竜巻注意報が出たらどうする?気をつけることは?


あ!竜巻注意報だ!!

「気をつけてください」って、テレビで言ってるんだけど、

えーっと、、、

どうしたらいいの??
何に、気をつけるの??

 

空を見て、竜巻と逆に、
逃げるだけでいいのかなぁ?

 
あなたは、突然の注意報に、冷静に対処できるでしょうか?

スポンサーリンク

冷静に対処できる自信は、ないっ!!(ドーン!)

と堂々と言えるあなたも、もう安心してください!
 

私にも、小さな子供がいるので、いざと言う時、
すぐに対処できるよう、調べておいたので、

竜巻注意報が発表されたら、どうしたらいいのか
あなたや、子供たちが、竜巻に巻き込まれないため、
ビシバシ、シェアしていきますね(*´∀`)
 

そういえば、竜巻ってどんなものか、ご存知ですか?

少し、アメリカの竜巻をご覧ください。
3分11秒から後、特に最後の竜巻、、、

なんじゃ、こりゃー!!∑(゚Д゚)です。
 

こんなに大きなものは、
日本では発生しないと、思いたいですね(・ω・`)

 

気象庁からの発表は、どの段階?

気象庁が、竜巻注意報を発表した時には、
竜巻が発生する、0~1時間前なんですって!!

あっという間のようですが、実は、その前にも、
段階的に、注意情報が出されているんです。

その気象情報の見方を、今から説明していきますね。
 

 1.竜巻などの激しい突風のおそれ
半日~1日前に、注意があります。

発表してから、約24時間は、
竜巻や突風が、起こるかもしれないから、気をつけてね!
という、注意報になります。
 

まだ、余裕があるので、
いざと言う時のために、対策を考えておきましょう。

  • 家族で、避難方法について、話し合っておく
  • 家族の、その日の行動パターンを、各自で把握しておく
  • 家の外に置いてある、鉢や自転車など、

    飛ばされたときに、危険そうなモノはしまっておく

  • 次の気象情報を、気にしておく

スポンサーリンク



 

 2.雷注意報
雷注意報として、内容は「竜巻」と発表されます。

数時間以内に、竜巻が発生する可能性がありますよ、
という注意報です。

この注意報が解除されるのは、発表後、約12時間後。
 

竜巻の前の前兆については、後述していますが、
雷やひょう、急な強い雨が降ることもあるので、

「雷なら、部屋の中にいれば安心!」

と、思わず、「竜巻がくるのか??」
と、身構えて、さらに対策を強化しておきましょう。

たとえば、私なら、次のようなことに気をつけたいかな。

  • 家族に連絡を取り合ったり、居場所確認をする
  • 家族に、注意報が出ていることを知らせる
  • 逃げ道を確保できる場所に、移動しておく
  • すぐに隠れられるような、安全な場所を、確認しておく
  • 災害グッズなどの確認
  • 赤ちゃんがいれば、ミルクやオムツなども、持ち出せるようにしておく
  • 気象庁からの情報に、気をつけておく

 

上記の気象庁からの情報をクリックすると、
↓のように表示されます。

さらに、赤〇のところをクリックすると、
現在の状況がチェックできますよ(*´∀`)

気象庁 - レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)
(↑パソコンの場合、クリックすると、大きくなります。)
 

 3.竜巻注意情報
この注意報は、

  • 今すぐにでも、竜巻が発生しますよ
  • もう、竜巻が発生していますよ!

と、今、けっこう危険だよと伝える注意報です。

 
この注意報が出てから、1時間は、
空の状態に、気をつけておきましょう。

 
ここでできる対策は、

  • 窓を閉めておく
  • 雨戸を閉めておく
  • 頭など守れるように、バスタオルなど準備しておく
  • 空の状況を確認しておく
  • 前兆があれば、すぐに逃げられるようにしておく
  • 気象庁からの情報をチェックしておく

と言ったことですね。

特に、竜巻が来てから、窓を閉めようとしても、
「強風で閉まらない!」
ということも、あるようです(・ω・`)
 

もう、ここまでで、準備は万端にしてあるはずなので、
あとは、前兆を見逃さないようにして、
竜巻が発生したら、逃げたり、隠れたりするだけです。
 

前兆はコレ!
前兆としては、次のようなことが現れます。

  • 急に暗くなる
  • 雷がおこる
  • ヒョウが降る(動物じゃない方ね(・∀・i))
  • 急に大雨になる
  • 冷たい風が吹く
  • 土の匂いがしてくる
  • ゴーッという音がする
  • 耳が詰まったような感じになる

 

まぁ、的中率は5%といったところなので、
必ず、竜巻が来るとは限らないんですが、
竜巻にあった人のインタビューでは、

「あっという間の出来事でした」
「一瞬の出来事でした」

と、必ず、言いますからね、
準備に越したことは、ありません!
 

では、逃げたり隠れたり、どこに行ったらいいのか、
次の章で、話していきますね。

 

安全な場所はどこ?

屋内と屋外と、それぞれ説明していきます。

「絶対に安全」とは、言い切れませんが、
次のようなところや、準備をしておくと、
より安全ってところです。
 

 屋内で、安全に過ごす場所

  • 同じ建物でも、低い階、特に地階
  • 窓ガラスが割れたときを考えて、
  • 雨戸やカーテンをしておく

  • 割れたガラスや、モノが飛んできたことを考えて、
  • 布団にくるまる

  • 窓から離れた、家の真ん中
  • 窓がなかったり、小さな窓の、
  • トイレ、洗面所、風呂場

 

高層階の場合、何か飛んでくることがあったり
違う窓から、飛ばされてしまうこともあるので、
できれば、下の階に移動しておきましょうね。
 

 

 屋外で、安全に過ごす場所

  • 電柱や木、車の近くは避ける
  • 飛んだり、倒れてくるかもしれないから

  • 竜巻が来たら、車から降りる
  • 飛ばされるかもしれないから

  • 鉄筋コンクリート造の、頑丈な建物に避難する
  • プレハブ造や古い木造建築物は、壊れる危険が

  • 頭を守って、地面にうつぶせ
  • 地面から50㎝のところまでは、風が弱い

  • 地面のくぼみに入る

 

ちなみに、竜巻の時速は40~90kmなんですね。

もし、時速60kmなら、
1k先にできた竜巻でも、1分後には到着する、
という計算になるんです。
 

となると、まさに、
「トルネード、出来てしまったら、あっという間!」
字余り(・∀・)

 

竜巻が起こらなければ、何よりですが、
万が一、竜巻に巻き込まれたとしても、
ケガもなく、やり過ごせるのが、一番です!
 

どうぞ、家族で一度、話し合って、
落ち着いて対処できますように、

そして、何事もおこりませんように(*´∀`)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫