赤ちゃんの歯磨き!いつからする?どうやってする?


赤ちゃんに、歯が生えてきた!!
 

赤ちゃんの成長って、嬉しいですよねー(*≧ω≦)

これからも、きっと嬉しい成長を見せてくれるハズですが、

その前に、
歯磨き、いつからしたらいいのか
悩んでいないですか??

スポンサーリンク

今は、虫歯は親からうつる、と言われて、
虫歯のある子が、どんどん減っているんだそうです。

すごく、いいことなんですが、
ママとしては、ちょっと、プレッシャーかかりますよねー(・ω・`)

 
なので、一人目のときには、
私が、けっこう頑張りすぎて、
とても、イヤな思いをさせていたんです。

次の子は、イヤなことはすっごーく嫌がる、
とてもハッキリとした性格なので、
「どうせ、嫌がるだろうし」と、気楽にやってみたところ、

意外と、嫌がらないんです!!

しかも、ちょっと嬉しそう!?

 

ママの仕事は、本当に大変です。

さらに、余計なストレスを溜めてほしくないので、
歯医者さんから聞いたことや、私の経験も含めて、
赤ちゃんの歯磨き、いつから?どうやってする?
ってことについて、お話ししていきますね。

 

どうぞ、バイキンをやっつける、
アンパンマンになった気持ちで、ご覧ください。
 

アンパン、どうぞ。

グヘへへ!アンパンマンめ!

(しまった!バイキンマンを元気100倍にしてしまったーっ!)

Ryan
Copyright © 2013 Ryan by Gwenael Piaser, on Flickr
 

赤ちゃんの歯磨き、いつからしたらいいの?

赤ちゃんの、歯が生える時期は、
赤ちゃんの、個人差によります。

「3ヶ月には生えてたよ」という、ママ友もいますし、
反対に、遅い子では「1歳半でやっと生えた」という例もあるようです。

 

そして、赤ちゃんの歯は、
エナメル質の厚さが、永久歯の約1/2の厚さしかないので、
とても柔らかく、虫歯になりやすいんですね。
 

なので、歯磨きをスタートする時期は、
早いに越したことは、ありません。

歯が生えたら、歯磨きを始めてみてくださいね(*´∀`)

 
慣れない最初のうちは、とても嫌がったりしますが、
コツをつかむと、喜んでやってくれますよ。

そのコツは、次の章で話していきますね(*´∀`)

スポンサーリンク


歯磨きは、どうやってしたらいいの?

母乳のうちは、まだ虫歯になりません。

「母乳をあげていると、虫歯になる」
と、言われますが、実際には、
離乳食の食べ残しと、夜間の授乳や、添い乳が合わさって、
虫歯になりやすくなるんです。
 

なので、歯が生えたからと言って、
「キレイに磨かなきゃ!!」と、焦らなくてもOKなんです。
 

まずは、歯ブラシに慣れてもらうことが、一番!

 

1日1回、

  • 塗れたガーゼで拭く
  • 赤ちゃん歯ブラシを使う

と、2通りありますが、
どちらでも、問題はないようです。

歯磨き粉も、基本、必要ありません。
どうしても、嫌がるときに、
甘い味の歯磨き粉で、ごまかす程度のものです。

 

私の場合、
歯ブラシに慣れてもらうのが、目的だったので、
最初から、歯ブラシを使いました。

 

では、肝心の歯磨きの方法について、
もうちょっと、詳しく説明していきますね。

 

歯磨きの方法

1.歯ブラシの持ち方
まず、歯ブラシは鉛筆にぎりです。

こうすると、力が入らないので、痛くないんです。
大人の場合も、同じですよ。

あ、その前に、
歯ブラシは、濡らしておいてくださいね。

Processed with Rookie
 

2.赤ちゃんをセッティング
ママが床に座った状態で、ひざとひざの間に、
赤ちゃんの頭を、軽くはさんで、
赤ちゃんの口を、上からのぞくようにして、
歯を軽くこすります。

このとき、時間をかけずに、楽しくするのが、コツ!
 

  • ママが、楽しそうにする
  • 歌を歌う
  • ママがおもちゃをくわえて、ブラブラさせておく
  • 歯ブラシする前に、こちょこちょしたり、いちゃつく
  • 歯磨きができたら、「できたねー!」とギューッとする

ということを、私自身やっていました。

そして、お風呂上がりに、歯ブラシしていたので、
歯磨きするタイミングを覚えさせたのも、
よかったのかもしれません。
 

こちらの動画も、上手に楽しく歯磨きしているので、
参考にしてみてください。

 

そして、離乳食が始まると、虫歯の心配が出てきますよね。
磨き残しがしやすくて、気をつけたいのは、

  • 歯と歯茎の間
  • 歯と歯の間
  • 奥歯の溝

です。

 
奥歯の溝は、小児歯科で、
シーラントで埋めてもらいました。

最初は、ビックリしましたが、
虫歯に、すごく効果的なんだそうですよ。

 
そして、脅してしまうようですが、
歯みがきが、上手に出きるようになったからと言って、
虫歯ができないわけではないんですよね(>人<;)

 
次に、虫歯になりやすい習慣について、見ていきましょう!

 

虫歯になりやすい習慣って?

もう、常識になっていますが、
赤ちゃんに、もともと虫歯菌は、いません。

たいていの場合、親から、特にママからうつります。
 

それも踏まえて、気を付けたい習慣は、

  • 親と同じスプーンや箸を使わない
  • コップをまわし飲みしない
  • 口と口でチューしない
  • 寝る前にジュース、甘いモノを飲まない
  • お菓子を食べ過ぎない

ということです。

 
もし、うつっていても、
3歳以降は、ほぼ全員が菌を持っているので、
キチンと磨けていれば、大丈夫なんです。

 

そして、キチンと歯磨きをしているのに、
虫歯になりやすい子は、

  • エナメル質が弱い
  • 唾液が少ない

という特徴があるんです。

赤ちゃんのヨダレが、少ない方だな、と思ったら、
ジュースや甘いモノは、なるべく控えるように、
気をつけてあげたいですね。

特に、イオン飲料はエナメル質を溶かしてしまうので、
気を付けてください。
 

どうぞ、親子で楽しく、ラブラブな歯磨きタイムとなりますように(*≧ω≦)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫