赤ちゃんのこと

オムツトレーニング!いつから始めたら失敗しない?

まだオムツ、外れてないの?
昔は、1歳で、はずしたものよ!

 

ズッキーン!!(゚д゚lll)

 
昔の時代は、オムツを外すのが、
とても早かったみたいですよね。
 

ある人(年配者)は、
「うちの子は、歩くころには、はずれてたわ」

 

って、マジですか!?Σ(゚д゚lll)

でも、大丈夫です。
安心しましょう。

歩くのが早い子や、しゃべるのが早い子がいるように、
子どもにも、個性があるんです。
 

小学生になって、昼間にオムツを履いてる子は、いません!

遅かれ、早かれ、オムツはとれます。
 

周りに、影響され過ぎても、
慌てて、焦って、イライラして、
ママにも、子供にも、よくありません。

お互いが、ストレスを溜めて、いいことは、なんにもありません。

 
子どもの方も、トラウマになってしまうと、
さらに、トイレトレーニングが怖くなったり、
行きたくなくなってしまいます(>人<;)

 

そこで、
ゆるゆるっとした育児がモットーの私が、
親子でストレスなくできる、オムツトレーニングの方法を、
教えちゃいます!!

 

どうぞ、オムツを頭にかぶる、子どもを想像しながら、
ご覧ください。

あ、それ、私の息子ですが(笑)

Peekaboo (inside cardboard box)
Copyright © 2011 Peekaboo (inside cardboard box) by Oleg Shpyrko
 

オムツトレーニングはいつから始める?

まず、大きく、2つのタイプに分かれると思うんです。

早くはずそうとするタイプと、
遅くはずそうとするタイプ
 

私は、上の子は、早くはずしたんですが、
下の子は、遅いんです。

どちらも経験してみたので、
思ったことを、話していきますね。

[ad#ad-1]

[icon image="finger1-r"]早くから始める場合
早い人では、首が座った頃から、
トイレですることを、教えたり、
座らせてみたりします。

お座りできる頃、トイレに一人で座って、
トレーニングを始めます。

 
こうしていけば、1歳過ぎには、
トイレに座れせたら、おしっこが出るようになったり、
体で覚えていけるんですよね。

ただ、親のサポートが、
かなり必要になってきます。
 

そして、個人差はありますが、
3歳ごろまでは、失敗もあります。

たぶん、一番、本人が恥ずかしくて、
ガッカリしているはずです。

あまり、失敗しても怒らずに、
見守っていってほしいな、と思います。

 

[icon image="finger1-r"]遅く始める場合
言葉のやり取りもできて、
本人も、おしっこの感覚が分かること。
 

2歳のイヤイヤ期が間に入ると、
本人が嫌がって、トイレに行かなくなったり、
失敗に終わったりする確率が、高くなります。
 

3歳ごろ、素直になってきた頃になると、
周りも、パンツが増えてきますよね。

すると本人も、
「恥ずかしい」とか、「パンツかっけー!」
という思いが出てきて、ヤル気がみなぎったりするんです。

なので、お互い、
ストレスがかからないかな、と思います。
 

また、大きくなれば、
トレーニングっていうほどのこともなくなって、
早い子では1日で、オムツが取れたりするんです。

 
ただ、注意する点は、
周りの声を、あまり気にしないこと。

マイペースでやっていきましょう。

 

[colored_box color="light‐gray" corner="r"]私の話になりますが、
上の娘は、それこそ、早くから始めたんです。

早くから始めたんですが、
遊んでいたり、何かに集中すると、
よく、失敗しちゃうんです。

「トイレに行こうか」と誘っても、
「出ない」と言って、そのまま遊ぶ。

そして、失敗して、怒ってしまっていたんです(>人<;)[/colored_box]

 

[icon image="q3-r"]なんで、オムツをはずしたいんでしょう?

[icon image="a3-r"]私の場合ですが、
[colored_box color="light‐red" corner="r"]

  • 見栄
  • 「早く取れたねー」、「すごーい」
    って、言われたい。

  • オムツ代
  • 早く取れた方が、お金がかからないですもんね。

  • おむつかぶれ
  • おむつかぶれが気になる。

[/colored_box]

ってことだったんですが、
ほぼ、親の都合なんですよね。

親の都合で、イライラして、
子どもに負担をかけさせて、
怒ってしまう・・・(・ω・`)
 

で、結局は、3歳ではずした子と、
終了した時期は、同じになったんですよね。

でも、ストレスは、かかってない、という。
 

それなら、最初から、
子ども主体で始めた方が、良さそうですよね。

子ども主体で始めるのが、良さそうですが、
そうするために、どうしたらいいのか、
このあと、話していきますね。

23
Copyright © 2012 23 by Philippe Put, on Flickr

 

まとめ

個人差は、あると思うんですが、

「トイレに行きたい!」

という、本人の意思を、大事にしていくのが、
親子ともに、いいのかな、と今は考えています。

 

ということで、
まだ話せない、本人の意思を、
チェックしていくところは、

[colored_box color="light‐red" corner="r"]

  • 用を足しているときは、どんなしぐさ?表情?
  • 「ちっちしたよ」と教えている、サインはある?

[/colored_box]

 

産まれたときから、
しぐさや表情で、分かる子もいるようです。
 

気づいた今から、チェックして、
「ちっち出たね」
と、声かけをしていくことから、始めてみましょう。

そして、トイレに行けるようなら、
連れていってあげて、
[colored_box color="light‐red" corner="r"]

  • トイレの意味が分かる
  • トイレで用が足せる
  • ママも覚悟ができた

[/colored_box]
なら、本人の意思を、第一に考えながら、
気長に、始めていきましょう(*´∀`)

-赤ちゃんのこと

© 2021 大人の歩き方