夏のこと

梅雨の意味を子どもにも超分かりやすく!そんなことが起こってたの?

なんで6月って雨ばっかりなの??

「だって、そういう季節だから」

「え?大人なのに、そんなことも知らないの?(・Д・)」

roterschirm3
Copyright © 2012 roterschirm3 / ponyQ

(・∀・)

・・・

キャーッ!!

大人なら、なんでも知ってると思うなよっ!
箱娘のお母さんは、世の中、知らないことだらけなんだから!!(`□´)

プンプン!

 

ということで、

なんで6月は雨ばっかりなのか、
子供からバカにされないために、
詳しく、わかりやすく話していきますね!

 

どうぞ、飴を舐めながら、
ゆっくりとご覧ください。

あ、雨だけに・・・(・∀・)

 

なんで梅雨がくるの?

5月から7月にかけてばっかり。

まったくもう、嫌になっちゃいますよね。

 

私も、この時期は食中毒カビにも、
気をつけなくちゃいけないし、
洗濯物も気分もジメッとしてて、
あー、私がナメクジだったら、
このジメジメがすごく好きなんだろうなー。

あそこの古くて黒っぽくなったブロック!
うわー、たまらんなー。
なめくじ

なんて、妄想が弾けるぐらいにゆううつです。

(なんか楽しそうな妄想なんですけどっΣ(゚∀゚;))

 

まぁ、妄想は置いといて、
この時期の雨を「梅雨(つゆ・ばいう)」とか
「五月雨(さみだれ)」って言いますよね。

この時期、なんで雨が多いのかというと、
日本に梅雨前線がやってくるからです。

梅雨前線では、何が起こっているのか、
超わかりやすく言うと、

若くてクールな錦織圭のような冬空
松岡修造のように情熱的な夏空が、
空の上で季節をかけた勝負をしている。

そんな感じ。

どないやって思われると思うので、
よく見る天気図で説明すると、
赤の「低」マークが 錦織圭の冬空で
青の「高」マークが松岡修造の夏空。

 

錦織冬空の下から、松岡夏空がやってきて、

勝負だ!!もっと本気出せ!!
諦めるんじゃない!!
大事なのは勝ち負けじゃない!本気かどうかだーー!!!
そんな季節をかけた押し押されの熱い戦いのもと、雨が降ってくるんです。

想像するとジメッとした気持ちも、
なんだか暑苦しい、、、いや、熱くなりそうですね。

 

最後に梅雨と書いて「つゆ」と呼ばれる意味を、
簡単に、お話ししていきますね!

スポンサーリンク

なんで梅雨って呼ぶの?

この時期に続く雨のことを、五月雨と呼ぶのは
さすがに、私でも、なんとなく分かります!

だって、五月の雨ってことですもんね!(`∀´)エッヘン
(まったく、自慢するほどのことじゃないけどねっ!)

 

では、梅雨と呼ぶのはなんででしょう?

 

もともとは、中国から伝わったんですが、
由来は次のように3つあるんです。

 

  • 梅が熟す頃に降る雨だから
  • 梅が熟して、つぶれる頃の雨 → つぶ → つゆ
  • 黴(カビ・バイ)が増える雨 → 黴雨 → ばいう → 梅雨

 

どれも当てはまりますが、
やっぱり、梅に関する由来が多いですね。

 

そして、中国から伝わったということは、
梅雨は日本だけじゃないんです。
アジア全域に梅雨時期、つまり
錦織冬空と、松岡夏空の戦いが、
繰り広げられているんです。

ワールドワイドな戦いです。

ただ、秋雨の時は強く育った錦織冬空に、
松岡夏空は、あっさり敗れてしまうので、
短いんですけどね(・∀・i)

The last raindrop
photo credit: The last raindrop via photopin (license)

ここまで言っといてなんですが、正直に言うと、
錦織選手も松岡選手も空の上で、
そんな戦いはしていません!

(当たり前やっ!)

梅雨を越えたら、新しい季節の始まりです!

たとえ、憂鬱なときでも、体調が悪くても、
悩んでも、つまづいても常に前に進み続けているんです。

夏には何をしようか、ワクワクしたり、
次の季節のために自分を高めたりして、
梅雨明けを待ちましょうね(*≧ω≦)

ワクワクするばかりで何もしなくちゃ、
あっという間に、錦織冬空がきて負けちゃうわよっ!

-夏のこと
-,

© 2022 大人の歩き方