夏のこと

6月に祝日がない理由!実は◯◯のため!

6月って、つまんなーい!
だって休みの日がないもーん!

娘がカレンダーを見ながら、つぶやいてます。

advent calendar tree
photo credit: advent calendar tree via photopin (license)

・・・うーん、確かに。

が!!

もうすぐ、あなたたちには夏休みがくるじゃないっ!
大人こそ休みが欲しいってもんよ!

8月11日に、新しく「山の日」もできたし、
祝日のない月は、6月だけ。

 

そのうち、6月にも祝日ができるのかなぁ?
というわけで、
6月に祝日がない理由は、なぜ?なぜ?
なぜなんだーーー!!

という娘と主人に変わってお調べしました。
(絶対、家族のせいにしたよね?)

どうぞ、カッパでも着て、
お茶をしながら、ご覧ください(*´∀`)

あ、その河童の着ぐるみじゃなくて、
雨の日に着るカッパで。

祝日はどうやって決まってるの?

そもそも祝日って、
どこで誰が決めているか、ご存知ですか?

 

それは、国民の祝日に関する法律、
通称「祝日法」っていうのがあって、
この法律で、祝日は決められているんです。
その法律を決めているのは、国会議員のお偉いさんたち。

 

なんで6月には祝日を作らなかったの?

だって6月には国民の記念日になる日がないから(・∀・)

 

祝日は基本的に天皇の誕生日とか、
天皇に関わりのある日なんです。
バブル期の頃になると、

「日本人、働きすぎだし、そろそろ休もう。」

ということで、祝日を増やしましたが、
それでも6月には特に何もない。。。

6月

そうは言っても、2016年から施行される、
8月11日の「山の日」は、当初、
6月が有力候補だったんです!

それがなんで8月になったのかというと、
下のような反対意見が出たから。

 

  1. 山に登りたくても、積雪している地域もある
  2. 学校の休みの日が増える

 

「1はいいけど、2の意味がわかんない!!」

と、うちの娘もKANの「愛は勝つ」を、
一晩中、リピートしまくるぐらいにカンカンです!!

 

その学校を休ませたくない理由は、
ずばり、ゆとり教育での学力低下が問題視されたから!

世界でもトップクラスの学歴だったのに、
一時転落して、今は巻き戻してきているところ。

このままトップクラスに返り咲きたい!

 

でも、祝日を作ってしまうと、

授業時間が減る

また学力低下に!?どうしよう?

そうだ!学校が夏休み中だったら、
問題ないんじゃん?(・∀・)

 

というワケで「山の日」は、
6月じゃなくて、8月になったんです。

いわば大人が休むための祝日、なんですね。

 

じゃあ、なんで大人の祝日が必要なの??
と思いますよね。

ちょっと、日本の仕事事情について、
分かりやすく話していきますね。

ここが変だよ!日本の仕事事情!

15日 10日 8日

これ、何の日か分かりますか?

 

各国の、1年間の祝日の日数なんですが、

  • 日本は、1年間に15日
  • ドイツ・フランス・アメリカは、1年間に10日
  • イギリスは、1年間のうち8日

なんです。

もっと詳しくいうと、宗教などで、
それぞれ祝日も増えたりするんですが、
国の祝日としては、世界的に見ても日本がダントツで多いんです。
意外じゃないですか?

実は、この裏にはカラクリがあって、
海外では有給休暇を取らないといけないところが多いんです。

 

だから、1ヶ月とか有給休暇を取って、

リゾートビーチで、サングラスをかけながら、
トロピカルジュースを片手に読書するための旅行、

なーんて、憧れのバカンスに出かけるんですね(・∀・)

 

でも、日本って有給休暇を取りにくいですよね?

 

私も経験がありますが、有給休暇って、

  • 理由を書かないといけない
  • 休んだら嫌味を言われる
  • 次の出勤日、なんとなく冷たい視線を浴びる

 

なんて、まったく休みにくいったらありゃしません(-ω-;)

しかも、残念なことに勤務時間の割に、
1人当たりの生産量は落ちてきている、という事実も。

 

そんな、日本の悪しき風習にビビってしまって
休めないで生産性も落ちている、私のような人のために、

国が祝日を作ってくれて、

「you、君も休みなよ!だから頑張ろうな!」

と言ってくれているようなもんなんです。

ちょっと嬉しい(*´∀`)
私、頑張る!!

(単純・・・)

 

他にも、大人の祝日を増やすメリットは、

  • 旅行行ったり、ショッピングにいって、お金を使ってもらえる
  • 親子タイムが増える

 

といったものもあるんです。

ただ、休みが増えてしまうと、
時給制で働く大人には、辛いかも(・ω・`)

 

いつか、6月が休みになって欲しいなら、
娘のように、歌って待つのがいいかもしれません。

「信じることさー、必ず最後に愛は勝つー♫」

-夏のこと
-,

© 2021 大人の歩き方