赤ちゃんのこと

お宮参りのお金!袋の書き方は?いくら包む?

お宮参りに、行きたいんだけど、

お金って、袋に包むの?
なんて、書いたらいいの?
いくら、包んだらいいの?

Sleep Like A Baby
Sleep Like A Baby / peasap
 

なんて、悩んでいるところですか?
 

初めてのお宮参りは、赤ちゃんが産まれたことを、
神様に報告・感謝して、これから無事に成長することを祈る、
初めてのイベント。

そして、ママとパパも、
親になったんだなーと、改めて自覚しますよね(*´∀`)
 

中には、おじいちゃん、おばあちゃんの方が、
着物買ったり、いろいろ下調べをしていたり、
「目に入れても、痛くない!!」
って、本当に入れそうになっている人も、少なくありません!

(ドラえもんのポケットかっ!)

 

そんな、お宮参りですが、
義理の、かわいいお嫁さんも、
例にもれず、お宮参りを迎えたわけです。

その時に、お金について、
どうしたらいいのか、いろいろと相談されたんです。

経験談に加えて、さらに、恥ずかしい思いをしないように、
詳しく調べて、教えてあげたんですよね。
 

後日、
「無事に、お宮参りを済ませることができましたー(*´∀`)」
と、嬉しそうに報告してくれたんです!

 

ここを読んでいる、あなたにも、
安心して、お宮参りに行って欲しいので、

お宮参りの、お金はいくら包んだらいいのか、
袋の書き方や、渡し方など

お金に関する、あれやこれをシェアしていきますね。

どうぞ、安心して、赤ちゃんを目の中・・・
じゃなくって、お宮参りへいってください(*≧ω≦)

お宮参りのお金!いくら包む?

最初に、いくら包んだらいいのか、
お宮参りの相場が気になりますよね。

大体の相場は、
[deco_bg image="paper1" width="400"]3,000円から10,000円
一般的には、5,000円[/deco_bg]
 

ただ、神社によっては、一律いくらと、指定していたり、
予約が必要なところも、あるんです。

なので、
行く予定の、神社のホームページをチェックしたり、
なければ、電話で、予約と料金について、
問い合わせてみてください。

「料金は、お気持ちで」と言われた場合、
5,000円が無難かな、と思います。

 
[colored_box color="light‐gray" corner="r"]ちなみに、私が行った神社では、
5千円、7千円、1万円コースがあって、選べるんです(・∀・i)

もちろん、選んだのは、5千円コース。

帰りのお土産が、お食い初めセットと、御札でしたが、
他のコースは、お土産がもっと多くなります。[/colored_box]

 

神社で祈祷してもらう、料金のことを、
初穂料と言いますよね。

初穂料を渡すときって、袋に入れた方がいいのか、
そのままなのか、迷うところじゃないですか?
 

実は、神社によって違うようなんです。

詳しくは、次の章で話していきますね(*´

[ad#ad-1]

お宮参りのお金の袋は?書き方は?

お宮参りのお金、私の行った神社では、
コース料金と言うこともあってか、
袋なしでお願いされました。

神社によっては、
神社側が用意した袋に、入れるところもあるんです。
 

なので、何も書いていない袋を、持って行って、
神社についてから、書いた方がいいかもしれませんね。

それより、電話で聞いた方が、早いかもしれないけど。

 

持っていく袋は、

[colored_box color="light‐red" corner="r"]紅白の蝶結びの水引袋で、表書きは「御初穂料」。

名前は、赤ちゃんの名前を、フルネームで。
[/colored_box]

 
初穂料を渡すのは、祈祷前。

社務所で、名前や住所を書くんですが、
その時に、渡したらOKです。

 

[colored_box color="light‐gray" corner="r"]私の行った神社ですが、
受付をしたら、待合室でしばらく待って、
何組か集まったら、神社の奥へ進んで、
神主さんに、祈祷してもらいます。

神主さんが、神様に何か言いながら、
玉串で、シャッシャッって頭を祓って、
清めてくれます。

気とか、分からないんですが、
なんだか、悪いものが取り除かれたような、
神聖な気持ちになって、
帰りに、お土産を渡されて帰ります。

高いコースのお土産を、気にしながら。

 
祈祷時間は、20分ぐらいでしたが、
待ち時間も、20分ぐらいでした。[/colored_box]

 
お宮参りのママの服装については、
こちらの記事に書いているので、ご覧ください。
→ お宮参りのママの服装!注意するポイントはココ!!

ちなみに、喪中でも、50日間を避ければ、
お宮参りに行っても、大丈夫ですよ。
 

私もそうだったんですが、
最近は、親子だけで行くことも多いと思います。

昔は、父方の祖母が、赤ちゃんを抱っこする役目だったので、
お宮参りの予定を、パパのご両親にも、
話しておくと、喜ばれるハズです。
 

赤ちゃんは、自分たちの子ですが、
祖父母から見ても、自分たちの孫。

かわいいに、きまってます。

赤ちゃんが、大きくなったときに、
家族全員が、誕生を喜んでくれたこと、
また、昔話になったとき、
みんなが、自分のお宮参りの話で盛り上がってくれたら、
嬉しいんじゃないかな、と思うんです。
 

あ、初穂料はなるべく、自分たちで出しましょうね。

出すと言われたら、甘えてください(*´∀`)

 
祖父母が忙しかったので、
我が家は、親子だけで行きましたが、
今では、一緒に来てもらいたかったな、と思っています。

ぜひ、赤ちゃんの誕生と、成長を、
神様へ、報告・祈祷されに行ってください(*´∀`)

-赤ちゃんのこと
-,

© 2021 大人の歩き方