お年玉のポチ袋の作り方!折り紙で超簡単にできちゃう!


「いやー!めっちゃ、かわいい!!(*≧ω≦)」
 

去年のお年玉で、親戚のお姉さんから、
手作りのポチ袋をもらったんです。

 

すっごく、温かみのある、かわいい柄のポチ袋で、
お姉さんの名前が入った、消しゴムはんこが押されていたので、
聞いてみると、

「手作りだよ。
 こんなときのために、かわいい包装紙を取ってたんだ。」

とのこと!

 
娘もしばらく、大事に取っていたんです。

なので、画像を撮ろうと思ったんですが、、、
ご想像通り、出てきやしませんでした(-ω-;)

 

親戚のおじさん、おばさん達って、
ポチ袋に、そこまで気を遣わないんですよね。

似たようなポチ袋をもらうことも、多くないですか?

 
親戚も多いので、もらったら、すぐ名前を書いてるか確認しないと、
誰からもらったお年玉だったのか、ワケワカメちゃん状態に・・・(-ω-;)

その点、お姉さんからもらったポチ袋は、
もらった瞬間から、誰からのお年玉なのか、
脳みそに焦げ付くぐらい、焼き付いたんです!!

とは言っても、相手の脳裏に焼きつくかは、分からないので、
やっぱり、名前は書いておきましょうね(・∀・)
 

しかも、手作りしてくれたことが嬉しくて、
すっごくありがたいねー、と娘と話しながら、
お仏壇に置いて、手を合わせました(*´∀`)

スポンサーリンク

ということで、今年は、もちろん!私も手作りする予定です!

といっても、私は、けっこうな不器用なんです。
 

普段の手なのに、
「手、むくんでない?」

と、言われて、

「いやいやいや、先祖代々、生粋の骨太なんです。
さらに丈夫になるようにと、小魚を毎日食べる風習があって、
反抗していた時期も、あったんですがー。」

という会話が、日常茶飯事の勢いで、あるとか、ないとか。

 
そんな、骨太で不器用な、私でも、
折り紙なら、なんとか折れます!

ということで、不器用さんでも、けっこう、
うまく作れるポチ袋の作り方を、3種類、ご紹介します!!
 

もっと骨太なあなたでも、絶対、大丈夫ですよ!!

(勝手に骨太にしないでっ!Σ(゚∀゚;))

 
一緒に、心温まる、お年玉を贈っちゃいましょう!
 

あ!最後には、ポチ袋の「ポチ」の名前の意味も、話して行くので、
さらにビックリできる話も、プレゼントできますよ( *´艸`)

IMG_2464.JPG

 

ポチ袋を折り紙で作ろう!!

ポチ袋の作り方ですが、3種類の作り方をご紹介します。

  • コンパクトでかわいいポチ袋
  • シンプルで簡単なポチ袋
  • ちょっとだけ豪華に見えるポチ袋

と、作り方を紹介していきますね。

上の画像で言えば、手前の小さい3つのポチ袋、
左奥のピンクのポチ袋、右の緑のポチ袋の順です。

 

コンパクトでかわいいポチ袋

1.折り紙の裏を広げて、横に三つ折りします。
幅は、キッチリ三つ折りじゃなくても、大丈夫です。

IMG_2463.PNG
 

2.縦長になったところ、今度は、縦に三つ折りします。

IMG_2443.JPG
 

3.上を下の隙間に入れて、完成!!

IMG_2445.JPG
IMG_2447.JPG

 


3の前に、三つ折りしたところを斜めに折ったり、
まっすぐに折り返すと、違う雰囲気になりますよ!

折り返す太さでも、雰囲気が変わります。

IMG_2448.JPG
IMG_2456.JPG

 

IMG_2455.JPG
IMG_2451-0.JPG

ちなみに、このサイズではお札は4つ折りになるので、
入れる金額は、1,000円がオススメです!

 
スライドショーで見る場合は、こちらをどうぞ!

 

スポンサーリンク


シンプルで簡単なポチ袋の作り方!

1.折り紙の裏を広げて、三つ折りしたお札を、真ん中に置いて、
上と下を、お札に合わせて内側に折り曲げます。

お札の折り方にも、マナーがあるんですが、
それは、後述しますね。

IMG_2465.PNG
 

2.一度広げて、軽く縦に半分、さらに左側を半分に軽くおります。

IMG_2466.PNG
 

3.横にも軽く半分に折って、左の角を、
縦の真ん中と、2で折った横の1/4のところで折って、山形にする。

IMG_2467.PNG
 

4.お札を、右から1/4ぐらいのところに移動して、左右をおります。

IMG_2469.PNG
 

5.左の、山の方の隙間に、右の方を入れ込んで完成!

IMG_2468.PNG
IMG_2416.JPG

 


シールを貼ったり、絵を書いたり、自由にアレンジしてみてください♪( ´▽`)
IMG_2440.JPG
 

もう一度、おさらいしたいなら、こちらから。

 

ちょっとだけ豪華に見えるポチ袋の作り方!

1.折り紙のどちらを裏にしたいかで、向きが変わるんですが、
チラッと見せたい方を、に置きます。
角を合わせて、縦と横に軽く折って、跡をつけておきます。

IMG_2470.PNG
 

2.三つ折りしたお札を、真ん中に置いて、
左角をお札に合わせて右に折って、角を左に戻します。

IMG_2471.PNG
IMG_2472.PNG

 

3.右の角も同じように、お札に合わせて折り曲げて、角だけ戻します。

IMG_2473.PNG
IMG_2474.PNG

 

4.右の角を、だいたいの感覚で左に曲げて、右に戻します。
ただ、ねっこになる、下の角をしっかり合わせることだけ、注意してください。

IMG_2475.PNG
IMG_2476.PNG

5.上下をお札に合わせて、後ろに曲げます。
後ろは、差し込めたら差し込んでください。

IMG_2477.PNG
IMG_2479.JPG

 

6.後ろは取れやすいので、シールを貼ったり、
細く切った折り紙を、後ろでのりで貼ってもかわいいですよ!

のりを貼るときは、ちゃんと開けられるように、
気をつけてくださいね(*´∀`)

IMG_2482.JPG
 

もう一度、スライドショーで見るなら、こちらをどうぞ。

 

いかがでしたか?

折り紙さえあれば、ポチ袋が足りなくなったときや、
ちょっとした、おこずかいをあげるとき、
人におつりを渡したいときにも、ちょっとした心遣いになりますよね。
 

あ、お金の入れ方ですが、
三つ折りにするときは、顔を表にして、
左を先に折って、右を重ねて折るのがマナーです!

IMG_2481.PNG

 


ちなみに、ポチ袋の「ポチ」の意味って知ってますか?
 

これには、3つの言い伝えが、あるんです。

  1. これっぽっち
  2. 京阪地方にもともとあった言葉で、「これっぽっち」という意味。

    これっぽっちしか、くれないの?
    ってことじゃなくて、

    「これぽっちだけど、受け取ってね」
    という感じで、お金を袋に入れて、
    お礼として舞妓さんに渡していた、という説。
     

  3. 外国からきた言葉
  4. 英語の「Petit」プチが、語源という説。
     

  5. 犬のポチ
  6. お年玉→玉→タマ。

    タマ??てやんでい!俺は犬が好きなんでぃ!
    犬と言えば、ポチ!そうだ、ポチ袋だ!

    と言ったかは不明ですが、犬の名前からきたという説。

 

1が有力そうですが、さて、あなたはどれだと思いましたか?

新しい説を考えたら、コメントくださっても結構ですよ♪( ´▽`)

 

お正月は、心も懐も温めるようなポチ袋を、
誰か、くれないなぁー??

(あげるんじゃないのかいっ!∑(゚Д゚))



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

1件のトラックバック

コメントも気軽にどうぞ♫