子供を怒ると自己嫌悪!悪循環を断ち切る2つのポイント!


また、怒りすぎたー(>人<;)
 

子どもが寝た後の、恒例、一人反省会。

穏やかに、やり過ごせるときもあるのに、
イライラして、たまらないときもある。

Children Reading Pratham Books and Akshara
Copyright © 2005 Children Reading Pratham Books and Akshara by Pratham Books

そんなときって、ないですか?

普段は、ちょっと注意するだけで済むのに、
スイッチが入ってしまうと、泣くまで、怒ってしまったりして、
自己嫌悪に陥ることが、よくありました(・ω・`)

 
もう、娘も8歳になって、
怒り方も、だいぶ変わってきたんですが、

小学校に上がる前には、よく
「怒りすぎてしまう」
なんて悩みを、よくママ友と話していました。
 

私が思っているよりも、
たくさんのママが、この悩みを持っていて、
「そんなに、怒らないけど?」
なんてママには、なかなか、お目にかかりませんでした。
 

もしかしたら、あなたも、
同じような悩みを、持っていないですか?

少しでも、あなたが楽になれるよう、
子供を怒りすぎてしまって、自己嫌悪になってしまわないように
私の考えを、話していきますね。

 

どうぞ、小魚をかじって、
カルシウムを補充しながら、ご覧ください(*´∀`)

スポンサーリンク

怒っているときママの気持ちは?

怒ってしまって、自己嫌悪に陥っているときって、
罪悪感が、残りますよね。
 

じゃあ、なんで怒ってしまうと思いますか?
 

私が思うに、

  • しっかりした子に、なって欲しい
  • しつけがしっかりできるママと、思われたい

というものが、根底にあるのかな、と。

 

ということから、私が提案したいのは、

  1. 完璧を求めない
  2. 自分を許す

の、シンプルな2点です。

 
今から、順に説明していきますね(*´∀`)

スポンサーリンク


育児に完璧を求めない!

子供が小さければ、小さいほど、
子供のやることには、「しつけ」という名前の、
重い枷(かせ)が、ママにかかっているような気がします。

 
しつけを全くしない、というのも考え物ですが、
ここを見ているあなたは、きっと、
「しつけをきちんとしなきゃ」
っていう、完璧を求めるタイプなんじゃないかな、と思います。
 

それを前提に、言いますが、
思いきり、怒ってもいいと、思います。

ただ、危険なときや、本当に悪いとき。

そして、後でハグしたり、
ひどく叱りすぎたことを、謝ったり、
フォローを、忘れないように。

 

言う事を聞いてくれない、とか、
実は、大したことじゃないのに、
怒りすぎてしまうことって、あると思います。

そんなとき、
何に夢中になっているのか、に目を向けて、

「ここまでね」とか、「あと、これだけ」
など、本人が納得できるラインまで許してあげると、
わりと、聞いてくれやすくなります。

 

この時期の子供って、すごくクリエイターな存在で、
教えないといけないことも、多いけど、
教えられることも、多いんです。

なので、

元気でいてくれて、危険なことをしなければ、OK!と、

ゆるーく考えて、本人が、
好きなことをできる環境に合わせていく方が、
子供もママも、楽しく過ごせるし、
子供の能力も、十分に発揮できるんじゃないかな、と思います。

 
もちろん、ダメなことはダメと、
メリハリをつけていくと、
いう事を、聞いてくれやすくなるし、
お互いの信頼関係も、深まっていくはずです。

 

では、次に、自分の内面に目を向けていきましょう。

Oh Happy Day!
Copyright © 2008 Oh Happy Day! by OakleyOriginals

 

自分を許してあげよう!

いざ、子供を許してあげようと思っても、

自分がイライラしていると、
なかなか、許せなかったり、
追いつめてしまったりしないですか?

 
よくあるんです、私も。

 
育児と家事だけでも、
けっこうな負担ですものね。

 
大丈夫!

あなたは、もう、十分頑張っています。
 

イライラしていると、気づいたら、
あなたが、自分を「よしよし」と、
癒してあげてください。
 

保育園でも、一時預かりがあると思いますし、
旦那さんに、子供を預けて、

  • 一人で、ショッピング
  • 友達と、ゆっくりお茶をする
  • 温泉に行く
  • 美味しいモノを食べる
  • 美容院に行く
  • アロママッサージに行く
  • ネイルサロンに行く

なんて、自分を思いっきり、可愛がってあげてください。
 

自分と言うコップに、愛情が足りないと、
子供の大きなコップに、愛情を注ぎたくても、
どちらも、足りなくなってしまいます。

自分のコップを、タップリ満たして、
溢れてくるほどの愛情を、
子供にも、タップリ注いで欲しいな、と思います。
 

他にも、一番、身近な旦那さんに、
思いのたけを話して、甘えてみたり、
旦那さんなら、なんて言うのか、話し合ってみるのも。

 

そんな私が、子供を叱るとき、
マイルールを、決めているんです。

次に、紹介していきますね。

heart-green illustration
Copyright © 2011 heart-green illustration by Frits Ahlefeldt-Laurvig
 

子供を叱るときのルール

私が、子供を怒るときに、決めているルールがあるんですが、
3つあるので、順に紹介していきますね。
 

 しばらく、見る
怒りたい時でも、ガマンして、
どうするのか、しばらく見ておくんです。

息子が2歳になる前に、お茶をこぼしたんですよね。
すると、自分でティッシュを持ってきて、
拭いたんです。

もちろん、キレイに拭けていませんでしたが、
褒めてあげました。

ちゃんと、こぼしたらいけないってことは、
分かっているんですよね。

日頃から、これは良くないよ
と注意しておくと、ちゃんと伝わっているだなと、
感じた瞬間でした。
 

 短く叱る
叱るときに、ダラダラしていたら、
こっちが、ヒートアップしてきてしまって、
ダメですね。

短く、要点だけを抑えて伝えないと、
何で怒っているのか、怒られているのか、
お互い、分からなくなってきちゃいます(・∀・i)
 

 考えさせる
一方的に、怒ってしまうと、
子供には、選択肢がなくなってしまいますよね。

なんで、ダメなんだろう?
こんなとき、どうしたら、いいんだろう?

なんて、少しでもいいので、自分で考えさせると、
前向きに、捉えられるし、

自分で考えて、物事を解決する力も、
持てるようになるかな、と考えています。

 

でも、どうしても、言うことを聞かない時ってありますよね。

構ってほしい、だったり、
友達とうまくいっていない、など、
別のところに、原因があったりすることもあります。

思いっきり甘えさせる日を、1日作ってあげたり、
幼稚園、保育園の先生にも、相談してみると、
原因が、見つかったりするかもしれません。

 

まあ、私も言うほどは、できていないんですが、
子供を尊敬しながら、うまく誘導も出来たらな、
と思って、日々試行錯誤です。

次は、思春期がちょっと怖かったりしますが、
子供と成長を楽しみながら、向かい合っていこうと思います。
 

どうぞ、あなたが、自分をタップリかわいがってあげて、
自己嫌悪に陥ることが、ないように、

そして、私からも愛を込めて(*´∀`)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

2件のコメント

  • ゆずぽん

    涙が出ました…
    今1歳2ヵ月になる女の子の母です。
    毎日怒ってばっかりです…こどもとはまだ会話もできないから、泣いてたり、だめって言っていることを何度も繰り返す理由もわからなくて、イライラして大きな声を出してしまいます…
    怒った後とても罪悪感があるし、怒っている私の声を聞いてる主人が私をなだめようとしてて、逆に辛いです…
    でも、とても参考になりました。
    がんばって意識して向き合いたいと思います!!
    『あなたはもう十分頑張っています』この言葉に涙が止まりませんでした。主人も言ってくれているんですけど、なんだか違うんですよね…
    本当にありがとうございました。

    イイネとかツイートとかシェア?とかしたい気持ちはとてもあるんですが、したことがなくてよくわからないので…すみません(ノ_<。)せめてコメントさせてもらいました。

    • sonoko

      初めまして、コメントありがとうございました。

      私もジーンとして、すごく嬉しくなりました。
      記事を書いて、本当に良かったと、思えるコメントを、ありがとうございました。

      私も、長女が会話もできない頃、何度も何度も怒ってしまって、「言葉もよく分からないような子どもに怒ってしまった私って、なんてダメな母親なんだろう」と、すごく自己嫌悪に陥っていました。

      弟の方は、暴れん坊で言うことも聞かないうえ、うるさいんですが、見ていると面白いんです。
      長女のころは、なんてつまらないことで怒ってしまっていたんだろう、と今になって、また反省しています(・∀・i)

      家事も育児も、完璧に出来なくて、当たり前です。
      私が言うのも、おこがましい気はしますが、なんでも、完璧にやりたいと思ってしまうときには、バランスを見ながら、基準を少しずつ、落としていくといいかもしれません。

      ゆずぽんさんのコメントで、私の方が、力をもらえました。
      本当に、ありがとうございました。

コメントも気軽にどうぞ♫