お中元のお礼状!はがきの例文やマナーはコレ!


お中元のお礼状、なんて書いたらいいんだろう?
 

結婚してから、お中元をもらうことも出てきたんですが、
お礼って、どうしていますか?

 

私の義母は、
「頂き物をもらった時には、必ず、お礼をしなさい」
と、口をすっぱくして言うんですね。

で、お中元をもらった時のお礼は、
電話を入れた後、すぐにお返しの品を送っているんです。

 
私も、それにならっていたんです。

でも、実は、この方法、

マナー違反と捉える人も、いたんですΣ(゚д゚lll)

 

ズバッと言っちゃいますが、
正式なマナーとしては、お礼状を書くことなんですね。

スポンサーリンク

面倒と言えば、面倒ですが、
お礼状を書ける女性って、ステキじゃないですか?

手書きの手紙って、もらったときも嬉しいし(*´∀`)
 

ということで、
私も、ステキな大人の女性を目指すために、
お礼状を極めたい!!

と思って、
はがきで書くお礼状には、どんな例文があるのか、調べてみました!

ぜひ、あなたも参考にして、
誰もが憧れる、ステキな大人の女性を、
一緒に目指しましょう!!

4f51ff7edbfadda9ffac401ee3de13f2_s
 

お礼状をステキに書けるように、目指したい大人の女性、
って言うと、ウィノナ・ライダーかな。

(がっ外国人っ!?Σヽ(゚∀゚;))
 

お中元のお礼状はどうする?

まずは、お礼状のチェックポイントを抑えていきますね。

 
いくら、キレイに文章が書けていても、
ちゃんと抑えておくべきところを、抑えていないと、
大人の女性とは、まだ言えません(・ω・`)

料理だって、いくら美味しくても、
見た目が悪かったり、お皿が汚れていたら、、、ねぇ?

 
ということで、ポイントが4つあるので、
順に見ていきますよ!
 

 はがきの選び方!
はがきですが、
無地でも、絵が入ったものでも、
どちらでも構いません。

 絵はがきのポイント
ポイント的に、

  • 季節感のある絵
  • 品のいい絵
  • 美しい絵

が、オススメ(*´∀`)

 

 間違えたときには?
書き間違えたら、修正ペンじゃなくて、
新しいはがきに書き直しましょう。

お礼状なら、間違えないようにするのが、マナーですね。

 

 いつまでに送る?
お中元を頂いたら、なるべく早くお礼状を送ります。

遅くても、お中元が届いてから、1週間までには送りたいですね。

 

 奥さんが代理で書いたとき差出人
旦那さんのお礼として、奥さんがお礼状を書いたときには、
差出人は、旦那さんの名前で、小さく(内)と書きます。

 

ちなみに、
基本的にお中元って、目下の人から目上の人に、
日頃、お世話になったお礼として、送るものなんです。

なので、本来、
お礼状を出すだけで、お返しはしなくて、いいんです。
 

最近は、贈りあったりもするようですが、
「この先、もうお中元はいりませんよ」
と、断りたい時に、同額以上のお返しを贈るようです。

ただ、同僚とか、同じような立場の人には、
同額程度のお返しをした方がいいかな、と思います。
 

お中元の品を贈る場合も、お礼状を先に送って、
1週間とか、間をあけてから送った方がいいようです。
 

スポンサーリンク



 

ポイントは、抑えましたか?

では、例文の方へ進んでいきますね(*´∀`)

 

お礼状の書き方!

お礼状と言うと、難しく考えてしまいがちですよね。

でも、大丈夫ですよ!

形式に沿って書けばいいので、割と簡単なんです(*´∀`)
 

その形式とは、

  1. 頭語(とうご)
  2. 時候の挨拶
  3. お相手の安否をうかがう言葉
  4. お中元のお礼
  5. お相手の健康を気づかう言葉
  6. 結語(けつご)

 
何がなんでも、この通りにしないといけない!

というわけでは、ありませんが、この流れだと
失礼もなく、相手も読みやすいので、
書きなれていなければ、特にオススメです。
 

では、順に、説明していきますね(*´∀`)

 

1.頭語

最初の挨拶になる言葉で、「拝啓」が一般的。

意味や、他の言葉は、

【拝啓】
へりくだって、申し上げます。の意味。
一般的に使われていて、目上の人でもビジネスでも、問題ありません。

【謹啓】
つつしんで、申し上げます。の意味。
かなり、目上の人に使います。

【前略】
前文を省略します。の意味。
2や3を、省略するときに使いますが、
立場が同じ人か、よほど親しい間のときに使います。

 

2.時候の挨拶

季節の挨拶文で、お相手の安否を気づかう言葉と、
つなげたりします。

四季が美しい、日本ならではの、
「暑さで、まいってないですか?」
と、相手を気づかう言葉から入る挨拶文です。

 

【7月の時候の挨拶】
盛夏の候、向暑の候、猛暑の候、酷暑の候、炎暑の候

7月23日ごろの「大暑」から、大暑の候

爽快な夏
まぶしいほどの夏
連日厳しい暑さ
日々暑さ厳しき折から
一雨欲しいこのごろ

 
【8月の時候の挨拶】
残暑の候、秋暑の候、晩夏の候、残夏の候、初秋の候
新秋の候、清涼の候、爽秋の候

8月8日ごろの「立秋」から、立秋の候
8月23日頃の「処暑」から、処暑の候

残暑厳しきおり
秋にはまだ遠く
まだ暑い日が続きますが

など

 

3.お相手の安否をうかがう言葉

先ほどの、時候の挨拶とつなげて使われることも多いですが、
相手が元気でいることや、活躍していることを、
ここで、一言入れておきます。

  • 〇〇様(あなた様、皆様、ご家族の皆様)におかれましては、
  • ますます(いよいよ、なお一層)ご清祥のこととお喜び申し上げます
    (お元気にお過ごしのことと存じます。)

  • 〇〇様には、その後、いかがお過ごしでしょうか?
  •  

    4.お中元のお礼

    お中元を頂いたお礼を、ここで言いますが、
    ここまでくれば、段々と大人の階段を
    のぼってきているのが、分かるかもしれません(*≧ω≦)

    ほら、振り返ると、、、私が!(ぎゃー!!Σ(゚д゚lll))
     

    お中元のお礼に加えて、
    食品なら感想を入れるのも、アリですよ(*´∀`)

    【お中元のお礼】

    • 先日は、結構な品をお送りいただき、ありがとうございました。
    • このたびは、何よりのお品をご恵送たまわり、感謝の念に堪えません。
    • このたびは、思いがけない贈り物を頂戴し、大変嬉しく思っています。

    「何よりのお品」の他には、
    高価なお品・心づくしのお品・ご丁寧なお品、など

     

    +【感想】(食品の場合)

    • 早速、家族皆でありがたく頂戴いたしております。
    • 〇〇は、私(家族)の大好物で、大変美味しく頂戴しております。

     

    +【気持ちに対してのお礼】(なくてもOK)

    • お心遣い、本当に有り難うございました。
    • 平素はこちらこそお世話になっておりますのに
    • このようなお心遣いまでいただき、恐縮に存じます。

     

    5.お相手の健康を気づかう言葉

    相手の健康を気づかって、最後にしめるんですが、
    とことん、相手のことを気づかう日本人って、
    ステキだなぁ、と思いますね(*´∀`)

    私も、日常生活から、この気持ちを見習っていきたいです。

    • 酷暑の折、何かとご自愛くださいませ。
    • 向暑の折から、くれぐれもご自愛くださいますよう、
    • お祈り申し上げます。

    • これから、ますます暑くなりますので、
    • どうぞ、ご自愛くださいますよう申し上げます。

     

    6.結語

    頭語とセットで使うもので、使い方は以下のようになります。

    「拝啓」 → 「敬具」・「かしこ(女性のみ)」
    「謹啓」 → 「敬具」・「かしこ(女性のみ)」
    「前略」 → 「早々」・「かしこ(女性のみ)」

    この後に、日付を入れます。
    差出人名と宛先人名は、入れても入れなくても。

    「平成〇〇年七月(盛夏・孟夏)
                     山田 太郎
                        (内)

    佐々木 花子様」
    と、続けて終わります。

     

    今までの組み合わせを合わせると、
    チーン!と、お礼状のできあがりです!

    では、例文にいきますよ!

     

     例文

    拝啓
    真夏の強い日差しが照りつける毎日ですが、
    いかがお過ごしでしょうか?

    先日は、結構なお品をいただき、ありがとうございました。
    〇〇は私の大好物で、早速、家族皆でありがたく頂戴いたしております。
    お心遣いに、深く感謝いたします。

    暑さはこれからが本番かと存じます。
    どうぞ、ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。
                             かしこ
    平成〇〇年盛夏
                           山田 太郎
                              (内)
    佐々木 花子様

     

    これで安心して、お中元のお礼状が出せますよ。

    大人の女性として、さらに一歩を踏み出していきましょうね(*´∀`)


    スポンサーリンク


    ↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

    2件のコメント

    • k-cherry

      素晴らしいサイトをありがとうございます。参考にいたします。

      あと蛇足ながら、
      >こんなに相手のことを気づかえるのに、
      なんで、昔は日本人同士で争っていたんでしょうね?

      これは戦国時代のことを言われているのかもしれませんが、
      ちょっとこのサイトの趣旨とはずれているかなと思います。
      あれは大名の主導権争いであり、国民が敵味方に分かれて戦った内戦ではありません。

      「こんな気持ちをいつまでも大切にしたいですね」くらいでいかがでしょう。

      これは私の考えですので、お気になさらないでください。
      今後も役に立つ情報をよろしくお願いいたします。

      • sonoko

        コメント、ありがとうございます。

        アドバイスも、ありがとうございます。嬉しいです。
        今さら読み返してみると、おっしゃる通りですね。

        修正しておきます。

        これからも、役に立つ情報を書いていきます。
        ありがとうございました!

    コメントも気軽にどうぞ♫