喪中のお中元!のしの正しい書き方はコレ!


喪中だけど、お中元ってどうしたらいいの??

なんて、悩んでいませんか?

 
私も、今年、喪中なので、
どうしたらいいのか、悩んでいたんです(・ω・`)

スポンサーリンク

喪中になると、
いろいろ控えることが、あったりしますよね。
 

特に、この時期に悩むことは、

「お中元って、出していいの?」

「49日は、避けた方がいいの?」

「出すときの、のしはなんて書くの?」

なんてことですよね。

 

お相手に失礼のないよう、しっかりと調べたので、
喪中のときの、お中元ってどうしたらいいの?
なんて調べている、あなたにも、シェアしますね。

Strippy
Copyright © 2013 Strippy by feryswheel, on Flickr

喪中にお中元って出してもいいの?

お中元って、もともとは、旧暦7月15日に行われていた、
道教のお祭りなんです。
 

まぁ、そんなことは、さておき、

日本では、1年の上半期に、
お世話になった人へ、日頃の感謝の気持ちを表す物
のことを、言いますよね。

 

「お祝い事」ではありませんから、
贈る側も、もらう側も、喪中は関係ないので、
普段通りでいいんです。
 

注意したいこと!
ただし、注意したいのは、
後述しますが、「のし」の、紅白の水引

これは、「お祝い事」になるので、NGです。

 

 じゃあ、49日でも関係ないの?

 
 少し、日をズラして贈りあった方がいいようです。

決まりはありませんが、
「ケガレ」がうつるという、日本独自の考えから、
49日までの忌中の間は、避けている人が、ほとんど。

日をズラして、

  • 「暑中見舞い」
  • 「残暑見舞い」

とすることが多いようです。
 

忌中と喪中の違いについて、
詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ。
忌中や喪中の違いって?してはいけないことや、マナーについて

 

ふーん。。。

と言っても、
「暑中見舞い」と「残暑見舞い」って、
いつの時期までのことを、言うのかな??
 

って、調べてみると、
地域でも、時期が違うんですねΣ(・□・;)

 
次は、送る時期ごとに、ふさわしいのしの表書きを、
簡単に見ていきますね(*´∀`)

スポンサーリンク


贈る時期にふさわしい「のし」の表書きは?

お中元は、7月15日を指しているんですが、
新暦旧暦、どちらを選ぶかは、
地域差があったんです。

 
これから、説明していきますが、

お中元商戦は、早いところで、6月から始まっているので、
お中元を贈る時期も、合わせるように、
だんだんと、全国的に早くなってきているようですよ。
 

 関東を中心とした東日本
新暦で考えるところが、多くあります。

7月初旬~7月15日・・・・・・・「お中元」「御中元」

7月16日~8月7日(立秋)・・・「暑中お見舞い」「暑中御見舞」「暑中御伺」

8月8日~8月末・・・・・・・・「残暑見舞い」

 

 関西を中心とした西日本
こちらの方は、旧暦で考えるところが多いです。

7月上旬~8月15日・・・・・・・「お中元」「御中元」

8月16日~8月末・・・・・・・・「残暑見舞い」

 

 九州
こちらも旧暦で考えていますが、
贈り始める時期が、関西より少し遅くなります。

8月初旬~8月15日・・・・・・・「お中元」「御中元」

8月16日~8月末・・・・・・・・「残暑見舞い」

 
おっと!

日付は、送る日じゃなくて、
お相手に届く日で、考えてくださいね。

 

 でも、贈る地域の時期が、
自分の住んでいるところと、違うんだけど(-ω-;)

 
 ここは、人によって色々な考えがあります。

けど、分かっているなら、

お相手の方に合わすのが、
感謝の気持ちを、伝えやすいんじゃないかな、
と、思います。

 
ただ、
「贈り先がたくさんあって、地域別に贈るのは大変(>人<;)
という場合には、

7月初旬から中旬の間に贈ると、
「遅すぎかな?」
という心配もいらないので、オススメです。

 
私は九州に住んでいて、親戚も西日本に多いので、
「お中元は、8月15日までに、届けばいいんだよね」
と、思っていたんです。

今回、地域で差があることを、初めて知ったので、
ビックリでした!(O_O)

 

では、最後に、
のし紙で、気を付ける点について、
見ていきましょう。

018448
 

のし紙で気を付ける点は?

先ほども言った通り、
紅白の水引は、「お祝い事」になるので、
避けておきましょう。

のしは、
白い紙や、無地の短冊のしに、
表書きは、「お中元」や「暑中見舞い」など、
その時期に合ったものを、書きましょう。

 

お相手が喪中の場合で、
こちらから、発送するときには、
励ましのメッセージを添えてもいいかな、と思います。

 

まとめ

いかがでしたか?
 

もう一度、確認しておくと、

  • 喪中の場合には、「お中元」で送っても大丈夫!
  • 忌中の場合は、お中元を避けて、
    「暑中見舞い」や「残暑見舞い」で。

ということでしたね。
 

これで、失礼になることなく、
スムーズに、感謝の気持ちを伝えることができますね。

どうぞ、これからも、
いい関係を、築いていけますように(*´∀`)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫