赤ちゃんにテレビ!悪影響は?何時間までならいいの?


赤ちゃんにテレビを見せてるけど、大丈夫かなー??

って、心配になることありますよね?

fERNSEHEN

私も、上の娘に合わせて、歳の離れた息子も、
一緒に、よく見るんです。。。
 

長女が赤ちゃんのときには、
なるべく見せないようにしていたんです。

でも、暴れん坊の息子は、テレビ見せていると、
ジッとしていてくれるんですよね(・∀・i)

 
つい、甘えてしまっていましたが、

はて?

小さな子にテレビを見せてても、いいのかな?

何か悪影響があるの?

 

手に血豆と、頭にタンコブを作りながら、一生懸命調べたので、
同じように、不安に思っているママ!必見ですよ( *´艸`)

(一体、何を調べたのっ!?)

スポンサーリンク

テレビは悪?

テレビは、良くない!!
と、いつから、言われるようになったのかと言うと、

1999年に、アメリカ小児学会が、
そして日本では、2004年に、

乳幼児にテレビは見せない方がいいと言われたのが、
きっかけなんです。

 

その、アメリカと日本の研究結果ですが、
実は、デメリットだけでもなかったんです!

これから、メリットとデメリットに分けて、
話していきますね(*´∀`)
 

あ、シャンプーのメリットのCMが、子どもにいい、
なんて話は、一切、出てきませんので。

(分かってるわっΣヽ(゚∀゚;))

TV Coma
photo credit: ::the goods:: via photopin cc

赤ちゃんにテレビを見せるデメリットは?

最初にデメリットから、お話ししていきますが、
いわゆる、3大デメリットが、こちら。

  • 2時間以上の視聴で、言葉の発達が遅くなる
  • 視聴時間が長いほど、社会性が低くなる
  • 親子の時間が減る

 


一番に言われるのが、「言葉の発達」ですね。

テレビを見ている子に対して、見せていない子の方が、
言葉をよく話したり、意味を良く知っていた、
という結果が出ているんです。

 
ただ、これは、一概にテレビだけの影響とも、
言えないようなんです。

と言うのも、

もともと、テレビを長時間見せている親は、
マカロン作りが苦手、というように、子育てが苦手
と言う話も、あるんですよね。

いや、マカロン、作ったことはないんですけど(・∀・i)

 
なので、
テレビを見せなかったら、言葉の発達が良くなったのか、
と言われると、これは、誰にも分からないようです(・ω・`)

 


視聴時間が長くなるほど、順番を守れなかったり、
一人で、トイレができなかったりする
そうです。

視聴時間は、4時間を目安に差が出てきたようなので、
やっぱり長時間は、良くないのかも。

 


やっぱり、テレビのお世話になっている時間は、
親子の時間が、減ってしまいますよね(・ω・`)

ここが、一番のデメリットなんじゃないかな、
と思うんです。
 

ちゃんと、コミュニケーションが取れて、
体遊びもしていれば、多少のテレビはOKだと思っているんです。
 

息子も、片手を突き上げて、
「海賊王に、俺はなる!!」
と、やるので、かなり面白いんです。

つい、何度も
「俺は~、俺は~?」って誘っちゃうんです(*´∀`)

 
まぁ、これもコミュニケーションの一つだと思っているし、
「おかあさんといっしょ」も、一緒にダンスしたり、
一緒に、歌を覚えたりできるので、

コミュニケーションツールとして使えれば、
いいんじゃないかな、と。

スポンサーリンク


赤ちゃんにテレビを見せるメリットは?

ちょっと少ないんですが、

  • 協調性が良くなる
  • おとなしくなる

 


意外にも、協調性が良くなると言う結果が出ているんです!

ただ、前提として、

  • 親と一緒に見ている
  • 見ていいテレビが決まっている

こと。

ここは、ちょっと気をつけておきたいポイントですね。
 

赤ちゃんだからと言って、R15やAF40がつくような感じの
暴力的なものは、NGです(>人<;)

ちなみに、AF40はアラフォー。

(そんな番組、あったっけ??)

 


やっぱり、テレビを見ていると、おとなしくなるんですよね(・∀・i)

ちょっと料理をしたいときや、
家事の合間にはいいのかな、と思っています。
 

ちなみに、
テレビが何なのか、分かるのは6ヶ月頃と言われていますが、
生後2ヶ月の子でも、テレビと現実世界の違いは、分かるようです。

あんまり小さなうちから、見せるのもどうかな、
という気はしますが、兄弟がいると、
見せてしまっている家庭は、うちを含め、周りでも多いですね(・∀・i)

Brother&Sister
photo credit: rolands.lakis via photopin cc

まとめ

全体的に、悪影響の方が多いようですが、
ここは、育児を頑張っているママが読んでいると考えて、
誤解を恐れずに言いますね。
 

えっと・・・

 
(誤解を、恐れたーーっ!!Σ(゚∀゚;))

 

えっとですね、結局のところ、
現実世界のコミュニケーションが、大きなポイントなんです。

しっかり、コミュニケーションさえ取れていれば、
言葉が遅くなることも、集中力がなくなることも、
なくなると思うんです。

 
ママも、2人きりだとキツイときもあると思うんですが、
そんな時には、無理せずテレビに頼ってもいいのかな、と。

 

こういうのも、私自身、
長女には、テレビを見せないようにしていたんですが、

言葉も、表現もそんなにうまくないうえ、
成績も微妙・・・(・∀・i)

 
どちらかと言うと、同じ年齢だった頃と比べて、
弟の方が、テレビを見ていますが、
表現力や賢さは、上だと感じているんです。

 
なんでかな??

と、考えてみると、

弟の方は、お姉ちゃんもいて、
お姉ちゃんの友達も、一緒に遊んだりするので、
当たり前ですが、コミュニケーションの量や、刺激の量が違ったんです。

 
おまけに言っておくと、お姉ちゃんは、
元々の素質なのか、反動なのか分かりませんが、
今、テレビにすごく執着しています(-ω-;)

 
なので、最終的に言いたいのは、

「テレビは悪だ!!」

って、テレビのせいにするんではなく、
一緒に遊んだり、水族館や動物園なんかに連れていったり、
コミュニケーションを、たくさん取ること!

 

さらに、コミュニケーションをうまく取るためには、
ママが、ご機嫌であること!!

そのためのツールとしてなら、
一緒にテレビを見るのも、いいと思います。

 
もちろん、ママがご機嫌になればいい、とは言え、
育児放棄をすすめてはいないので、誤解のないよう。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫