布団のカビ対策!フローリングならどうする?4つの対策法でバッチリ!


フローリングで、お布団ひいて寝てたら、カビがきちゃったよ(>人<;)

何か、いい対策知らない??

 
友人が、住まいにちょっと詳しい私に、
相談を求めてきたんです。

もしかして、あなたも、お困りじゃないですか?

Jo
Copyright © 2012 jo by fabian

実は、カビが見えたら、すでに布団の中は・・・

 
なので、これから、フローリングで、
お布団を敷いて寝るときの、カビ対策について

お話ししていくので、

じっくり聞いて、ぜひ対策くださいね(*´∀`)

 
これで、バラ色の人生が始まるかもしれません!

(いくらなんでも、そこまでは(・∀・i))

スポンサーリンク

カビが見えたら手遅れ!?

そうなんです!

カビが、表面に出てきたってことは、
すでに、内部にもカビが生えていることが、
ほとんどなんです(>人<;)
 

自分でカビをとるのは、難しいのですが、
カビが小さなうちは、頑張れば大丈夫!

頑張る方法は、次の2択。

  1. 専門のクリーニングに出す
  2. 1万円弱ぐらい。

  3. 漂白剤を、お湯で溶いた水につけたタオルで拭く
  4. 注意するのは、2点!
    塩素系は布団の柄も、黒いカビも薄くなること。
    そして、酸素系は色落ちはしないけど、カビの色も落ちないってこと。(殺菌はできてますよ!)

 
もともと、目立たないカビなら、
これで、分からなくなりますが、
完全にカビの色を落とすのは、難しいかも(・ω・`)

あまり思い入れがなければ、
この機会に、買い替えるのに、清き一票を投じます!

 

寝てる間って、美容や健康に、
すごく影響があるのは、ご存知かと思いますが、

1日のうちの約1/3、もっと言えば、
人生の約1/3を、寝てすごしているので

気持ち良く寝たほうが、美容や健康以外にも、
人生の質も向上すると思うんです。
 

ちょっと、うさん臭い話をするので、
苦手なら、鼻をつまんで、
次の、カビ対策の章へ進んでくださいね(*´∀`)
 

寝ている時間って、人は潜在意識
アクセスしていると思っているんですね。

気の、バランスを整えたり、
パワーを元に戻したり、魂にとっては、
すごく、神聖な時間です。
 

その潜在意識ですが、
「あっカビが!」

と気づいたとき、潜在意識では
「あそこ、カビがあるね」

と、すでに気づいているんです。
 

気のパワーをあげるため、意識して、
気持ち良く眠れるような環境を作るのを、おすすめします(*´∀`)

 
話が長くなってしまいましたが、
これからカビ対策について、お話ししていきますね!

スポンサーリンク


4つの布団カビ対策!

成人男性で、寝ている間に、
どれぐらいの汗をかいてると思いますか?

 

実は、コップ1〜2杯も汗をかいてるんです!!
 

これだけの汗が、毎日出ていたら、
喉がカラカラ・・

じゃなくて、そりゃもう、布団だって、
湿ってしまいますよね(-ω-;)

 
さらに、フローリングは、水を吸わないように
いろいろ塗ってあるので、

布団に溜まった湿気が、逃げられずに、
布団の中に、溜まってしまうんです。
 

これは、カビやすいのも、分かりますよね(・ω・`)
 

でも、大丈夫です!
今から、4つの対策方法を教えるので、
試してみてくださいね(*´∀`)

napping in the sunlight
Copyright © 2011 napping in the sunlight by amanda tipton

 毎日あげる

布団のあげおろしは、基本中の基本です!

そのままにしていたら、湿気も逃げないし、
また、次の湿気の波がくるので、カビの思うがままです。
 

もし、布団がクローゼットに入らなくても、
そのまま、置いとくのも良くないので、
畳んで、隅に置いとくだけもOK。

特に、上半身のほうが汗をかきやすいので、
足元の方に置いとくほうが無難です。

 

 干す

なるべく、干せたら干しましょう!

天日干しの殺菌作用には、かないませんが、
布団乾燥機でも使うのが、ベター。
 

忙しいと、なかなか、天日干しは
難しいかもしれませんが、できるときには
太陽で殺菌しましょうね(*´∀`)

the rain comes
Copyright © 2013 the rain comes by amanda tipton

 布団の下で吸湿する

湿気は下へ下へとたまるので、敷布団と
フローリングの間で、湿気を逃がしたいですね。

次のように、いろいろなものがありますが、

  • 吸湿マットや、除湿シートといった、市販のシートタイプ
  • すのこ
  • ござ
  • 新聞紙
  • バスタオル

上の中で、私の一推しは、ゴザ!!

 
シートタイプやすのこは、マメに干さないと
やっぱり、カビがきてしまいます。
 

ゴザも、カビがこないことはないですが、
室内がそんなに湿気てなければ、カビが生えにくい優れもの。

ゴザも、丸めたりして片付けましょうね。
 

新聞紙やバスタオル、というのも、
安価でいいですが、湿気を吸うにも、
限界量ってものがあるので、

できれば、湿気を吸うものよりも、
湿気を逃がしてくれる、ゴザの方がおすすめ。
 

私の家は、畳なので、そんなに、
気を使わなくても、大丈夫ですが、
日本の布団には、やっぱり日本式の対策が一番だと思います!

 

 シーツカバーの交換

シーツカバーも、できるだけコマメに洗濯!

ちょっと難しいときもありますが、
なるべく、休みの晴れた日は、
朝から太陽にあてて、除湿に除菌しましょう!

 
潔癖性の友人は、枕カバーは毎日、
シーツカバーは、2日〜4日おきぐらいに
洗ってるそうです。

あぁ、見習わないと・・・

 

どうぞ、気持ち良く寝て、
たっぷり、いい気をチャージできますように(*≧ω≦)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫