残暑見舞いを出す時期!立秋から?いつまで?


暑中見舞いを出すのが、遅くなったけど、
えっと・・・残暑見舞いって、いつからだっけ?

 

暑中見舞いと、残暑見舞いの違いって、
知っていますか?

4639772572_c536c5b1dc_o
Copyright © 2010 Letters Play Important Roles in our Lives by William Arthur Fine Statione
 

ちょっと、もったいぶった質問ですが、
なんてことは、ありません。

暑中見舞いと残暑見舞いって、
時期が違うだけで、同じ季節の挨拶なんです。

 
ただ、時期がずれると、
「ははーん、さては、知らないんだな」
と、ちょっと恥ずかしい思いをすることになるので、
大人としては、シッカリ抑えておきたいですよね。

 
今回は、
残暑見舞いを出す時期や、書き方について、
話していきますね。

どうぞ、マナーのある、大人の女性として、
知っておいてください(*´∀`)

スポンサーリンク

残暑見舞いを出す時期はいつからいつまで?

残暑見舞いを出す時期は、一般的に、
立秋(8月7日ごろ)から、白露(9月8日ごろ)まで。

 
かと言って、早く出すのも、
「今から残暑って言われても、まだまだ暑いし・・」
なんて、思われることも、わりと少なくないんです。

 
なので、私のオススメは、
8月23日の、処暑(しょしょ)のあたりに出すこと。

ちょうど、
「お盆も過ぎて、夏も終わりねー」
なんて頃です。
 

処暑の意味も、
「暑さがピークを過ぎて、だんだんと落ち着くころ」

なので、ちょうど、「残暑見舞い」とも、
意味が重なるんです(*´∀`)

 

相手が喪中でも、残暑見舞いを出して構わないんですが、
その場合の、うまい書き方を、別記事にして、
詳しく書いているので、参考にしてみてください↓

喪中の暑中見舞い!例文は?マナーは?

 

また、

白露(はくろ)まで、出してもいい、と言われていますが、
「8月末まで」と、考えている人も多いので、
できれば、8月中に書いておきたいですね。

カモメールの宝くじの抽選も、
9月1日なので、お相手が一気にチェックできるよう、
なるべくなら、

8月中には、相手の方に届くように出すのが、
気づかいかな、と思います。

 
では、書き方についても、ザッとみていきますね。

スポンサーリンク


残暑見舞いの、うまい書き方!

だいたいの流れが決まっているので、
字を、間違えないように気をつければ、
あまり、難しく考えなくても大丈夫です(*´∀`)

 
では、流れを説明していきますね。
 

 残暑見舞いの挨拶

残暑見舞い申し上げます

または、目上の人に対して、
「残暑お伺い申し上げます」でも。

 

 時候の挨拶

  • 残暑厳しき折から
  • 残暑とは名ばかりの毎日が続いていますが
  • 朝夕涼味を覚えるころ
  • 連日うだるような暑さが続いていますが
  • 立秋が近ければ、「立秋の候」
  • 処暑の頃なら、「処暑の候」

またまた、過去記事の紹介になりますが、
他には、こちらも参考にしてみてください。
8月 9月 10月の秋に使う時候の挨拶

 

 相手の安否をうかがう言葉

  • お変わりなくお過ごしの事と存じます
  • いかがお過ごしでしょうか
  • お元気でお過ごしのことと拝察申し上げます
  • 〇〇様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか

親戚や、家族向けに書くなら、
「皆様」「ご家族の皆さま」と、
頭に入れるのも、いいですよ(*´∀`)

 

 こちらの近況報告

  • 夏休みも終わりに近づき、
    子供たちが、宿題に追われる毎日です。
  • 私どもは▽▽へ出かけてきました。
    猛暑から解放されて、家族でリフレッシュすることができました。
    来年は、ぜひご一緒できるといいですね。

ここは、ご自分の言葉で書いてみた方が、
心のこもった、残暑見舞いになります。

暑中見舞いのお礼や、
お盆の頃に、帰省した時のお礼があれば、
一言いれても、いいですよね。

 

 相手の健康を気づかう言葉

  • 残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますよう、お願い申し上げます。
  • まだまだ暑さは続きますが、ご無理をなさいませんように。
  • どうか、お体大切にお過ごし下さいますよう、お祈りしております。

こんな感じですが、
相手への健康を願った言葉なら、OKです。

 

 日付

平成〇〇年 八月

八月のところは、
立秋、処暑、晩夏、初秋など、
時候の挨拶で、使うような言葉にすると、
なんとなく、粋な感じになります(*´∀`)

 

どうぞ、いろいろパズルのように組み合わせて、
残暑見舞いを書いてみてください。

お相手のことを考えながら書けば、
きっと、気持ちは伝わります。
 

最後に、全体的な例文をのせますね。

残暑お見舞い申し上げます。
連日、猛暑が続いていますが、皆様お変わりございませんか。

私どもは▽▽へ出かける予定です。
しばし、涼風に憩えることを、今から楽しみにしております。

まだまだ暑さは続きますが、どうぞ、ご自愛くださいませ。

平成〇〇年 晩夏


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫