生活のこと

二層式洗濯機の使い方は?メリットやデメリットは?

今日のテレビで、加藤登紀子さんが、
二槽式洗濯機を使っていると言っていました。

とても興味を持って聞いていたのですが、
ネットで調べると、意外と二槽式洗濯機に興味を持っている人が多いようです。

二槽式洗濯機とは?

洗濯機と言えば、全自動洗濯機ドラム式洗濯機
頭に浮かぶのではないでしょうか?

二層式洗濯機とは、洗濯槽と脱水槽が分かれた洗濯機で、
洗濯槽から脱水槽へは手動で行います。

 

昭和のイメージが強い、アナログな家電ですよね。

「まだ売っているの?」

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
地味に、根強いファンがいるそうです。

 

大きな電気屋さんに行ってみれば、
端っこにひっそりと存在感を隠して、二層式洗濯機がおいてあります。

 

なぜに、全自動洗濯機がこんなに普及して、
二層式洗濯機が売れなくなったのか、というと、
単純に、面倒くさいから。

人間、面倒くさいことは、なるべくさけたい生き物のようですね。

二槽式洗濯機の使い方

使い方は、スイッチも少なく、単純なものがほとんどなので、
ボタン操作で迷うことはなさそうです。

 

洗濯の流れとしては、

洗濯槽に入れて、水を溜めて洗剤を入れて洗濯開始

脱水

洗濯槽に戻して、すすぎ。
最後のすすぎに柔軟剤、投下
(ためすすぎ、汚れ具合をみながら1~2回ぐらい)

脱水

と、なります。

 

すすぎの水を出しっぱなしにする、「注水すすぎ」を6分と、
水を溜めてすすぐ、「溜めすすぎ」を2回行った場合、
効果は同じで、節水になるのは「溜めすすぎ」です。

 

最後のすすぎの水は、次の洗濯でも使えるので、
捨てなくても大丈夫V(^_^)

二槽式洗濯機のメリット

いまだにファンの心をつかんで離さない、そのわけは、

汚れ落ちがいい

汚れ落ちがいいことに加えて、汚れ具合も目に見えること、
汚れ具合によって、すすぎの回数を変えたり、
水の量を調整できたり、自由がきくことも、メリットになっています。

農作業をする人、旦那さんが作業着を着て汚れやすい人など、
全自動洗濯機では不満を感じて、二層式洗濯機に戻る人もいるようです。

 

洗濯の回数が多いと、短時間で済む

洗濯層と、脱水層が分かれているので、
洗濯と脱水が同時に出来るのです。

色柄物を分けて洗濯したい人や、
汚れ具合によって、洗濯を分けたい人に向いているようです。

 

汚れ具合によって、洗濯を分ける方法

  1. 軽い汚れのものを洗って、脱水。
  2. 普通の汚れのものを洗って、脱水。
  3. 洗剤を足して(最初の洗剤量の30%)、ひどい汚れのものを洗って、脱水。
  4. 全部一緒に(入ったら)すすいで、脱水。

 

 

壊れにくい

全自動洗濯機に比べて、構造が簡単なので、壊れにくく、
もし壊れてしまっても、簡単に直せるんです。

屋外に置いて使っている人も多いようです。

 

カビにくい

まったくカビがこないわけではないですが、
全自動式洗濯機に比べると、カビにくいようです。

脱水層がステンレス製のものは、特にカビにくいので、オススメです。

 

粉石けんが使える

肌にも、環境にもやさしい粉石けんですが、溶けにくいのが難点。

洗浄力の高い二層式洗濯機では、粉石けんも溶けやすいので、
相性バッチリなんです。

 

安い

ドラム式洗濯機になると、10万円はしますが、
二層式洗濯機は2~3万円程度です。

そのうえ、壊れにくい(^_^)v

二槽式洗濯機のデメリット

では、デメリットについても取り上げましょう。

面倒くさい

洗濯が終わったら、すすぎ、その後、脱水槽に移して脱水。

この流れを、それぞれ手動でやらなければなりません。

フルタイムで働く主婦や、色々と忙しい主婦からすると、
ボタン一つで終わる全自動洗濯機は、とても楽チンなんですね。

 

水が冷たい

洗濯槽の水の中にある洗濯物を、手で脱水槽に移さなければいけません。

冬場は…キツイですね。

 

大きなものの脱水が困難

脱水槽が小さめなので、毛布や布団などの
大きな洗濯物の脱水は難しいです。

 

音がうるさい

全自動式に比べて、需要が少ないので、
開発は、あまり進んでいないようです。

Island laundry
Copyright © 2004 Island laundry by gemteck1, on Flickr

 

さいごに

私は全自動洗濯機を使っていますが、粉石けん派なので、
粉残りが気になるときがあったり、カビも気になります。

なので、今の洗濯機が壊れたら、二槽式洗濯機を第一候補に考えています。

 

面倒くさがりの私ですが、何だか懐かしくて、
楽しく洗濯できそうなイメージです♪( ´▽`)

-生活のこと
-, ,

© 2021 大人の歩き方