夏のこと

土用の丑の日とは?意味をめっちゃ分かりやすく!

土用丑の日って、、、いったい何???

チラシやCMで、
「土用丑の日、うなぎご予約承り中!!」
なんて、よく見るんですけど、、、

土曜日にあるわけでもないし、

夏だし、

そいでもって、丑(うし)の日?

 
いったい、何の日なの?
さっぱり、意味が分からない(>人<;)

いい歳して、深く考えずに、過ごしていましたが、
コレって、みんな知ってるのかな?

もしかして、知らないの、私だけ??
 

気になり過ぎて、夢にまで、
パリッ、フワッ、プスーッとした、炭とあま辛い匂いの、
美味しそうな、うなぎのかば焼きが(*≧ω≦)

 

あなたも、夢の中に、
かば焼きが出てきた一人じゃないですか?
 

それなら、私が、
土用の丑の日の、意味について
シッカリと調べてきたので、
どうぞ、うなぎを買いに、全速力で走りながら、ご覧下さい(*´∀`)

(って、見れーん!Σ(゚∀゚;))

高砂屋@京成立石
Copyright © 2009 高砂屋@京成立石 by Sun Taro, on Flickr
 

あ、

2025年までの、土用丑の日の表も作ったので、
ぜひ、うなぎを飼うときにも、お役立てください(*≧ω≦)

(名前は「うーちゃん」って、食べられなーい!)

 

土用丑の日って何?

土用丑の日と言いますが、これは、
土用の中の、丑の日ということ。

つまり、

夏休みの中の、大安の日
というような、イメージなんです。

 
その「土用」と、「丑の日」について、
それぞれ、詳しく見ていきますね!

[ad#ad-1]
 

土用って何?

土用は、中国からの、五行説(ごぎょうせつ)が元になっています。
 

この世のすべては、
木・火・土・金・水(もく、か、ど、ごん、すい)
五行で分けられる、という考えなんです。

 

季節も五行に当てはめると、
 春 → 木
 夏 → 火
 秋 → 金
 冬 → 水
と、分けられるんです。
 

と言っても、一つ足りないですよね?

そう、「土」が入っていないんです。
 

土は、ちょっと違う性質も持っていて、
5つに分けられない時には、「中心」を指すことも多いんです。
 

で、季節ではどう考えるか、と言うと、
「土用」といって、季節の変わり目に使われているんです。

 

もうちょっと、詳しくいきますね。
 

[colored_box color="light‐red" corner="r"]季節の始まりの日は、
立春、立夏、立秋、立冬で、それぞれ分けられていて、
約90日ずつあるんです。

その約90日間を、5で分けると、約18日ですよね。

 

土用は、次の季節が始まる前の、約18日間に、
当てはめられたんです。
 

ちなみに、季節の終わりの日のことを、
「節分」と言うんです。

実は、節分も土用と同じく、4回あるんですよ(*´∀`)[/colored_box]
 

これで、五行すべてに、
均等に季節が割り当てられる、というワケです。

 

「土用」と言えば、夏っていうイメージですが、
実は、全部の季節にあるんですね。

ちなみに、各土用の最初の日を、
「土用の入り」と言います。

 

では、丑の日について、見ていきますね。

fe2d70e31e07978f5b349cfedd3ca015_s

丑の日って何?

「丑」って言うと、なんとなくお分かりのとおり、
十二支の丑のこと。

十二支は、年だけじゃなくて、
時間や日もあらわすことができるんです!

 
「丑三つ時」や「丑の刻参り」なんて、有名ですよね。

(どちらも、おどろおどろしい意味合いですけど(・∀・i))
 

ちなみに、土用丑の日ですが、
土用は約18日、十二支は12日あるので、
丑の日が、2日ある年も出てくるんです。

2日目の丑の日は、「二の丑」と呼ばれているんですが、
うなぎを食べるのは、初日の方が一般的ですね。

 

では、今後の土用丑の日をご覧ください。

一般的に言われる、夏の土用だけですが、
あんな時やこんな時に、お役立てくださいね♪( ´▽`)

(それって、どんな時っ!?)

西暦年土用の入り丑の日二の丑
20147月20日7月29日
20157月20日7月24日8月5日
20167月19日7月30日
20177月19日7月25日8月6日
20187月20日7月20日8月1日
20197月20日7月27日
20207月19日7月21日8月2日
20217月19日7月28日
20227月20日7月23日8月4日
20237月20日7月30日
20247月19日7月24日8月5日
20257月19日7月19日7月31日

 

土用丑の日に、うなぎを食べる理由については、
また次回お話ししますね(*´∀`)
 

どうぞ、「うーちゃん」を飼った時には、
稚魚まで育てて、うなぎ職人を目指してください(*´∀`)

-夏のこと
-,

© 2021 大人の歩き方