勤労感謝の日の意味は?子どもにも分かりやすく!!


勤労感謝の日って、何の日か、ご存知ですか?

実は、子供からいろいろと聞かれる機会が、
増えてきたんですが、

答えられないことが、多いんですよね(・ω・`)

スポンサーリンク

これじゃ、いかーん!!

 
尊敬されるママになりたい!

と、勤労感謝の日は、どんな意味があるのか、
調べてみたので、同じように、
尊敬される親を目指す、あなたにもシェアしますね(*´∀`)

 

どうぞ、身の回りのものに、感謝をしながら、
ご覧ください。

あ、ありがとう、スマホくん(・_・;)

E

子供にも分かりやすい勤労感謝の日!

勤労感謝の日は、11月23日にある祝日で、
「祝日法 第二条」によると、

勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう

という意味で、昭和23年に制定された祝日なんです。

 
分かりやすく言うと、

仕事をしている人たちを尊敬して、
みんなで、生産品や収穫を喜びましょう。

そして、
みんな!お互いに感謝をしあおうよ!!
という日なんです。

 

とはいえ、実は、
複雑な歴史も持っている、祝日だったんです。

スポンサーリンク


勤労感謝の複雑な歴史とは?

勤労感謝の日の、ルーツですが、

日本書紀にも出てくるほど、古ーい歴史のある、
「新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)」という、
五穀豊穣のお祝いが、元なんです。

 

五穀豊穣って?
【五穀】・・・穀物のこと。
一般的には、米・麦・粟・豆・黍(きび)または稗(ひえ)

【豊穣】・・・たくさん実ること。
 

合わせて、穀物がたくさん実ること、
となります。

 

 新嘗祭とは?
天皇が国民の代表として、神様に五穀を奉納して、
神様と一緒に、召し上がる、

という、作物の収穫を感謝する儀式なんです。

 
例えて言うなら、

学級委員長が、学校の先生に、
「みんなの宿題を持ってきました!」
と、職員室に持って行って、

「じゃあ、一緒に添削しような!」
と言われ、みんなの添削までしちゃう。

その添削は、志望校を左右する、とっても大事な宿題。

そんな、お祭り。
(例えが微妙っ!Σ(゚∀゚;))

 
そんな新嘗祭ですが、

新しい天皇になったときの、最初の新嘗祭は、
大嘗祭と呼ばれ、宮中行事の中でも、
かなり重要な儀式だったんです。

それだけに、

作物の収穫が、とても大事なことで、
作ってくれる農民や神様に、すごく感謝をしている、
ということですよね。

9660bd0e11ace3cec78cd0030e4f2c9e_s

ここから、歴史の話に、うつっていきますよ。
 

戦前の天皇は、神格化された存在だったので、
国民からも祀られていたんでしたよね。

で、昭和20年、日本が戦争に負けたとき、
天皇は、普通の人間として扱われることになります。
 

戦後の政策によって、新嘗祭は、
天皇個人のお祝いと、されてしまったんです(・ω・`)

 
すごく、大事な儀式だっただけに、
天皇の力を、弱めたかったのかもしれません。
 

その代わり、「勤労感謝の日」と名を変えて、
みんなの働きに、感謝しよう!!
となったんですね。

 
学級委員長は、普通の生徒になってしまったけど、
宿題してきたみんなは、やっぱりえらいよ!!

そんな感じですね(*´∀`)

 

たとえ、
私に関係ない仕事をしている人でも、
経済をまわしていたり、食べるものを作ってくれていたり、
身近なものを、作ってくれていたり、

周りまわって、私の生活に影響を与えている、
ということでも、あるんですよね。
 

仕事をしている人たちに、感謝をする日
 

その本当の意味が、分かってきたような気がしました。

まずは、身近な家族や友人に、感謝の気持ちを伝えたいです(*≧ω≦)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

3件のコメント

  • 勤労

    文章が下手すぎて何を言ってるのか分からんよ。特に学級委員の例えは意味がまったく分からん。

    • sonoko

      もっと、伝わりやすい文章を書けるように精進します。

      ありがとうございました。

  • 勤労に感謝するって勘違いだけど、改訂版的には子どもには働く人に感謝する日になってて複雑(^^;;

コメントも気軽にどうぞ♫