洗濯物を早く乾燥させる!干し方のコツはコレ!!


洗濯物を早く乾かす干し方って、ご存知ですか?

 
いきなりですが、
雨の日、主婦にとって、何がイヤって、
洗濯物が乾かないのが、イヤですよねー(-ω-;)
 

夕方の洗濯物を触ると、ジメッとしてて、
「はぁぁぁぁ」
なんて、ため息が。。。

 
でも、

ちょっとしたコツを知っていれば、
なかなか乾きにくい洗濯物も、
乾きやすくなるんですよ(*≧ω≦)

スポンサーリンク

私も、雨の日の洗濯物が、なかなか乾かなくて、
「探偵ナイトスクープ」に、相談しようかと思うぐらい、
すっごく、悩んでたんです(-ω-;)

で、

調べたら、干し方のコツや、
建物でも干し方に違いがあることも、
分かっちゃったんです(*≧ω≦)

(あー、相談しなくて、良かった♪)

 

洗濯物が乾かなくて、同じように困っている、
あなたのためにも、分かりやすく、
乾きやすくなる、洗濯物の干し方のコツについて、
説明していきますね(*´∀`)
 

もちろん、お金はかけずにできますよ(*≧ω≦)
 

これで、ジメジメした雨の日でも、
毎日、洗濯ができるようになるかも!

laundry-256971_640
 

どうぞ、靴を脱いで、足をくずして、
おばあちゃんちに来たつもりで、ご覧ください(*´∀`)

 

洗濯物の干し方!4つのコツ!

干し方のコツを調べると、どうやら、
空気にあてることと、湿気を取ることが、
カギのようです。

コツを4つ、あげてみたので、
順に、見ていきますよ!
 

その前に、こちらも要チェックです!

洗濯物を早く乾かす、部屋干しの方法については、
こちら↓の記事に、書いてあります。
洗濯物を早く乾かす方法!!湿気を取るだけではだめ?

今回の記事と、合わせてご覧くださいね(*´∀`)

 

 脱水時に水分を取る!
乾燥機能を使わなくても、
脱水だけで、水分をかなり抑える方法があるんです。

それは、

脱水のときに、
乾いたバスタオルも一緒に入れること!

 
これだけなんですが、洗濯物の水分が、
かなり抜けるんです!
 

ただ、ほこりが目立ちやすい素材の服は、
別に脱水するか、脱水を長くした方がいいかも。

 脱水を長くする場合
脱水を長くすると、シワができてしまいますよね。

できるだけ、シワにならないためには、
ひと手間かけて、干す前に、たたむこと!

どうしても、シワにはなりやすいですが、
これで、軽減されますよ(*´∀`)

スポンサーリンク



 

 乾きにくいところを表に
洗濯物で、乾きにくい箇所はどこか、
ちょっと思い出してみてください。
 

脇や、裾の縫い目、
ポケットの重なっている部分かな、と思います。

コレって、洋服にもよりますが、
だいたい、洋服の裏側ですよね。
 

なので、
干すときは、裏返した方が乾きやすい!

 

脱水した後で、裏返すのは大変なので、
「だらしない(・□・;)」
と思われても、最初から裏返して脱ぐのが、オススメ。

(義理の母からは、きっとそう思われてるだろうな(・∀・i))

 
さらに、

洗濯機で回っているときにも、
生地が傷みにくいですし、
晴れの日も、日焼けで色褪せにくいんですよ(*≧ω≦)
 

主婦には天敵の、「乾きにくいナンバー3」に入る、
パーカーのフード部分ですが、

  • フード部分をピンチで持ち上げる
  • 上下を逆に、つるして干す
  • 前屈するように、ハンガーに折り曲げて干す

と、乾きやすくなります。
 

私の場合、ピンチの跡が、どうしても許せないので、
ハンガーに、折り曲げて干しています。

でも、内側が乾きにくいので、
途中で裏返さないと、なかなか乾きません(>人<;)

 

 空気を通す
干すときに、洗濯物の間隔を開けた方が、
空気の通りがよくなるので、
乾きやすくなるんです。
 

具体的には、
5㎝以上、間隔を開けて干すこと!

 
部屋干しするときには、
先ほど紹介した、「早く乾かす方法」と、
併用してみてください(*´∀`)

 

 湿気の少ないところ
同じ部屋に干すなら、
どこに干したら、乾きやすいでしょう?
 

そりゃあ、湿気の少ないところが、いいですよね。
 

ということで、答えは、
湿気の少ない、高いところに干すこと!

 

見た目は良くないですが、

新聞紙を下に、敷いたり、
丸めて置いておくのも、
湿気が吸われて、若干、乾きやすくなります。

 

そして、窓からは、
近すぎず、離れすぎないところがいいですね。
 

窓がないところでは、湿気が溜まりやすくなって、
カビの原因に。

かと言って、窓に近すぎると、
今度は結露になるんですよねー(>人<;)

 
んー、難しい(-ω-;)
 

私の場合、部屋のカビを気にして、
小雨の日なら、外に干しているんですね。
 

雨の日の外干しって、どうなのか調べてみたら、
建物でも、違うのかな?と思ったんです!

どうぞ、次まで、ご覧ください(*´∀`)

029/365 Laundry day
Copyright © 2010 029/365 Laundry day by iskir, on Flickr
 

雨の日は、外干し?部屋干し?

小雨の日の洗濯、あなたは、

外干し派ですか?
室内干し派ですか?

 

私は、先ほども書いた通りの、外干し派。

で、

調べてみると、室内干しと外干し、
どちらも、半々ぐらいいるんですね。
 

それぞれの理由を見てみたんですが、

建物で、外干しと室内干しを考えた方がいい
かもしれないなぁ

と、思ったんです。

 

では、建物別に、どちらがいいのか、
チャチャッと、説明をしていきますね。
 

一戸建ての場合

 外干しがいい場合

  • ひさしが広い
  • 下がコンクリート

当てはまらなければ、部屋干しがオススメ

 部屋干しがいい理由

  • 地面に近くて、気密性もそこまで高くない
  • (雨の日の湿度が、外とあまり変わらない)

  • 室内も広いので、湿気がこもらない
  • 外に干すと、跳ね返った水で汚れる

 

マンションの場合

 部屋干しがいい場合

  • ベランダがない
  • ベランダが狭かったり、屋根がついてない
  • 高層階に住んでいる
  • (高いところは、湿気が少ないから)

  • 日中は、家に誰もいない
  • (急に、横なぐりの雨になると。。。)

マンションは、気密性が高いので、
湿気がこもりやすいんですね。
 

なので、オススメは、

最初に外干しして、風である程度、
水分を飛ばしてから、部屋干しする方法が、
いいかな、と思います。

 外干しがいい理由

  • 閉めきると、外より湿度が高くなったりする
  • 湿気が、家の外に逃げづらい

 

ただ、風がないと、外でも乾かないので、
その時は、室内干しがいいですよ。

もちろん、横なぐりの雨のときも。

 

いかがでしたか?
 

主婦にとって、雨の日の洗濯とは、
横なぐりの雨だろうと、縦なぐりの雨だろうと、
絶対に負けられない戦いですよね!

(そんなに必死!?)

 
一緒に、家族の期待を背負って、
雨の日と、戦っていきましょう!!



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫