授乳中の風邪!赤ちゃんにうつる?どうしたらいい?


うわぁ、風邪ひいたかも・・・

どうしよう?
もしかして、赤ちゃんにうつるんじゃ?

To sleep or not to sleep
photo credit: ♥♥♥ Fufue ♥♥♥ via photopin cc

私も、子供を2人育てたので、分かるんですが、
ただでさえ、風邪ってきついのに、
授乳中の風邪は、特にきついですよねー(>人<;)

さらに、

赤ちゃんにうつったらどうしよう?
このまま、授乳を続けていいの?
授乳中でも、飲める薬ってないの?

なんて、心配事も増えてしまいますよね。

 

私も、授乳中に風邪をひいたときには、
赤ちゃんのオムツを替えたりするのも、だるいのに、
数時間おきに繰り返される、授乳もきつくて、

このまま、赤ちゃんにも風邪がうつって、
2人、この狭い部屋で、行き倒れる運命なのか・・・

 
なんて一瞬、頭をよぎったり(・∀・i)
 

でも、安心してください!!

 

授乳中に風邪にかかって、3ヶ月だった息子にも、
風邪をうつしてしまった経験もある、
私のところにきたからには、もう大丈夫!

 

風邪をひいたときの、授乳の心配事や、
赤ちゃんの心配事について
の、あれやこれについて、
これから、詳しく話していきますね(*´∀`)

スポンサーリンク

授乳中のママの風邪!赤ちゃんが心配!

一番の気がかりは、やっぱり赤ちゃんですよね。

でも、授乳でうつることはないので、大丈夫です!
 

もう一回、言いますが、
授乳からは、うつりません!

 

というか、病院の先生からも、

「その風邪に対する、抗体が、
一生懸命、ママの中で作られているので、
逆に、あげた方が赤ちゃんも強くなるよ。」

と、言われたんです。
 

「まぁ、どうしてもきつかったら、
ミルクに代えてもいいけど、
なるべく、ミルクじゃない方がいいよ。」

とも言われましたが、実際に調べてみたんです。
(し、信用してないわけじゃないですよっ!)

そしたら、

  • 乳腺炎になる可能性が、高くなる
  • 母乳が出にくくなったりする
  • 赤ちゃんがミルクになれて、母乳を飲まなくなったりする

と、授乳しないと、デメリットの方が大きくなるんです!
 

なので、ママが風邪をひいても、授乳の心配はありません!

 

よかったー!
じゃ、安心して赤ちゃんのお世話ができるんだ♪
 

と、安心するのは、ちょっと待ってください!!

私、そこで油断しすぎて、赤ちゃんに、
風邪をうつしてしまったんです(*ノД`*)

 
そうならないために、できる対策や、
なるべく、薬を使わないで早く回復する方法を、
これから、話していきますね。

スポンサーリンク


赤ちゃんに風邪をうつさないようにするには?

赤ちゃんには、授乳からママの抗体がうつるので、
半年ぐらいは、風邪をひかない。
 

って、聞きませんか?
 

でも、ママが風邪をひいたってことは、
その風邪に対する抗体は、ママ自身が、
まだ持っていないってことなんですよね。

ということは、もちろん、
赤ちゃんも、その抗体を持っていないんです(・ω・`)

 

授乳からうつることはないのは、先ほども話したとおり。

なんですが、

唾液や手からは、うつってしまうんです!(>人<;)
 

なので、

  • マスクをする
  • 手洗い・うがいをする
  • 旦那さんや兄弟にも手洗い・うがいをさせる

を、徹底しましょう!

マスクの作り方の記事は、こちらを参考にされてください。
子供用マスクの簡単な作り方!プリーツタイプも!
 

旦那さんに、風邪がうつっても大変ですし、
風邪を持ってくるのは、旦那さんや他の兄弟など、

外出時間の多い人の、可能性が高くなるので、
家族全員で、気を付けるようにしてくださいね!

 

私が、3ヶ月の赤ちゃんに、風邪をうつしてしまったのも、
マスクをしなかったり、手洗いうがいをシッカリしていなかったのが、
原因だったんです・・・

(だって、動くのがきつかったし(-ω-;))

Hand Wash
photo credit: Marmotto via photopin cc
 

で、赤ちゃんにうつるんじゃないかって、心配するよりも、
ママが、早く回復した方が早いですよね。

薬を使わないで早く回復する方法は?

パパパッと、話していくので、付いてきてくださいね。

  • 手洗い
  • 基本の「き」!

  • 塩うがい
  • コップに、塩を小さじ1以上を、よーく混ぜて!

  • 生姜湯
  • 湯呑に生姜をすって、蜂蜜や砂糖(大さじ1以上)をお湯で混ぜる!

  • ネックウォーマー
  • ゆったり目のネックウォーマーで、首を温める。
    お風呂以外、寝るときもずっと。

  • 寝る
  • 家事はいいから、赤ちゃんのお世話以外寝る!

  • 消化のいい食べ物
  • うどんやおかゆが、おすすめ。
    ほうとう風うどんや、味噌おじやをよく食べてました。

  • 水分補給
  • 授乳中のママは、とにかく水分!

  • 果物
  • ビタミンCが多いものを。
    苺が大好き、喜ぶ童顔アラフォー。
    (自己紹介っ!?)

 
Baby Fingers
Copyright © 2012 Baby Fingers by Thomas

とはいえ、もちろん、
産婦人科で薬をもらった方が、
確実に、早く回復します。
 

私の場合は、乳腺炎になりかけることが多かったので、
乳腺炎にも効果的な、市販の「葛根湯」を飲んでいましたが、

確実で安心なのは、やっぱり、
産婦人科の先生に相談するのが一番!
 


そして、もしも、赤ちゃんにうつってしまったとき、
気をつけたいのは、鼻がつまったとき!
 

鼻が詰まると、飲めないし、呼吸も苦しくなってしまうんです。

他の病気も、隠れているかもしれませんしね。

なので、小児科か、耳鼻科に連れていって、
鼻を吸ってもらったり、薬をもらうなど、早めに対処されてください。
 

そして、小児科に行くときは、時期によっては、
いろんな病気が流行っていたりするので、
そんな時期には、早朝に行くのが、少しでも安心です。

 


ちなみに、東洋医学をベースにした、先生がおっしゃるには、

  • いろいろな考え事が、たまってきたとき
  • 気持ちが、混乱してきたとき

に、風邪という形で、あらわれるそうです。

そして、

首を下に向けたときに、出っ張るコリコリした背骨から、
2個ぐらい下がったところから、さらに、
左右に、指2本分離れたところにある、「風門」というツボ。

ここが、風邪の入り口になるので、
押したり、温めたりするといいですよ!

 
どうぞ、気持ちを楽にして、早く回復して、
安心して、赤ちゃんのお世話ができるように、
私も、影ながら、全力で応援しています!(*≧ω≦)!


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫