どんぐりころころ!歌詞の意味は?時代からひもといてみる!


どんぐりころころ、どんぶりこ、
お池にはまって、さぁー大変♪

 
ふと、思ったんですが、
どんぐりって、池にはまってしまうものでしょうか??

9bc531e7d423df81980bc7af1b49768d_s

童謡の歌詞って、明るい曲にのせてるけど、
「赤い靴履いてた女の子」や、「しゃぼん玉」など、
けっこう、悲しい歌詞が多かったりしますよね(・ω・`)
 

「どんぐり」が、池にはまってしまうなんて、
よく分からないし、全体の歌詞からも、
どんな意味があるのか、ちょっと考えてみました!!

 

どうぞ、この歌詞の意味を考えながら、
大声で歌いながら、ご覧ください。

「近所迷惑!!」って言われても、責任はとれませんが(・∀・i)

スポンサーリンク

どんぐりころころ の歌詞は?

まずは、全体の歌詞をご覧くださいね。

  1. どんぐりころころ ドンブリコ
  2. お池にはまって さあ大変
    どじょうが出て来て こんにちは
    坊ちゃん一緒に 遊びましょう

  3. どんぐりころころ よろこんで
  4. しばらく一緒に 遊んだが
    やっぱりお山が 恋しいと
    泣いてはどじょうを 困らせた

  5. どんぐりころころ 泣いてたら
  6. 仲良し子リスが とんできて
    落ち葉にくるんで おんぶして
    急いでお山に 連れてった

※3番は、平成に入ってから、
ドングリが可哀想ということで、追加されました。

 

単純に想像してみると、

山の木からドングリが落ちる。

ころころと転がって、池にはまってしまって動けない。

池から、ドジョウが出てきて遊ぶ。

ドングリ、池にはまりながら、めっちゃ喜ぶ。033341

しばらくすると、やっぱり山がいい!と泣く。

ドジョウ、困る。
↓(ここで原作は終わり)
仲良し子リスが、落ち葉にくるんで、おんぶ。

山へ連れてった。

 
うーん、ツッコミどころがいくつか、ありますが、
青木 存義(あおき ながよし)さんの作詞で、
諸説ありますが、1921年の作品です。
 

青木さん自身がセレブなお坊ちゃんだったようで、
広い敷地の中には、ドングリの木があって、があって、
そこには、ドジョウもいたそうです。

まさしく、どんぐりころころの世界!

 
しかし、池に鯉なら分かるけど
ドジョウって、、(・ω・`)

って思いますよね。
 

実は、お母さまの愛情から
ドジョウが選ばれたんです。

なんでも、青木さんに早起きして欲しくて
ドジョウを飼い始めたらしいですよ。

 
・・・
他にも案はあったんじゃないか?
と思うのは私が平民だからなのでしょうか。

 

私もねぼすけな息子に
早起きしてもらう為に鰻を飼ってみようかな。

あー、土用の丑の日に食べるのが楽しみ♪
(自分のためーーっ∑(゚Д゚))

 

青木さんの子供時代と重なる歌詞のようですが、
突然の終わり方が気になります。

もっと深い意味を持たせていた、
という考えもあるので、次の章で説明していきますね(*´∀`)

スポンサーリンク


「どんぐりころころ」の本当の意味!

ときは大正時代なんですが、
この時代をさらっと見ていくと、

  • 男性が洋服、女性は和服
  • 資本主義、自由主義に考え方も変わる時代
  • 児童文学が流行りだす
  • レンガや石造りの洋風な建物が増えてくる

文学でいうと、森鴎外や樋口一葉、夏目漱石、石川啄木など、
「オレは文豪王になる!」
と、文豪たちが大活躍する時代。

Akarenga_yokohama 13
Copyright © 2010 Akarenga_yokohama 13 by scarletgreen
 

そのころの庶民の生活は、と言うと、
大正初期時代の子供の数は平均で4人以上が約60%と、
まー、なんとも子だくさんの時代。

 
私も2児の母親ですが、食費や学費、服など
子供にはお金が結構かかります。

それが4人以上の子供を食べさせるには
金銭的に結構な負担がかかるのは想像できますよね。

そんな家庭では、丁稚奉公(でっちほうこう)・女中奉公などと言って、
子供を住み込みで働きに行かせて、
先にお金をもらう、ということも普通にあったんです。
 

今では考えられませんが、

パナソニックの松下幸之助氏も、
9歳になったころ、丁稚奉公に出て、
商売の基礎を学んだそうです。

商売や社会を覚えると言うこともでき、
大人の目線からは、いい関係と考えられていたようです。

 

子どもの立場から言うと、
奉公先の人がいくらいい人であっても、
家が恋しいですよね(・ω・`)

 
おっと!?

なんだか、どんぐりの話と似てきていませんか?
 

そうなんです。

この歌は、丁稚奉公に出された子供のことを、
歌った歌とも言われているんです。
 

どんぐりが坊ちゃんで、ドジョウが奉公先の人。

池が奉公先で、坊ちゃんを奉公に出します。

大変だ!と坊ちゃんは慌てますが、
奉公先の人は、坊ちゃんをかわいがってくれました。

坊ちゃんも、しばらくは良かったんですが、
「やっぱり、家に帰りたい!」
と泣いてしまったので、奉公先の人は困ってしまった。

と、考えられます。

 

突然、終わってしまうのは、
坊ちゃんに、自分の人生、その後の人生を考えてみてほしい、
というメッセージかな、と受け取りました。
 

周りの人から、愛情を受けているという事実、
ただ泣いても何も変わらない、ということ。

Sometimes I Cry - I'm Only Human
Copyright © 2014 Sometimes I Cry – I’m Only Human by MarLeah Cole
 

甘えているだけでは、ドングリのまま。

そこから、しっかり根をはって、
ドングリがたくさんなる、大きな木になってほしい!!

と、勝手に解釈してみました(・∀・)

 

そして、そのままではかわいそうと、
勝手に、3番を足されましたが、

子リスって、どんぐり食べるよね???
 

本当に、山に送り届けたかもしれないけど、
食べられてなければいいな(・∀・i)

 

今の時代に産まれたこと、

そして、
子供と一緒に暮らせることは、ありがたいな、
と、子供の寝顔を見ながら、幸せをかみしめる母でした(*≧ω≦)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫