秋のお彼岸!お墓参りにはいつ行けばいい?


「お彼岸だから、お墓参りに行きなさい!」

 
私は、母が亡くなってからも、
のほほーんと、過ごしていたんですが、
あるとき、親戚のおじさんから言われて、
ハッと気づいたんです!

∑(゚Д゚) 

お彼岸には、お墓参りに行かなきゃいけないんだ!!

スポンサーリンク

でも、

いつお墓参りに行ったらいいの?
何を持って行ったらいいの??

なんて、気になりますよね。

 
安心してください。

私が、キッチリ調べてきたので、大丈夫ですよ!

 
どうぞ、ゆっくり、じっくり読んで、
安心して、お墓参りにいかれてください。

Spider lily_15
Copyright © 2008 Spider lily_15 by ajari
 

お墓参りにはいつ行けばいい?

お墓参りですが、お彼岸中なら、
いつ行っても、大丈夫です。

時間も、午前中がいいと言われていますが、
行ける時間でOKですよ。

 

秋のお彼岸はいつ?
秋のお彼岸は、
秋分の日の、前3日と後3日の、1週間。

秋分の日は、だいたい9月22~24日なので、
その年で違いますが、だいたい、
9月19日~27日あたりになります。

 
では、何を持って行ったらいいのか、
説明していきますね。

スポンサーリンク


何を持って行ったらいいの?

持っていくものは、

  • お線香
  • ろうそく
  • マッチ
  • お供え物
  • 半紙
  • 仏花
  • 数珠

 


お供え物は、故人の好きなものなら、OKです。

たいていは、お菓子や果物、飲み物やお酒などですね。

お菓子を置くために、半紙を使って、
お参りの後は、持って帰って、食べちゃいます。

たまに、飲み物やお酒を、
お墓にかけたりするのを、みかけますが、
お墓が汚れてしまうので、あんまり良くないんだそうです。

お墓にかけた後は、必ず、流しましょうね。

 


仏花にも、決まりはないですが、
トルコキキョウや、鶏頭(ケイトウ)、コスモスなど、
時期のものや、定番の菊が多くみられます。

 

最後に、なんでお墓参りをするのか、
ちょっと疑問だったんですが、
こんな理由があったんです!

Spider lily_35
Copyright © 2008 Spider lily_35 by ajari
 

お彼岸にはなんでお墓参りをするの?

仏法の話になるんですが、

この世 = 此岸(しがん)
あの世 = 彼岸(ひがん)

と呼ぶんです。
 

「岸」と言う字を使っているので、
想像がつくと思うんですが、

三途の川を隔てた、こちらとあちら側の水際、
つまり、境界線ってところなんです。

 

で、秋分の日というと、
昼と夜の長さが、同じくらいになって、
太陽が真西に沈む日に、なりますよね。

仏法の世界では、
極楽浄土(簡単に言うと天国)の方向は、
真西にある!と、考えられているんです。

 
そこで、日本独自の考えにうつっていきますよ。

真西に太陽が沈む日の1週間に、
極楽浄土への道を、太陽が示してくれると考えました。

ということは、
あの世とこの世が、一番近づくので、
ご先祖様や亡き人に対して、感謝の気持ちが届きやすい、

と考えて、お墓参りをするようになったんです。
 

ご先祖様や、亡き人を偲んで、
感謝の気持ちを伝える日なんですね。

 

今、生きているのは、ご先祖様のおかげ。
 

亡き人を想うことで、

自分の命を、ありがたく思ったり、
自分の人生を考えてみたり、
いいキッカケになるかもしれません。

 
私が、一生懸命に、楽しく生きることが、
母への感謝にもなるのかな、と思って、
お墓参りに、行きたいと思います。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫