
 

「捨てましょう!」
と、言われて、
何でも捨てる必要はない、と思います。

Trash Recycling with Disposal Containers
Copyright © 2011 Trash Recycling with Disposal Containers by epSos.de, on Flickr
 

あ、もちろん、いらないものは捨てるべきですね。
(オークションとかでも)
 

モノが多いと、無くしものが多いし、
気持ちも、ゴチャゴチャ
頭の中も、ゴチャゴチャしてしまいます。

 

頭の中と部屋の状態は、よく似ていると、
言いますが、コレ本当に、そう思います。

捨てていくと、気持ちも軽くなってきますしね。

 

続けていくにつれ、だんだんとプライド
低くなっていくんだそうです。

とうとう、電車の中でも、ブルックのマネができちゃう??

 

自分に必要なものが、何なのか?
を考えるキッカケにもなりますし、
本当に必要なモノを、大事に使おう!
という気持ちにも、つながるのかな。

スポンサーリンク



 

ちなみに、両親が亡くなったときに、
残された人は、処分にとっても困ります。
 

私の母も亡くなっているのですが、
当初は、残されたものを、どうしていいのか、ずいぶん悩みました。

もう、ずいぶん経っているので、
気持ちに、整理がついてきた頃から、
徐々に減らせました。

残された方のことを考えると、
モノが多すぎるのは、困りもの。

 

生きている間に、片づけておくのに、加えて、
震災など、いつどこで、何が起こっても、
おかしくない場合のため、

必要なものを、いつでも持ち出せるように
片づけておくのは、大事なことかな

 

 離行(りぎょう)
こちらも、ヨガでは、
下のような意味になります。

  • モノへの執着から離れる
  • こだわりから離れる

 

「断行」と「離行」の、2つを繰り返すことで、
モノへの執着から、離れられるんだそうです。

 

「離れてみて、やっと気づいたの!
あのモノは、私に必要だったの!」

なんて、昼メロのようなことも、
あるかもしれません。
 

それが、「執着」
 

捨ててしまったものは、
代わりになるものを探したり、
いつまでも、クヨクヨと考えないこと。
 

ブルックが居なければ、フランキーがいます!

せっかくなんで、一緒にやりましょう。

スーーーパーーー!!

フランキー スーパー
(またまた、絵心が・・・(・∀・i))

 

いろいろなこだわりから、離れることで、
前向きになったり、広い考えができる ように、
なっていくんだそうです。

 

まとめ

Japanese room
Copyright © 2011 Japanese room by vidalia_11, on Flickr

「断捨離」の意味は、
必要なもの、気に入ったものしか持たず、
シンプルに、気持ちよく過ごす
、というもの。
 

ヨガの考え方を、応用しているとは言え、
昔ながらの、「日本人の暮らし」や、
「日本人の美意識」というような、イメージを感じました。

それが、多くの人に、
受け入れやすかったのかもしれませんね。

 

「断捨離」が、ようやく、心に響いてきました(*´∀`)
 

これから、自分の範囲を知って、
気持ちよく、楽しく過ごしていきたいな(*´∀`)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

1件のコメント

  • 武田修

    断捨離自体は1971年「ヨガのすすめ」159頁に沖正弘が記述しています。
    「一切の生物は健康に生きなければならないようにできている。この正しい生き方の邪魔をしているのが、心身のけがれであり、誤解、執着、悪癖等がそれである。現世には誤っている見解と方法とが横行しているが、ヨガで断捨離を行って、それに生理智と、精神智を一致させれば誰でも人間として健康に生きることができる」
    氏の講義では多用されており、やました氏も教えを受けた一人だと聞いています。

コメントも気軽にどうぞ♫