春のこと

端午の節句に鯉のぼり!本当の意味を知ってる?

なんで端午の節句に、鯉のぼりをあげるの?

その本当の意味を、知っていますか?

Mr. Bubbles
photo credit: ICK9S [M. H. Stephens] via photopin cc

最近、日本の伝統的な行事を伝えていくのは、
親の役目じゃないかと思って、いろいろ調べまくっているので、

そろそろ「物知りで賢くて美人なお姉さん」
と、言われないか期待してます(・∀・)

(誰からだよっ!Σ(゚∀゚;))

 

そんなわけで今回は、

端午の節句に、なんで鯉のぼりをあげるの?

いや、そもそも、なんで鯉なの?

 

なんて、鯉のぼりを飾る意味について、
話していきますね(*´∀`)

実は、私も知らないことばかりだったので、
これから、子供に聞かれても、堂々と答えられます!

 

どうぞ、「黒猫のタンゴ」を聞きながら、
ノリノリでご覧ください。

鯉を取ろうとする、ノリノリな黒猫のイメージが・・・

なんで端午の節句に鯉のぼりをあげるの?

実は、端午の節句と鯉のぼりの関係は、
たいして、深い意味はないんです。

 

そうなんです!

端午の節句と、鯉のぼりの関係って、
実は、縁もゆかりもないんです。
意外にも鯉のぼりを飾りだしたのは、
日本人の遊び心からなんです。

もうちょっと、詳しく話していくので、
まずは「端午の節句」について、
説明していきますね!

スポンサーリンク

端午の節句ってなに?

端午の節句は、中国から伝わった行事で、
魔除けの意味を持っているんです。

5月5日という日から考えますが、
陰陽の考えからいくと、奇数は「陽」なんです。

とくに1桁の奇数は、強い「陽」。

陰陽では、陽だからいいんじゃん!?ではなく、

どちらかに偏ると、戻った時の反動はきつくなる。

なんて考えなので、シーソーみたいに、
どちらかに偏るのは、あまり良くなくて、
大事なのはバランスなんです。

そういった事から、奇数が続く5月5日は、
陽がすごく強くなるので、「端午節」という、
魔除けをするようになったんです。

 

魔除けと言っても、「悪霊退散!!」
と、叫ぶようなものではありません!

 

中国では、ちまきを食べたり、
菖蒲やもぐさを飾ったり、お風呂に入れたりするだけ。

そうやって、災いに備えて体力をつけたり、
薬草で体を清めたり、薬草を焚いて、
空気を清めたりするんです(*´∀`)

 

ちなみに、魔と言っても
ホラー映画の悪魔のようなものではなく、
季節の変わり目のだるさとか、
体調の変化とかそういったものを指します。

 

ところで「端午」という言葉の意味は、
「端」は端っこ・始めで、
十二支で5月は、午(うま)の月。

つまり、午の月の初めの頃をさしていて、
「端午の節句」は、午の月初めにある節句だよ
という意味です。

では、なんで日本で鯉のぼり
あげることになったんでしょう??

 

なんで鯉のぼりをあげることになったの?

江戸時代の日本、武家では男の子が産まれると
のぼりを立てて、近所の人や神様に、

「うちに、男の子(跡取り)が生まれたぜ!」

と、お知らせしていたんです。
のぼりも、もともと神様を招いて、
神様のよりどころとするもの。

 

神社で神主さんがシュパシュパっとするやつ、
戦国時代ののぼり、国旗の先端の丸いやつ、

どれも、形は違いますが、
棒の先に、布や紙をつけたものは、
神様の力を借りるための「招代(おきしろ)」という役目を持っているんです。

 

それが、鯉のぼりの原型。

でも、どうして、
端午の節句が男の子の日になったのか?
そのこころは、しょうぶ(菖蒲・尚武)が大事でしょう(*´∀`)

( ※ 尚武とは、武道・軍事が大切と考えること。)
と、言葉のかけあわせの結果、
端午の節句は男の子の節句となったんです。

まぁ、言葉遊びですね。

 

で、のぼりが鯉のぼりになったのにも、
遊び心があったんです。

武家ののぼりを見ていた、庶民のAさん(年齢不詳)。
俺だって息子のために、のぼりを立てたい!

でも、同じようなのぼりを立てると、
身分が違う!って武士から怒られる(・ω・`)

庶民は次第に絵を描いたのぼりを
あげ始めますが、

なんか、もっといいものないかなぁ。。。

そういや、中国の故事で、
「登龍門」ってあったなぁ。

流れの急な川(龍門)を登った鯉が、龍になった!

という、スペシャルファンタジーなお話。

ちなみに鯉と言っても、
チョウザメのことらしいです(・∀・)

たくましくて泥臭い鯉でも出世するなんて、
いい話じゃぁねぇか!

故事にあやかって、のぼりの代わりに、
鯉を泳がせようぜ!
と、和紙に鯉の絵を書いて飾り始めたのがきっかけ。

最初は1匹の鯉(真鯉)だったんですが、
明治に入って、緋鯉が増え、
昭和に入ってからは、子鯉が増えていったんです。

スポンサーリンク

今は、兄弟の分だけ、さらに子鯉が増えたり、
名産地ではカツオやマグロになったり(・∀・i)

Koinobori!
photo credit: Nelo Hotsuma via photopin cc

端午の節句に、鯉のぼりを飾る意味は、

たくましく子供が成長することを祈る親の気持ち プラス 日本人の遊び心

なんですね。

鯉のぼりを調べていくうちに、
いつまでも遊び心を忘れない、
子供のような、大人を目指したくなりました。

-春のこと
-

© 2021 大人の歩き方