赤ちゃんのこと

6ヶ月の赤ちゃんがパパに泣くワケ!抱っこにコツはある?

パパの抱っこで、赤ちゃんが泣いちゃう(>人<;)
 

パパが抱っこすると、大泣きなのに、
ママが抱っこすると、ピタッと止んでしまう・・・。

 
どうしたら、パパでも笑顔で抱っこしてもらえるようになるの??

なんて、赤ちゃんが6ヶ月になったばかりの
友達から、相談されたんです。

 

「時間を待つのが、一番かな」と思ったんですが、
不妊治療を受けて、高齢出産を乗り越えて、
やっと授かった赤ちゃんを前に、悩んでいる友達。

ただでさえ、初めての育児で大変なのに、
そんな、一言で済ませてしまうのは、
自分的に許せません(>人<;)

 
なので、ネットを使ったり、
他の人から聞いたりして、
頑張って、調べまくりました!

 

パパの抱っこで、なんで赤ちゃんが泣くの?

赤ちゃんが泣かないようになるには、どうしたらいいの?

抱っこのコツは?

 
なんてことを、私の経験も、隠し味で入れたので、
同じように悩むあなたにも、ご紹介していこうと思います。

パパでも、赤ちゃんが泣かないようにさせたい!
とお悩みなら、絶対、役に立つ情報があるハズ!

baby-17342_640
 

どうぞ、希望を持って、
明後日の方向を見ながら、ご覧ください。

明後日の方向って、どこ??
 

パパの抱っこで、なんで泣くの?

これは、我が家も経験があるんですが、
安心してください。

パパの抱っこが、イヤな訳ではないんです。

 
答えは、単純。

だって、ママが、いいんですもん(・∀・)
 

でも、だからと言って、パパも育児に関わらないと
いつまでも、パパっ子にはなれません。

パパっ子にするための、抱っこのコツなど、
この後、書いていきますね。

 

赤ちゃんは、6ヶ月にもなれば、
ママとママ以外の人区別ができるようになるんです。

なので、身の回りのお世話をしてくれる、ママと離れると、
本能的に、危険を感じるんです。

 
これは、ちゃーんと、
成長している証なので、いいことなんですよ(*´∀`)
 

[colored_box color="light‐gray" corner="r"]私の考えを言うと、赤ちゃんが社会に出ていく前に、
まずは、赤ちゃんとママとの絆が、
お互いしっかりと結ばれることが、最重要だと思っています。

パパは、二の次になりますが、
仕方ありません。

もちろん、家事も三の次になりますが、
仕方ありません。
(い、言い訳じゃないよ(゚∀゚;))

どこへ行っても、ママだけは自分の味方だと、
そう、思ってくれたら、
自分に自信を持つ子に、育つんじゃないかな。[/colored_box]

 

[icon image="point-b-r"]機嫌のいい時には、抱っこされる場合
そして、機嫌のいい時には、
パパにも、抱っこされていますか?

それなら、まったく問題はありません

遊べる時や、相手をしてあげられる時には、
パパが、どんどん相手をしてあげていると、
気がつけば、立派なパパっ子に( *´艸`)

 

[icon image="point-b-r"]パパの抱っこで泣くとき
泣くときって、機嫌の悪いときだと思うんですが、
機嫌の悪いときって言うと、

  • おなかがすいた
  • 眠い

なんて、ときですかね。

 
観察して、泣くリズムが分かれば、
パパも、やりやすいかもしれません。

 

でも、そうじゃくて、
普段から、ママじゃないとダメな子もいます(・ω・`)
 

ママの抱っこで泣き止む理由から、考えてみると、

[colored_box color="light‐red" corner="r"][check_list image="check1-r"]

  • おっぱいの匂い
  • 生後1か月でも、他のママの匂いを
    嗅ぎ分けるほどなので、
    まさに、死活問題と言えるでしょう。

  • ママに抱っこされたかった
  • いつも、抱っこされているので、
    安心感が違いますよね。

  • 抱っこされる感じがママと違う
  • パパは、ママと比べて、
    やっぱりゴツゴツしていたり、
    力みすぎたり、してしまうようです。

  • パパが暑い
  • 赤ちゃんは、体温が高いですが、
    ママよりも体温の高い、パパの抱っこは、
    暑すぎることがあるようです。

[/check_list][/colored_box]

なんてことが、思いあたります。

 

赤ちゃんが、パパが嫌で泣いてないのは分かったけど、
パパでも、泣かないようにするには、どうしたら??

大丈夫!

次を見ていけば、次第に、
泣かないようになっていくハズですよ(*´∀`)

[ad#ad-1]
 

赤ちゃんが、パパの抱っこで泣かないようにするには?

いくつかあるので、順に説明していきますが、
その前に、気をつけて欲しいことがあるんです。

それは、

パパの不安は、赤ちゃんに伝わります。

 
「泣いたら、どうしよう??」

「早く、泣き止んでくれよ!!」

なんて、考えていると、
赤ちゃんは、敏感に感じ取るので、
大事なのは、深呼吸して、リラーックス(*´∀`)

 
「泣いても、大丈夫だよ」

「安心して、いいんだよ」

と、赤ちゃんが泣いたって、
岩のように、ドーンと構えることで、
赤ちゃんも安心するんです。

(岩のマネとは、微妙に違います(・∀・i))
 

私の、狭い友人関係で恐縮ですが、
パパ大好きっ子な、赤ちゃんのパパは、
岩のように落ち着いている人が、多い気がします。

 

では、岩になったところで、
ポイントを抑えていきますよ(*´∀`)

 

ママと仲良くする

ママが、パパと楽しそうに話しているのを見て、
赤ちゃんも、

あんな顔してるけど、パパは安心できる人かも?
と、感じるんです。
(どんな顔っ!?)

 
私の長女も、ママっ子なんですが、
パパと仲良くしていると、
ニコニコ笑顔で、嬉しそうでした。

赤ちゃんの前で、ケンカをしたこともありましたが、
パパっ子を目指すなら、
目の前でするのは、控えましょうね(・∀・)

 
[illust_bubble subhead="ママとパパが仲良くするには" align="right" color="red" badge="check" illst="check-w3-l"]
特に育児が初めてのママには、
育児と家事をこなすのは、とても大変!

パパの手伝いがないと、
ママも、パパにイライラして、
赤ちゃんも、懐かなくなって、
魔のスパイラルに(>人<;)

そうならないためには、

ゴミ捨てや平日の買い物、
何かと、甘えられるところは、
甘えましょう!

二人で、育児を楽しむことがカギです(*´∀`)
[/illust_bubble]

 

赤ちゃんとスキンシップ

ただでさえ、仕事で家にいる時間が少ないパパ。

時間があれば、できるだけ
赤ちゃんとスキンシップを取りましょう。
 

スキンシップってどうしたらいいのか、分からない(>人<;)

なんてパパは、
こんなところから、始めてはどうでしょう?
[colored_box color="light‐red" corner="r"]

  • 声かけをする
  • いきなり抱っこするより、
    「パパがきたよー」
    「パパが、今から抱っこするからね」
    と、一言言ってもらうと、赤ちゃんをビックリさせません。

  • 朝早く起きて、赤ちゃんと遊ぶ
  • ちょっと、パパにはきついかもしれませんが、
    夜も遅いなら、朝に少しだけでもスキンシップを。

  • オムツ替え
  • お風呂に入れる
  • ミルクや麦茶、離乳食をあげる
  • 時間があれば、外を散歩
  • 家族で外出するときは、なるべく抱っこする
  • 外に出ると、ママじゃなくても、
    大丈夫な子が多いのでチャンス!

[/colored_box]

 

我が家のパパは、長女のときは、
あんまり、協力的ではなかったんですが、
今では、遊び相手になってくれています。

でも、やっぱり今でも、ママっ子なのは変わりません。
 

下の弟には、慣れたようで、一緒に遊んでくれたり、
散歩に連れて行ってくれたりしているので、
とても、パパ大好きっ子です(*´∀`)

 

なので、相手をしてあげることが、
大前提かなと思います。
 

[illust_bubble subhead="赤ちゃんの相手をするコツ" align="right" color="red" badge="check" illst="check-w3-l"]
コツは、赤ちゃんをよく観察すること!
 

赤ちゃんの目線やしぐさから、

何を見たがっているんだろう?
何を欲しがっているんだろう?

と、考えながら観察することが、
赤ちゃんに近づく、第一歩![/illust_bubble]

 

では、最後に、
パパでも安心できる抱っこの仕方について、
見ていきましょう。

baby-22194_640
 

安心する抱っこの方法

[icon image="point1-1-r"]
先ほども書きましたが、抱っこの前に、
声かけすることから始めてみましょう。

大人でも、寝ているときに、
急に抱っこされると、ビックリしますよね。

(そんな場面は、なかなかないヽ(゚∀゚;))

 
そして、男の人が、苦手な赤ちゃんは、
低い声が苦手だったりするんです。

なので、ちょっと声を高くした方が、
赤ちゃんも安心します(*´∀`)

(ママは、笑っちゃダメよ。こらえて。プッ)

 

[icon image="point1-2-r"]
抱っこしたり、置いたりするときには、
爆弾を扱うように、ソッと優しく

(怖くて触れないわっ!∑(゚Д゚))
 

パパは、力が有り余っているので(?)、
ヒョイっと持ち上げがちですが、
やっぱり、急にはビックリしますよね。

 

[icon image="point1-3-r"]
左に、頭を持ってきて、心音を聞かせるようにすると、
赤ちゃんも安心することが多いです。
 

もしくは、縦抱っこ

我が家の子供たちは、2人とも、
縦抱っこが大好きでした。

景色が変わって、気分がいいんでしょうね。

 

[icon image="point1-4-r"]
それでも、ママがいないと、不安な赤ちゃんには、
ママの匂いが染みついたTシャツなどで、
くるんでから、抱っこしてみるのが、オススメ。

これで、安心する赤ちゃんには、
洗濯していないTシャツを、
何枚かストックしておくといいかも。

(たまには、洗ってね(・∀・i))

 

 

我が家の場合、ママとパパは役割が違います。

遊び相手はパパ。
寝るときには、ママなんです。

遊び相手としては、マンネリのママより、
パパと遊ぶ方が楽しいんです。

でも、安心したい時には、ママ。

 

なので、パパも、めげずに、
赤ちゃんの相手をしてあげてください。

ママと同じようになろうとするんじゃなく、
ママのサポートをしたり、
パパでしか、できないことを、
見つけていくことがカギかなと、思います。

たとえば、抱っこもママより高いし、
「高い高いー!」って遊びも、ママにはしんどいので、
体力遊びは、どうしてもパパにはかないません(・ω・`)

 

赤ちゃんをかわいいと思う気持ちは、絶対に伝わるので、
きっと、悩んでいたことが嘘のように、
いつの間にか、パパっ子になってくれるはずです(*≧ω≦)

-赤ちゃんのこと
-, ,

© 2021 大人の歩き方