短距離で速くなる方法!!4つのポイントとは?


もうすぐ娘の小学校では、運動会があります。

運動会の競技も学校によっても、いろいろあると思うのですが、
プログラムで必ずあるのは、「かけっこ(短距離走)」ですよね。

スポンサーリンク

 

のんびり屋でマイペースな娘。
足もさほど速くない (^_^;)
しかし、本人は速く走りたい様子。

そこで、今からでも速く走れる方法がないか、
探してみたのでシェアしますね♪( ´▽`)
 

子どもが速く走りたいと思っていれば、自ら頑張るのでしょうが、

足が遅いから、走りたくない

と、やる気をなくす子も少なくないようです。
 

速く走れなくても、いいのかもしれませんが、

子どもの力を少しでも伸ばしてあげたいのが、親心ってもの。

運動会のリレー
Copyright © 2012 運動会のリレー by uka0310, on Flickr

 

速く走れるようになる4つの方法

 腕を大きく振る
これは良く言われていることかもしれませんが、
腕を大きく振ると、歩幅が広がるんだそうです。

確かに、同じスピードでも歩幅が広がると、それだけ速く進みますよね。

効果的なトレーニング方法は、腕回し
余計な力を抜いて、腕を大きく回します。

肩甲骨をよく動かすことで、
腕を大きく振ることができるようになります。

 

 ダッシュを速くする
スタートダッシュで、先に差をつけられれば、
後の展開を有利に進めることができます!

競歩からのスタートでダッシュするトレーニングで、
ダッシュのコツがつかめるようになるそうです。

そして、スタートの時には、体の重心を前におきます。

いわゆる「前のめり」ですね。

スポンサーリンク


 ひざを速く前に出す
ひざを速く前に出すためには、
ひざ下の力を抜くことと、股関節を柔らかくすること

コツをつかむトレーニング法は、
大股スキップ、四股立ち、もも上げの三点。

四股立ち(しこだち)とは、お相撲さんが四股を踏むときのポーズ。
あの、ガニ股の中腰姿勢です。

大股スキップともも上げは、説明しなくても、わかりますね。

 

 正しいフォームで走る
これも、良く言われることかもしれませんが、
周りが見てあげないと、本人は、なかなか気づかないものですよね。

フォームの悪い子どもに、良くあることは、次のようなこと。

  • 重心が悪い
  • アゴを出したり、ひきすぎ
  • 腕をまっすぐ振っていない(左右に振れる)

 
ここでできるトレーニングは、ライン歩き

一本のラインの上を歩きます。
歩道のラインとかでもいいと思います。
慣れてきたら、スピードをあげていきましょう。

 

小学生の間では、速く走れるという噂の靴「俊足」↓も、
試してみる価値があるかもしれません。

 

そして、最後に

普段から出来ることは、ギザギザに走ってみたり、
「鬼ごっこ」や「ダルマさんが転んだ」など、体を使った遊びで
瞬発力を鍛えることがいいようです。

 

ときに、順位にこだわるのも必要かもしれませんが、

何より努力すれば「前の自分を追い越せる、成長する」

ということを、娘には体で実感して欲しいなぁと願っています。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫