海に潜む超危険な巻貝「アンボイナガイ」に気をつけて!!


もうすぐ海の日が来ますね。

海に遊びに行く機会も増えると思いますが、
あなたは海には危険な生き物がいるのを知っていますか?

スポンサーリンク

 

海の超危険生物「アンボイナガイ」

20130711-205149.jpg
ウィキペディアより

イモガイ(巻貝)の一種で、キレイな見た目とは裏腹に、
猛毒の針を口の中に隠し持ち、モリのように小魚を刺して
しびれて動かないところを飲み込んでしまう貝なのです。

沖縄ではその毒性の強さからハブに例えて
「ハブガイ」、または浜の半ばぐらいで死んでしまうこともあることから
「ハマナカー」とも呼ばれたりするそうです。

食べると美味しいらしいです。
危険を覚悟で、最初に食べた人はすごいっす(-_-)
スーパーとかに売っているものは安心ということですが、
私の住んでいる地域では見たことありません。
売っている地域があれば、教えてください。

スポンサーリンク


毒の強さ

イモガイ(巻貝)の殻はコレクションをする人もいるほどキレイで、
砂浜でも貝殻を見たり拾ったりしたこと、あるのではないでしょうか?

ですが、生きているイモガイには毒があり、
口の中から「返し」のあるつり針のような毒針で、小魚を刺し、
痺れさせてから飲み込んで食べるのです。

キレイなものほどトゲがあるのは、花や女の人だけじゃないんですねd(^_^o)

中でも体が10cm前後と大きく、毒性もかなり強いのが、このアンボイナ

その毒性の強さは、毒ヘビの中でも一番毒が強いと言われる
インランドタイパンのなんと約2倍。

 

国内でもこれまで30人以上のダイバーが亡くなっています。

え?ちょっと待ってください。

ダイバーって、ウェットスーツ着ていますよね?

毒針はアレを通すんですか?

どうやら、ウェットスーツまで通しちゃう毒針らしいです。

毒も針も強いんですね。

しかも連投できるとか。

 

刺されても、最初はそんなに痛みはないようですが、
数十分すると、そこの場所から変色して痺れや目まい、体が動かなくなり、
ついには呼吸困難、ひどい時には死んでしまうことも。

死亡率は、いろいろ言われているようですが20〜70%のようです。
かなり幅広いんですけどΣ(゚д゚lll)

 

溺死で亡くなっている人の中にも、もしかしたら、もしかすると、
イモガイが原因の人もいるかもしれません。

アンボイナが毒針を使って、小魚を食べるところ。
なんと小魚を丸呑み!

 

イモガイの生息地

沖縄や鹿児島、宮崎、四国など、太平洋側の暖かい地域に生息していますが、
温暖化で北上しているようです。

海岸の浅瀬から40mぐらいの深さまで生息しているので、
海水浴でキレイな貝を見つけたら、気をつけたほうが良さそう(>人<;)

 

刺されてしまった!

残念なことに血清がありません。

出来ることは、

  • 刺されたところから、毒を吸い出す
  • 刺されたところより心臓に近いところを縛る
  • 早く病院へ行く(運転は誰かに頼むか、救急車で)

とは言っても、触ったり、刺激を与えなければ、
イモガイの方から襲ってくることはなさそうです。

 

ちなみに、毒の成分であるコノトキシンを使って、モルヒネが効かない
末期癌の激痛に効果のある鎮痛剤として、新薬開発に役立っています。

その鎮痛効果はモルヒネの百倍から千倍ともいわれるようです。

毒も見方によってはいろいろと使えるんですね。

 

海で遊ぶ時には気をつけましょう。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫