生活のこと

主婦も確定申告って必要?扶養はどうなる?

ネットにつながる環境であれば、誰でも収入を得ることは、 可能な時代。

いらないものを売るオークションや、転売、
アンケートや紹介料、株やFX、
また何か作って、収入を得ることもできますね。

もっと柔軟な頭の人なら、
どこからだって収入を得ることができます。

専業主婦でも、ネットでお小遣い稼ぎをしている人は多いのではないでしょうか?

 

私も少しばかりやっていて、思ったのが、
これって、確定申告しなきゃいけないの?

040625

 

確定申告をしないといけないとき

基本的に収入があれば、確定申告の対象となります。

ネット収入がある主婦で、
確定申告を必要とする金額は、

[colored_box color="light‐red" corner="r"]

  • 給与所得者で、ネット収入からの年間所得が20万円を超えている
  • 収入が、ネット収入のみで、年間所得が38万円を超えている

[/colored_box]

 

ここで注意して欲しいのが、年間所得

収入から、必要経費を引いた金額になります。

[deco_bg image="paper1" width="400"]年間所得 = 収入 ー 必要経費[/deco_bg]

 

[icon image="finger1-bk"]必要経費とは、その収入にかかったお金のことです。
たとえば、ネット収入を得ている場合、
パソコン代やインターネット通信費、 文房具代、
自宅の一部を使っているなら、家賃や電気代、
必要なら、交通費も入ります。

家賃や電気代の料金は、家の面積の何%程度を使っているか判断して、
経費となる家賃や電気代を割り出します。

必要経費になるような領収書やレシートなどは、
最低でも、5年間は保管しておきましょう。

 

また、この必要経費は最低65万円の経費が認められています。

と言うことは、
38万円 + 65万円 = 103万円

年間103万円までの収入は、確定申告はしなくてもいいのです。

これが、いわゆる「103万円の壁」というものになります。
20130916-074246.jpg

扶養範囲内で働くためには?

ご主人の確定申告をする際に、税金が少しお得になるのが、
「配偶者控除」、「配偶者特別控除」

よく言われる「扶養の範囲内」ですが、
主婦が働いても、ご主人の扶養から外れない範囲とは、
[deco_bg image="paper1" width="400"]年間所得が76万円未満
収入で言うと、年収141万円未満[/deco_bg]

 

ただし、ご主人の合計所得金額が1,000万円(給与収入で1,231万円)
を超える年には、受けることができません。

また、ご主人が会社員でない場合は、国民健康保険や国民年金になると思われます。
社会保険料については、関係がありません。

 

[titled_box color="white" title="年間所得35万円以下(年収100万円以下)"]

  • 所得税、払わなくていい
  • 住民税、払わなくていい
  • 社会保険料、払わなくてよい
  • ご主人の所得税・住民税の配偶者控除(38万円)、受けられる

[/titled_box]

 

[titled_box color="white" title="年間所得38万円以下(年収103万円以下)"]

  • 所得税、払う
  • 住民税、払う
  • 社会保険料、払わなくてよい
  • ご主人の所得税・住民税の配偶者特別控除、受けられる

[/titled_box]

 

[titled_box color="white" title="年間所得65万円未満(年収130万円未満)"]

  • 所得税、払う
  • 住民税、払う
  • 社会保険料、払う
  • ご主人の所得税・住民税の配偶者特別控除、受けられる

[/titled_box]

 

[titled_box color="white" title="年間所得75万円以上(年収140万円以上)"]

  • 所得税、払う
  • 住民税、払う
  • 社会保険料、払う
  • ご主人の所得税・住民税の配偶者特別控除、受けられない

[/titled_box]

 

※配偶者特別控除は、収入に応じた控除額があります。

配偶者の合計所得金額配偶者特別控除額
38万円を超え40万円未満38万円
40万円以上45万円未満36万円
45万円以上50万円未満31万円
50万円以上55万円未満26万円
55万円以上60万円未満21万円
60万円以上65万円未満16万円
65万円以上70万円未満11万円
70万円以上75万円未満6万円
75万円以上76万円未満3万円
76万円以上0円

スポンサーリンク

最後に

ちょっと話がそれることになりますが、
ここで気になるのは、いくらぐらい働けば、

得をするのか?損をするのか?

という問題ですよね。

 

[icon image="arrow3-r"]ご主人が会社員の場合、会社で受けられる、家族手当など、
会社で独自に決められた手当等も、別で計算する必要がありますが、

所得税や住民税に比べて、社会保険料の負担は大きいので、
年収130万円から150万円ぐらいの間が、負担の割合が大きい
ことになります。

会社員の主婦としては、
年収を130万円以内に収めるか、160万円以上稼ぐか、
どちらかを選んだ方が、いいかもしれません。

 

[icon image="arrow3-r"]ご主人が自営業をしている場合、社会保険料を払う必要がないので、
負担の割合は、収入に伴い増えていきます。

働いただけ、収入は増えると考えていいでしょう。

-生活のこと
-, , ,

© 2021 大人の歩き方