赤ちゃんのアトピー 原因は?食べ物で治る??


赤ちゃんのアトピーは、かわいそうですよね。
見ているこっちがつらくなります。

私の長女もアトピーなのですが、赤ちゃんの頃は、
かゆがって寝ないし、
顔もただれて、他の人からジロジロ見られているような気がして、
なんだか、周りから責められているような気分でした。

スポンサーリンク

私のせい・・・?

妊娠中に私が、ケーキとか食べてたから?
母乳育児中に、油物を食べたから?

泣きたいのは、私の方だよ・・・

 

なんて、考えたりしていました。

 

今は、だいぶ良くなりました。
見た目では、まったく分からないぐらいです。

どうして、アトピーがよくなったのかを書いていきたいと思います。

 

赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんのうちは、なるべくステロイドは使わないほうがいいと思います。

ステロイドを使わない病院で、だいぶ軽くなったことと、
使い方を間違わなければ安全と言われる、ステロイドですが、

・・・間違わなければ?

それって、赤ちゃんに負担が大きいんじゃ?

 

そこの病院は、アトピーだけじゃなく、
他のアレルギーや生活習慣病、そして癌も治療していて、
根っこは同じところに原因があると考えています。

 

それは、免疫力が低下しているということ。

 

当たり前すぎて、ごめんなさい。
その、免疫力と関係があるのが、なんです。

 

赤ちゃんのうちは、
特に腸がまだ出来上がっていないですよね。

なので、赤ちゃんのときこそ、食べ物で治るというのです。

大きくなると、原因が複雑に絡み合ってくるので、
食べ物だけで治すのは、ちょっと難しくなりますが、
根気良く、食べ物と薬を使っていけば治るそうです。

 

まだ、離乳食も始まっていない赤ちゃんは、母乳で治します。

赤ちゃんがかゆがらないようになるためなら、
1年そこら、好きなものを食べられない我慢は、何てことありません。

baby-21167_640

 

免疫力をあげる食べ物

母乳からアトピーを治すには、ママの食事を変えること。
基本は、昔の和食です。

一膳三食。
ご飯、味噌汁、漬物、主食、副菜。

これが、一番いいそうです。

 

食べないようにした方がいいものは、

  • 動物(牛、豚、鶏など)
  • 油をたくさん使った料理(フライ、天ぷら、ポテトチップスなど)
  • 白砂糖(黒砂糖やてんさい糖などの粗糖ならOK)
  • 卵・乳製品
  • リノール酸(マーガリン、紅花油、ひまわり油など)

 

逆に、食べたほうがいいものは、

  • イワシやサンマなどの青魚
  • α-リノレン酸(アマニ油やエゴマ油など)
  • 野菜・海藻類
  • ビタミンC
  • 本物のくず粉(片栗粉の代わりに使ったり、くず湯で飲んだり)

 

ちょっと、わかりづらいのが、リノール酸α-リノレン酸だと思います。
詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


リノール酸

リノール酸は、体内で作れない必須脂肪酸の一つで、
摂りすぎは、アレルギーを起こしやすいと考えられています。

魚や野菜にも含まれているので、油から摂る必要はないそうです。
ちなみに、母乳にも含まれているんですよ。

たくさん含まれているのは、

紅花油(サフラワー油)やひまわり油、大豆油、
マーガリン、鶏や豚の脂、揚げ油やスナック菓子、
マヨネーズ、ドレッシングなど

これらの油は、他の油を使って、
ドレッシングやお菓子は手作りのものを。

 

α-リノレン酸

α-リノレン酸も、必須脂肪酸の一つ。
こちらは、あまり多く含むものがないので、
できれば、油から摂りたいところ。

たくさん含むのは、

エゴマ油(シソ油)やアマニ油、
ほうれん草やチンゲン菜などの青菜など

エゴマ油や、アマニ油って、あまり見ないかもしれませんが、
スーパーでも、ちょこっと置いてあったりします。

びっくりするのが、そのお値段!!

ちょっとしか入っていないのに、1,000円前後

そして、酸化しやすく、熱に弱い

 

 注意すること

  • 開封後は箱ごと冷蔵庫保管
  • なるべく光に当てない
  • 開封後は1ヶ月以内に使い切る

 

なんか、使いづらい・・ですよね?

でも、ドレッシング代わりに使ったり、
魚にかけたり、味噌汁を食べる直前に垂らしたり、
何でもかけていいんです(*´∀`)

 

他にもママに嬉しい、思わぬ効果も得られるんです!

 

実は、ダイエットになるんです。

化粧をした後で、クレンジングするのは油ですよね?

油は油で落ちるんです。

体の中に溜まった古い油を、キレイに落してくれるから、
これが、見事に痩せちゃうんですねー。

どうぞ、お試しあれ。

 

離乳食の始め方

6ヶ月ごろに、野菜から始めます。

徐々に野菜の種類を増やして、
白身魚なども足していって、

ご飯は、はっきりと覚えていないのですが(すんません(>_<))、 9,10ヶ月ごろだったと思います。

卵や牛乳1歳を過ぎて、徐々にあげていく、
というやり方でした。

P1080943.jpg
Copyright © 2011 P1080943.jpg by devinf, on Flickr

 

最後に

赤ちゃんのアトピーは、ママのせいではありません!

キッパリ言っちゃいます!

 

お酒に強い人や弱い人がいるように、
アトピーの赤ちゃんは、腸が人よりデリケートなんです。

 

今、娘は何でも食べています

かゆい時期になると、ちょっと食べないほうがいいものを
控えるようにはしますが、なかなか完璧にはできません。

今は、ステロイドを使ったりして、
うまくコントロールしてあげている感じです。

 

もし、赤ちゃんのアトピーで困っているなら、ぜひ参考にしてみてください。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫