正月を旦那さんの実家で過ごす!いいお嫁さんと思われるには?


正月は、旦那さんの実家で過ごす

珍しいことではありませんし、
周りの友達家族でも、普通のことです。

が、何泊するのか考えたりするだけでも、
嫁の立場では、ちょっと憂鬱だったりしませんか?

スポンサーリンク

 

ひどい場合、ストレスから頭痛や胃痛、など体調を壊す人まで!

そんな正月を、少しでも気持ちよく過ごせるために、
どうしたらいいのか、考えてみましょう。

 

旦那さんの実家に泊まらないといけない?

嫁になった以上、旦那さんの家の人間になったので、
正月は、旦那さんの実家で過ごす人が多いでしょう。

しかも、泊まりで。
門松
Copyright © 2010 門松 by an-k, on Flickr

 

中には、泊まらない例として、以下のような家族もいるようです。

実家に兄弟家族が帰省してくると、
寝る部屋が足りないので、ホテルに泊まる家族

お義母さんの方が気を遣いすぎて、
お義母さんが体をこわしてしまうので、日帰りする家族、

海外で毎年、正月を過ごす家族(芸能人かっ)

お嫁さん側の実家がセレブなので、そちらへ帰る家族、

正月は、お互いの実家で、家族バラバラに過ごす家族
(気が楽かもしれないけど、なんだか寂しいなぁ)

 

 

そんなに実家との仲が悪いのか?

というと、そうでもなく、
たいして仲が悪くもないけれど、

気を使いすぎたりして、安らげないから

と、まるで子供のような意見が多いようです。

 

これは、大人の女性として、あまりよろしくない対応では?

 

結婚して、義理の家族の一員になったのですから、
郷に入っては、郷に従え
きついのは、最初の数年。

 

私の場合、最初はどうしていいか、全く分からず、
お客様のように座っているだけ、でした。

そのくせ、嫌われてると思い込み、一人で胃がキリキリ(ー ー;)

今なら、
「嫁じゃん!動いて手伝えよ!嫌われて当然だろ?」
って、思いますけど(-ω-;)

 

また、友達は義母から、
「嫁のことを好きな姑なんか、いるわけないじゃない、あはは(笑)」
なんて、言われたことがあるそうです。

…そうなのか?
そんなもんなのか?
そんなこと、嫁に言っていいのか?

まぁ、そう言うのなら、そう思っていた方が却って気が楽かも。
最初は、まだ認められなくて当然と思って、頑張っているうちに、
意外とかわいい嫁できる嫁
なんて、思われるかもしれません(・∀・)


旦那さんの実家で、気持ちよく過ごすには、
なんだかんだ言っても、姑さんとの関係を、いいものにすることです。

 

いい嫁と思われるには?

手土産を持っていく

帰省する時に欠かせないのは、手土産の存在。

 

「持ってこなくていいよ」
と言われても、これは建前。

必ず、持参しましょう。

 

手土産は、義理の両親が好きなもの(分かっていれば)や、
箱菓子、お取り寄せスイーツ、お茶、お酒、
正月なので、正月用のフラワーアレンジメントもいいかもしれません。

できれば、実家の分のほかに、
義理の兄弟家族にも手土産があれば、
言うことありませんね。

スポンサーリンク


お手伝いをする

正月となると、親戚の集まりがあったりしますよね?

正月だけに限ったことではありませんが、
お客さんじゃないので、妊婦さんとか、産後じゃない限り、
手伝うことは、当たり前

 

まずは、お義母さんに何を手伝えばいいのか、聞いてみましょう。

集まりがあれば、女性は忙しくなるので、
先に、手伝うことや、だいたいの流れを
聞いておいた方がいいかもしれません。

「何もしなくていい」
と言われても、これも建前。

他の女性が動いていたら、あなただけ座るわけにはいけません。

This zabuton is super comfortable for taking nap!
Copyright © 2013 This zabuton is super comfortable for taking nap! by Takashi(aes256), on Flickr

 

歳の近い女性がいれば、何をすればいいのか聞いてみたり、

お酒やお茶など、コップが空いていたら、注いだり、
ツマミは足りてるか?何か欲しがってないか?
と、テーブルを回ってみたり、
歳上の女性が皿洗いなどしていたら、代わったりして、

とにかく、うまく出来なくても、
周りの人のために動いていたり、何か手伝おうという意思が見られると、
働き者でいい嫁
、とアピールできます。

 

さらに、エプロン持参で行くと、ヤル気が見られて、好印象です。

おせち
Copyright © 2008 おせち by hemiolia, on Flickr

 

また、泊りだったら、毎回の食事もお世話になるわけなので、
食事の後片付け、の他に、なるべく洗濯や掃除
手伝いたいですね。
親だから甘えて当然ではなく、
「正月ぐらいは、お義母さんもゆっくりしてね」
と、親孝行するつもりで行きましょう。
 

その気持ちがあれば、ご両親からも
「息子は、いい嫁をもらったんだな」
と、安心してもらえるようになるでしょう。
 

ちなみに、旦那さんにどういった正月を過ごしているのか、
聞いたり、相談するのはいいですが、

家の手伝いのことを聞くのは、あまり意味がありません
(旦那さん、全員ではありませんけどね(・∀・))

 

家で、くつろいでゴロゴロしている旦那さんを見ると、
つい文句も言いたくなりますが、心構えとしては、
最初から、旦那さんに期待はしないでおくこと!

 

旦那さんにも何かして欲しかったら、

電気の傘を拭いてもらったり、
お義父さんの車の掃除をお願いするなど、

義両親では、手の届かない所の掃除や、
義両親の話し相手になってもらって、
あなたは、裏方に回りましょう

 

嫌味など言われても、うまくスルーできる鈍感力
必要なときがあるかもしれませんが、
旦那さんの協力をもらいながら、徐々に身に着けましょう。

疲れ過ぎない、正月を過ごして下さい♫


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

1件のトラックバック

コメントも気軽にどうぞ♫