お盆に海水浴!クラゲで泳げないって本当!?


海水浴へ行くのは、お盆までよ!!

って、聞いたことないですか?

 
お盆を過ぎたら、海へ入らないように言われるのは、
全国どこも、同じようですね(*´∀`)

ところで、クラゲも増えるって聞くけど、本当かなぁ?

 

海水浴へ行くのは、お盆まで!
と、小さなころから、聞いて育ったんですが、
理由は、周りの大人に聞いても、だいたい、

  • 霊に、連れていかれるから
  • クラゲが増えて、刺されるから

この、まったくつながりのない、2点なんですよね。

特に、霊って、意味が分からないし。
(こ、怖がってないわよっ!)

スポンサーリンク

大人になってからは、勇気を出して、
お盆にも、海水浴へ行くようになったんですが、

人が少なくなって、泳ぎやすいし、
シュノーケルも、ボートも、周りの人を気にしなくていいので、
けっこう、優雅に過ごせちゃうんです(*´∀`)

(ボートって、空気で膨らませるヤツね(・∀・i))
 

いつも、無事に生還していたので、
今回、子供を連れていこうとしていたら、主人の母から、
「お盆はクラゲが出るから、連れて行くのはやめなさい!」
と、一言。

 

あ、そういえば、小さいころに
私の母も言っていたな、と思いだし、
お盆を過ぎたら、海にクラゲが増える理由について、
調べてみたんです。

クラゲって、当たり前ですが、いろいろ種類があるんですね。

お盆に関係なく、
子供たちが、海で安全に遊べるように、
と考えているなら、必見ですよ!!

 
私も、子供たちを、お盆に海へ連れていくのは、やめときます(>人<;)

Sunset - Kovalam Beach
Copyright © 2010 Sunset – Kovalam Beach by B Balaji, on Flickr
 

お盆を過ぎたら、なんでクラゲが増えるの?

コレは、昔から不思議だったんです。

だって、年中、クラゲ、いるし。オ、イエー!

(ラッパー!?∑(゚Д゚))
 

うん。まぁ、調べてみると、
毒クラゲが、お盆頃を境に、
一気に成長するから、ということなんです。

「急に、こんなん増えちゃいました!」
って、マジックとは違うんです。

 
で、その毒クラゲの中には、
命を落とすほどの毒を持っているほど、
危険なクラゲもいるんです!

そんな危険を避けるために、
「お盆を過ぎたら、海へ行くのはやめなさい」
と言われるんですね。

先人たちからの、愛の言葉だったんです!
 

でもですね、あなたも、お気づきでしょうが、
実際は、お盆前からクラゲは、いるんです。

変に、怖がらないため、
危険なクラゲを、3匹紹介していきますね。

スポンサーリンク



 

 アンドンクラゲ 危険度:☆☆☆☆
【別名】電気クラゲ・イラ(九州)kurage

北海道付近まで、広い範囲で、
暖かな、浅い海に多いクラゲ。

お盆時期から、アンドンクラゲの発生で、
海水浴場を締め切るところもあるようです。
 

【見た目】
透明で、直径は4㎝ぐらい。
足は20㎝ぐらいの糸が、4本出ています。

小さくて、目立たないですが、
大群でいることが多いので、気を付けたいですね。

【毒性】
刺されると、電気が走ったようにビリッとして、
ミミズ腫れになり、しばらく跡が残ります。
【刺されたときの対処】
海水で洗い流して、
痛みのあるときは、氷や冷水を使って冷やしてから、病院へ!

 

 ハブクラゲ 危険度:☆☆☆☆☆
ハブクラゲ 沖縄県宜野湾市 2013_09_13 - YouTube
沖縄や奄美地方にいるクラゲで、
猛毒のハブから、名前をもらうほど、
強い猛毒を持っています。

6月から9月ごろにかけて、発生するので、
沖縄方面へ旅行に行って、海で泳ぐときには、
クラゲよけネットのある、海水浴場で泳いでくださいね。

 

【見た目】
かなり透明で、直径は大きいモノで30㎝にもなって、
足は1.5mの長さまでなります。

透明で、画像のとおり、とっても分かりにくいです。
集団でいることもあるので、気を付けてください。

【毒性】
刺された瞬間に、激痛がはしり、
刺されたところは、ミミズ腫れ、水泡、細胞壊死、
ひどい場合、ショック死することも(>人<;)
【刺されたときの対処】
海水で洗い流して、をかけ、
痛みのあるときは、氷や冷水を使って冷やしてから、即病院へ!

 

 カツオノエボシ 危険度:☆☆☆☆☆
【別名】電気クラゲ
640px-Portuguese_Man-O-War_(Physalia_physalis)
太平洋沿岸にいるクラゲで、
体の空気で、プカプカ浮いて、
帆船のように、体に風を受けて動くんです。

ちなみに、空気を抜いて、沈むこともあります。

見た目がかわいいですが、すごく強い毒を持っていて、
ゴールデンウイークから9月ごろまで発生します。

 

【見た目】
透明な藍色で、大きさは約10㎝程度ですが、
足は平均で10m、長いモノでは50mにもなるんです。

見た目が面白いので、触ったりして、
ケガをする人が多いんです。

死んでいても、毒があるので、気を付けましょうね。

1000個以上の大群でいることもあるようです。

【毒性】
刺されると、電気を受けたようにビリビリします。
それも、強力な電気で、かなりの激痛です。

刺されたところは、腫れ上がって、痛みは長時間ひきません。

さらに、二度刺されると、アナフィラキシーショックで、
死亡する例も(>人<;)

【刺されたときの対処】
酢は、絶対にダメ!

海水で洗い流して、
氷や冷水を使って冷やしてから、病院へgo!

 

それぞれの対処法で、クラゲによっては、
が、効果的になったり、
最悪の事態を引き起こすこともあるので、

なんのクラゲなのか、分からない時には、
海水で洗って、触手を暑い軍手やピンセットで取って、
すぐに病院へ行ってください!

 
他にも、危険なクラゲがいたり、
「土用波」という、土用の頃に起こる大きな波があったりするので、
お盆の頃の海水浴場は、やっぱり危険なようです。
 

それに、「霊にさらわれる」とも言いますしね。

あ、クラゲは「霊の化身」と言う地域も、あるんだそうですよ。

 

子供を、海で泳がせたりするときは、
クラゲよけネットのある、海水浴場へ連れていこうかな。

もちろん、お盆前までに。

 
どうぞ、あなたも安全で、楽しい海水浴となりますように(*´∀`)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

3件のコメント

  • jyanai

    ありがとうございます、気をつけます~

    お盆をすぎると、本当にクラゲって増えるんですね~
    うーん、、、残念ですが、知れて良かったです^^

    またちょくちょくお邪魔します^^

    では!

  • jyanai

    こんにちは!オトメンパパです^^

    僕、クラゲに刺されたことあるんですが、たぶんこの、
    アンドンクラゲです。
    ミミズ腫れになって、しばらくあとが残りました。

    軽快でさくさく読めて、それでいてタメになりました~

    • こんにちはー!コメント、ありがとうございます!
      刺されたことないんですが、
      調べれば調べるほど、痛そうでした><

      娘さん達と海へ行くときは、気を付けてくださいねー。

      コメント、嬉しかったですー!
      そして、タメになって、良かったです。

1件のトラックバック

  • お盆 海水浴 くらげ お盆に海で泳いでも大丈夫?お盆に海水浴できないと言われる理由 | 赤ちゃんの抱っこで腱鞘炎改善と対策 ママの体験談
    2014年8月14日 9:42 AM

    […] クラゲの注意 […]

コメントも気軽にどうぞ♫